芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
『美女の誕生』ハン・イェスル、米国逃避後、3年ぶりに復帰…「幸運」
30日の午後、ソウル市陽川区(ヤンチョンク)木洞(モッドン)のSBSで行われた新しい週末ドラマ『美女の誕生』の制作発表会では、イ・チャンミンPDをはじめ、ハン・イェスル、チュ・サンウク、チョン・ギョウン、ワン・ジヘ、ハ・ジェスク、ハン・サンジンらが出席して花を添えた。

イ・チャンミンPDは、マイクを取るやいなや「ハン・イェスルとチュ・サンウクのパスポートを私が持っている。このドラマを撮影中は、逃げないと約束した」と言って、爆笑を誘った。ハン・イェスルは、2011年にKBS第2の『スパイ・ミョンウォル』出演中に撮影を拒否、米国に出国する事態を起こしたことがある。

女優ハン・イェスルは、3年ぶりにブラウン管に復帰した所感を明らかにした。「久しぶりにドラマに復帰した。『美女の誕生』の台本を受け取り、1度だけ読んで出演を決めた。ドラマのキャラクターのサラに魅力を感じてもらえると思った」と伝えた。続けて「私にこのような作品が巡ってきたのは幸運だと思う。明るく愛らしい演技をすることで、視聴者に近づいていきたい」と付け加えた。

ハン・イェスルと共演するチュ・サンウクは「女優ハン・イェスルの撮影場での様子からは、本当に切実さが感じられる」と話した。続けて「イェスルが、3年休みました。よろしくお願いします」と力強く語り、ハン・イェスルを元気付け、ハン・サンジンも「そばで本当によく助けてくれている。3年の空白が心配なそうだが、肝心の私たちは全く問題なく撮影している」と付け加えた。

『美女の誕生』は『カンナさん大成功です!』の主婦バージョンで、陰謀と裏切りによって捨てられたおばさんが整形手術をして美女となり、広がる物語。しかし、容貌の変化だけで幸せを見つける物語ではなく、内面の幸せを追求するというストーリーを展開する予定。11月1日午後10時スタート。

ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved