芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
『花ざかりの君たちへ』、第2の『花より男子』を夢見る
ベールを脱いだ『花ざかりの君たちへ』は、お茶の間の女心を惹きつけることができるだろうか。

『花ざかりの君たちへ』は13日午後、ソウル江南区論峴洞に位置するインペリアルパレスホテルで制作発表会を開いて、イケメン男子・イケメン女子が総出動した“眼球浄化”ロマンスのスタートを知らせた。この日の制作発表会には、主役を演じるf(x)のソルリとSHINeeのミンホ、ヒョヌ、キム・ジウォン、カン・ハヌル、ソ・ジュニョン、ZE:Aのグァンヒ、チョン・ギサン監督が参加した。

『花ざかりの君たちへ』は『マイガール』『怪傑春香』『花より男子』などを演出したチョン・ギサン監督が演出を、『ノンストップ』シリーズ、『ハイキック』シリーズ、『レインボーロマンス』『トキメキ恋するセンチョリ村』などの脚本を書いたイ・ヨンチョル作家が脚本を担当して期待を集めた。

チョン・ギサン監督は「品格があって燦燗としたキャンパスで、楽しいドラマになるだろう」とし、「俳優も青春俳優とアイドル俳優の均衡を合わせた。ハイティーンロマンスなので、ビジュアル優先でキャスティングした」と話した。
またチョン・ギサン監督の前作『花より男子』はお茶の間の女心をひきつけて、イ・ミンホ、キム・ヒョンジュン、キム・ボム、キム・ジュンなどのイケメンF4だけでなく、新鋭までスターダムにのし上げた。青春俳優だけでなく、アイドル俳優も安定した演技力があって満足だというチョン監督は、「俳優たちはドラマが終れば、愛されて高い価値が認められる俳優になるだろうと確信している」と話した。

『花ざかりの君たちへ』は同名の漫画を原作にしたリメーク作品で、すでに日本と台湾でドラマ化されて人気を呼んだ。日本では人気のもとに最近シーズン2まで放送された。そのため原作漫画はもちろん、すでにリメークされた他のドラマとの比較も避けられないのも負担だ。イケメン男子・イケメン女子青春俳優が総出動する『花ざかりの君たちへ』がこのようなリスクを勝ち抜いて、ハイティーンロマンス熱風をもう一度起こすことができるか、期待が集まっている。

一方、男装の少女ク・ジェヒ(ソルリ)が憧れる走り高跳びの選手カン・テジュン(イ・ミンホ)に会うために、男子高のジニ体育高等学校に偽装転校を敢行して巻き起こる騒動記『花ざかりの君たちへ』は、15日に初回が放送される。

 
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved