芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
『ワンダフルママ』俳優ら、視聴率30%自信があり!…人気もワンダフル
SBSの新週末ドラマ『ワンダフルママ』が11日午後、ソウル市木洞のSBS社屋で制作発表会を開き、ベールを脱いだ。

『その冬、風が吹く』のワン秘書で視聴者をひきつけたペ・ジョンオクは『ワンダフルママ』でもう一度お茶の間の人気を独り占めしようとする。劇中ユン・キャピタルの会長でありコ・ヨンチェ、コ・ヨンジュン、コ・ヨンスの母親ユン・ボクヒを演じるペ・ジョンオクは視聴率に自信を表わした。

ペ・ジョンオクは「エピソードが多くて30%は充分に超えると思う」と視聴率に対する期待と自信を表わした。

視聴率公約を問う取材陣の質問にイ・ミヌは「視聴率30%を超えれば、何が何でも延長30回行く」と語った。

チョン・ギョウンは『ワンダフルママ』で仕事をする時は冷徹で厳格、しかし恋人や、家族には限りなく優しい男チャン・フンナムを演じる。フンナムという名前のようにチョン・ギョウンは両親を早くに亡くし聾唖者の兄に代わり家長となって突っ走る独立独行型フンナムキャラクター。

チョン・ギョウンは「ドラマのために騙された練習すると言って、見える面は自信がある」とし「実際にお金を稼ぐと両親にすぐ渡す。それがフンナムだと思う」と語った。

相手役のチョン・ユミは「チョン・ギョウンは気さくて温かく、外見もフンナム」とチョン・ギョウンを褒め、チョン・ユミの絶賛にチョン・ギョウンは「普段は優しくて演技する時は没入がうまく、本当に良い女優」と答えた。

『ワンダフルママ』は、市場の屋台商から百億台のビル成金になった母親がアルツハイマーの危機を迎え、三兄妹をしつける愉快で胸にじんとくる家族成長ドラマで『私の愛蝶々夫人』の後続として4月13日スタート。

 
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved