芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
イ・ドンウク『天命』で初時代劇!“愛娘家”の父親を演技!
17日午後、ソウル市論峴洞のインペリアルパレスホテルでKBS第2の水木ドラマ『天命:朝鮮版逃亡者の物話』の制作発表会が開かれた。

イ・ドンウクは殺人の濡れ衣で逃亡者となる内医院の医官、朝鮮最高の愛娘家、チェ・ウォンを演じる。子役女優キム・ユビンは、チェ・ウォンのたった一人の愛娘で、不治の病にかかったチェ・ランを演じる。

この日イ・ドンウクは、子役キム・ユビンとの演技に対して「困難な点は一つもない」と明らかにした。彼は「ユビンちゃんが(出演者の中で)最も演技が上手ではないかと思う。ユビンちゃんのように演じれば良いと考えて熱心に(演技)やる」と言い「ユビンちゃんは賢くて、自分が何をすべきかを明確にわかっていて、不都合なことはない。スタッフもドラマのマスコットだと思って配慮している」と伝えた。

ソン・ジヒョは、チェ・ウォンに恋する内医院の女医ホン・ダインを演じる。
彼女は「ドラマのシノプシスを見ると今までの時代劇で見せたイメージとは全く違っていた。これまで私は清潔なイメージだった」とし「ホン・ダインは女性らしい人物というよりは正義感に燃えて冷徹で高慢な人物。今まで演じたことのないこの役好奇心がわいた」と説明した。

イム・スロンは後に仁宗となる皇太子イ・ホを演じる。文定王后と対立関係にある彼はいつも毒殺の脅威にさらされる。イム・スロンは「初めての時代劇だが、負担はあまり無い。最初は言葉と口調が多少不慣れで困惑したが何度も繰り返したら良くなった」と明らかにした。

歌と演技を並行する彼は「歌う時と演技する時を区別して懸命に集中している」とし「演技する時は徹底的に学ぶという姿勢で臨んでいる」と伝えた。

『天命』は、仁宗毒殺陰謀に巻き込まれて逃亡者となった内医院の医官チェ・ウォンの不治の病の娘を救うための死闘を描いたドラマ。イ・ドンウク、ソン・ジヒョ、ソン・ジョンホ、ユン・ジンイ、イム・スロンらが出演する。

『天命』は『アイリス2』の後続で今月24日の夜10時スタート。

 
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved