芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > イノレポート > 芸能ホットレポート    
  芸能人の名前にまつわったビハインドストーリー  

芸能人は各種の理由で、自身の実名ではなく芸名で活動をする。コン・ユ、ビ(Rain)、ソン・スンホン、ヒョンビンなど芸名を使う芸能人の、名前にまつわるビハインドストーリーを紹介する。

先に『コーヒープリンス1号店』でワンソ男としての位置を確立して、女性の人気を一身に受けているタレントコン・ユ、コン・ジチョルという本名を持っている彼は、父の姓のコン氏とリュ氏という母の姓を取って、コン・ユという芸名を付けることになったと明らかにした。ご両親の姓を合わせて作った名前であるだけに、本人には意味もあって名前に責任感を感じながら、演芸活動をより一層頑張りたいという。

完壁な体格と魅力的なダンスでワールドスターに位置したビ(Rain)。彼もやはり芸名にまつわる特別な理由がある。アルバム準備で録音をする毎日に、ただ雨が多く降ったという理由で、当時ビ(Rain)のアルバム制作者であったパク・チニョンが付けた芸名だという。

パク・ミヨンという平凡な本名を持っている歌手ファヨビも、やはり雨が降る天気のお陰で芸名を完成することになったという。火曜日に生まれた彼女は芸名に悩んでいる間中、降り止まずにざあざあ降る雨音にインスピレーションを受けて、火曜日(ファヨイル)と雨(ビ)を合わせたファヨビという芸名を付けることになった。

他にもチュ・ジンモとチャン・ヒョクは自分たちのマネジャーの実際の名前を借りて芸名にしており、ヒョンビン、チェ・ジウ、ソン・スンホンは実名がキム・テピョン、チェ・ミヒャン、ソン・スンボクと多少やぼったい実名のために、芸名を作らなければならなかったという。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved