芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
『コン・ユ ファンミーティング 2010 〜With YOO〜』 記者会見
ドラマ「コーヒープリンス1号店」や、「乾パン先生とこんぺいとう」など数々の大ヒット作品に出演し、不動の人気をもつコン・ユが、2月28日 パシフィコ横浜 国立大ホールにて、『コン・ユ ファンミーティング 2010 〜With YOO〜』を開催し、イベント前に記者会見を行なった。

2009年12月8日に 2年間の軍隊生活を終えたコン・ユ。人気絶頂の中での軍の入隊にもかかわらず、日本での人気は衰えるどころか、ますます勢いを増しこの日を指折り数えて待ち望んでいたファンの為に来日した。

少し緊張した面持ちで登場したコン・ユは、「皆さんこんにちは。僕はコン・ユです。宜しくお願いします。」と日本語で挨拶。深いワイン色のジャケット&パンツ姿は、そのスラリとしたスタイルの良さを一層引き立たせた。

軍除隊後初の日本でのファンミーティングに対し、「思った以上にとても緊張しています。長い間お会いする機会がなかったので、本当に日本のファンの方に会いたかったです。いい思い出を作りたいと思います。」と日本のファンへの強い思いとイベントへの意気込みを語った。

2年間の兵役の中で、自身の中で変化した事、成長した事は?の問いに、「軍隊で規制されている状況の中、個人的に行動することはできなかった。最初はなかなか慣れなくて、辛かったりストレスも溜まったりしたが、次第に忍耐力がついた気がします。軍隊に行っていなければ、もっと個人的な考えに偏ってしまったのではないか」とし、「今まで、1人で何かをするという事に慣れていなかったが、小さなことまで自分で解決しなければならない事など、2年間とてもいい経験ができました。」と、軍生活を振り返った。

そして、軍体験で自慢できることは?と聞かれると、「皆さんに自慢できる事はあるのですが、この場でお見せできないようなもので・・・。(笑)射撃とか猪やウサギを捕まえるのが上手だったんですよ。」と笑を誘い残念がっていた。
(後で本当は猪は見ていただけで・・・と笑)
「あ!思い出した!ペンキを塗るのが上手だと褒められたんですよ。」と夢中になって無邪気に話すコン・ユが可愛くて、思わず記者からも笑いが起こり、会見場は和やかな雰囲気に包まれた。

また、日本初の公式ファンクラブの“ With YOO ”という名前は、直接コン・ユが名づけたものだという。「ファンの方が作ってくれた候補の中から、覚えやすくシンプルで とてもいい意味が込められていると思い選びました。」と説明し、「ファンの皆さんと永遠に一緒にいられたら嬉しいですね。」とファンに対する熱い言葉を続けた。

今後の活動は、映画に出たいと思っているが、まだ確定はしていないとの事。たくさん話をもらっているが、今選んでいるところで、自分が満足できてファンの皆さんが楽しんで観てくれるような作品を探している最中だそうだ。単にキャラクターに頼るのではなくて、完成度の高い作品を考えていると伝えた。最近観た映画では、『500日の夏』が良かったという。意欲満々に話すコン・ユの次回作が大変楽しみである。

1つ1つの質問にとても丁寧に答えるコン・ユは、誠実で凛々しくもあり また一段といい男になって帰ってきた印象だった。しかし、透き通るような大きな瞳とあの可愛らしい笑顔はそのままだった。

※コン・ユ ジャパンオフィシャルファンクラブ 〜With YOO〜
http://gong-yoo.jp
問合せ先:コン・ユ ジャパンオフィシャルファンクラブ事務局
mail:gong-yoo@cjmj.jp

※ ファンミーティングの模様は、韓国100%エンターテイメントチャンネル Mnetにて
4/17(土)午後11:00〜深夜0:30に放送決定!
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved