芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
『トロットの恋人』チ・ヒョヌ&チョン・ウンジ&シン・ソンロク「視聴率20%なら明洞フリーハグ」
18日の午後、ソウル市中区(チュング)奨忠洞(ジャンチュンドン)のグランドアンバサダーソウルホテルでKBS第2の月火ドラマ『トロットの女王』の制作発表会が開かれた。

チョン・ウンジは、トロット(韓国演歌)に天性の素質を持った熱血少女チェ・チュニを演じる。チェ・チュニは問題だらけの父親と幼いが早熟の弟を扶養しなければならない少女家長で、トロットへの熱い愛情で“トロットの女王”に挑戦するというキャラクター。

地上波放送初主演に挑戦するチョン・ウンジは「地上波放送で初めて主演を務めることになって本当に光栄」とし「与えられた重い役割をうまくやり遂げられるよう一生懸命にやる」と明らかにした。続けて「チェ・チュニはトロットの女王になるために努力するキャンディのようなキャラクター。見れば可哀相でもあり、元気になる役割」とし「大きな関心を持って、愛してほしい」と愛情を呼びかけた。

チ・ヒョヌはトップアーティストのチャン・ジュニョンを演じる。チャン・ジュニョンは、前所属事務所の社長の計略で一瞬にして落ちぶれたスターで、再起を掛けてチェ・チュニ(チョン・ウンジ)を最高のトロット歌手に育てようとして彼女と恋に陥ることになる人物。

軍除隊後『トロットの女王』でドラマにカムバックするチ・ヒョヌは「軍隊を経験して、より謙虚になった」とし「軍隊にいる時、演技にもっと愛着が湧いた。誰にも負けたくないと強く思った」と語った。続けて「軍入隊前にはとても多くのドラマに出演した多作俳優だった。初めて(軍隊生活のため)2年休んで焦りがないわけではなかった」とし「特に自分を早く取り戻さなければと思った」と、ドラマ復帰の所感を明らかにした。

シン・ソンロクは、企画会社シャインスターの若い社長チョ・グヌを演じる。チョ・グヌはオンムファタル的な魅力を持った若い経営者で、チェ・チュニ(チョン・ウンジ)の商品性を見抜いて事あるごとにチャン・ジュニョン(チ・ヒョヌ)とぶつかる気難しいキャラクター。

『トロットの恋人』はトロットを軽蔑する天才ミュージシャンとトロットでしか生きられない、この時代最強ルーザー女性が作るトロットの女王プロジェクトで『ビッグマン』の後続で23日スタート予定。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved