芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
イ・ジュンギ、国内外ファン500人余りの応援の中で入隊
「韓流スター」イ・ジュンギが、500余人のファンの見送りを受けて軍入隊した。イ・ジュンギは3日午後1時30分頃、忠南論山陸軍訓練所に入所した。髪を短く切ったイ・ジュンギは、入所に先立ち取材陣とファンに軍入隊所感と今後の覚悟を伝えた。

イ・ジュンギは「心地よい。大韓民国男子として国防の義務を忠実に果たさなければならない。関係者の方々には突然にお知らせて申し訳ないが、これ以上先送りするより神聖な国防の義務を果たして、早く帰ってきたいという思いが大きかった」と語った。

イ・ジュンギはまた、ドラマ『神医』と映画『グランプリ』降板に関連して、「とても残念だ。良い機会を与えられたが、これを生かすことができなくて申し訳ない。皆さんよく理解してくださった。誠実に軍服務を終えて素敵な作品でまた戻ってきたい」と明らかにした。イ・ジュンギは演芸士兵を志願するかという質問に、「まだよく分からない」と明らかにした。イ・ジュンギは「より良い俳優になることができるようによく考えて、成熟した誰が見ても素敵な俳優だという言葉を聞きたい」、「俳優として30代はもう少し熾烈になるだろう。格好良く帰ってきて、大きな感動と幸福を与えることができる俳優イ・ジュンギになりたい」と語った。

比較的凛々しく淡々と入隊所感を明らかにしたイ・ジュンギだが、ファンの前ではついにうっすらと涙を見せた。この日現場には韓国と日本、中国、香港などアジア各国のファン500人余りが集まって、「いつもこの場にいるから」という黄色いプラカードでイ・ジュンギを見送った。イ・ジュンギはファンに「素敵な俳優にして下さって感謝している」と、しばらく言葉をつなげずに、「誰よりも熱心にして素敵な俳優になる。健康にお過ごし下さい。忠誠」と叫んで2年後を約束した。これにイ・ジュンギのファンも、「待っている」、「元気に軍生活を送って」と涙で別れの挨拶をした。

イ・ジュンギはこの日、忠南論山陸軍訓練所に入所して、5週間の基礎軍事訓練を受けたあと、現役で軍服務に臨む予定。

イ・ジュンギは2001年紙面広告モデルでデビューし、映画『王の男』で症候群を巻き起こしてスター隊列に加わった。以後ドラマ『マイガール』『犬とオオカミの時間』『一枝梅』『ヒーロー』、映画『フライダディー』『華麗なる休暇』『初雪』などに出演して、アジア全域で人気を誇る韓流スターに成長した。


 
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:rimo  投稿日:2010-05-12 19:21:46  [修正]  [削除]
兵役は義務です。
投稿者:エリリン  投稿日:2010-05-09 12:59:51  [修正]  [削除]
突然でびっくり!
とにかく無事で・・・待ってます!
投稿者:eririnn  投稿日:2010-05-09 12:57:33  [修正]  [削除]
投稿者:サナ  投稿日:2010-05-08 14:40:31  [修正]  [削除]
本当に男らしい人です。
心はやさしく・・・男前ですね。この人柄ならば、軍隊でも人気者でしょうね^^
除隊後の活躍が楽しみです。
投稿者:anne  投稿日:2010-05-07 18:40:55  [修正]  [削除]
仕方が無いとはいえ、このタイミングに軍の悪意を感じます。
ジュンギの無事を祈らずにはいられません。
    1 2   最後

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved