芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
【記者会見の立場専門】パク・ユチョン、「すべての努力が水の泡....人生が否定される切迫した心だ」
【記者会見の立場専門】

「この席に来るまで多くの考えと悩みがあったし、非常に大変な時間だった。だが勇気を出してこの位置に立ったのは、全てを率直に申し上げるのが合うと考えたからだ。

私はうつ病の治療を受けていた。長い捜査を受けたし法的に嫌疑無しが立証されたが、社会的に叱責と道徳的な罪悪感、羞恥心でとても大変な時間を過ごした。自粛して反省すれば再び始めることができると思いながらも、そのまま死んでしまいたいという考えにとらわれたり、私自身が容赦できない瞬間が訪ねてくれば眠ることができなくて酒を探すことになった。精神科でうつ病の治療を受けたし、睡眠薬でやっと寝ついてそんなふうに過ごす日々が多かった。

私は決して麻薬をしなかった。報道を通じてファン・ハナが麻薬捜査で芸能人を指定し、薬を薦めたという話をしたということを聞いて恐ろしかった。私は決して麻薬をしなかったが、このように麻薬をした人になるかもしれない恐れがあった。 違うといってもそうなるだろうという恐怖が訪ねてきた。だが、私は断じて麻薬をしなかったので、捜査機関に調査を受けると私が直接話さなければならないと思った。

私は昨年の初め、別れる決心をして別れた。別れた後、ファン・ハナの脅迫に苦しめられたが、それでも彼女は私が大変だった2017年のその時期に世の中がすべて背を向けたと思っていた時、私のそばで私を好きになってくれた人だったので責任感があったし、申し訳ない心が大きかった。それでいきなり連絡をして家に訪ねてきて愚痴を言って訴えれば、毎回謝罪をして聞きいてあげて心情をなだめた

私も記事を見てとても驚いて残念に思った。 だが、私は麻薬をしたこともなくて薦めたこともない。私は再び演技をするために毎日毎日自分に鞭打って苦痛をこらえている。そのような私がその努力がすべて水の泡になってしまう麻薬をしたということは想像できない話だ。

私は誠実に調査を受けるだろう。このように出てきた理由は、このような事実と別に捜査で疑惑が認められるならば、芸能人パク・ユチョンとして活動を中断することを越えて、私の人生自体が中断されるかもしれないと切迫した気持ちでこの席にきた。話を聞いてくださって心より感謝します」

【パク・ユチョン緊急記者会見】「恐怖と恐れの毎日...私は麻薬をしなかった」
【パク・ユチョン緊急記者会見】「ファン・ハナ、別れた後にも私を訪ねてきて哀訴...前科、麻薬使用の事実を知らなかった」
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved