芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
ハ・ジウォン&イ・ジヌク、恋と友情の間の男女のロマンチックコメディ『君を愛した時間』
23日の午後、ソウル市木洞(モッドン)のSBS社屋で新しい週末ドラマ『君を愛した時間』の制作発表会が開かれた。 この制作発表会に出席したイ・ジヌクは「原作のキャラクターとのシンクロ率は高くない」と、打ち明けた。

{イ・ジヌク}は、ソフトな容貌にジェントルなマナーを備えた旅客機の客室乗務員7年目のチェ・ウォン役を務める。 チェ・ウォンは日常生活は粗野だが、たまに甘い温かさを見せる男性で、17年間異性として発展する可能性を否定してきた友人のオ・ハナ({ハ・ジウォン})に揺れ始める。

イ・ジヌクは「シンクロ率は高くない。 原作では何でもしてあげるようなイエスマンだが『君を愛した時間』のウォンは、ハナと何だかんだある。 小学生が、好きな女の子をいじめるようなもの。 そんな感じが大きく加味されている」と、説明した。

ハ・ジウォンはファッションMDで、洗練されていて高慢そうだが、本当は義理堅いオ・ハナ役を務める。 オ・ハナは、17年の友人を男として見ることになるチェ・ウォン(イ・ジヌク)と生涯の恋人チャ・ソフ({ユン・ギュンサン})との間で悩むキャラクター。

ハ・ジウォンは「今まで演じてきた役で、最も現実的」と、自分のキャラクターを紹介して「現場が本当に面白い。 監督が面白くしてくれて、共演者が皆エネルギーあふれて、楽しく撮影している」と、語った。 続けて「毎日ドキッとしながらときめく毎日を過ごしている。 応援してほしい」と、付け加えた。

『君を愛した時間』は台湾のドラマ『我不可能不会愛』が原作で、人生の半分を恋とは程遠く友情よりは近い“恋愛不可”状態で過ごしてきた2人の男女が、経験するすれすれの感情や成長痛を繊細にタッチし、隠された恋愛細胞を刺激する現実共感ロマンチックコメディで、今月27日土曜日の夜10時スタート予定。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved