芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
“時代劇の神”俳優らがひとつになった『商売の神-客主2015』、視聴率に期待!
KBS第2の水木ドラマ『商売の神-客主2015』の制作発表会が、16日の午後、ソウル市江南区(カンナムク)論硯洞(ノンヒョンドン)のインペリアルバレスホテルで開かれた。 キム・ジョンソンPD、俳優のチャン・ヒョク、ユ・オソン、キム・ミンジョン、ハン・チェア、イ・ドクファ、パク・ウネ、ムン・ガヨンが出席した。

この日チャン・ヒョクは「時代劇の魅力についてはよく分からないが、その時代に生活していなかったし、歴史の本や映像で学んだことを土台に、加工できる余地が多いのが面白い」と、語った。 続けて「チョン・ボンサムを通じて、諧謔的な部分をお見せしたい。 お金がリードするあらすじで、面白く明るい雰囲気を演出するため努力している」と、伝えた。

イ・ドクファは「熱心にやるだけ見返りのある世の中になってほしい。 最近はそうではないようだ」と、話した。 続けて「政経癒着を演じる。 傾国の美女と結婚するのが気に入っている」と、話して笑いを誘った。 

キム・ミンジョンは「ケットン、メウォル役を務める。 興味深いのは、ケットン役の部分」とし「今までの演技生活でしたことの無いのが男装だった」と、話し始めた。 「男装をして荷物運びをしたのが面白い。 変化の大きい役。 作品の中でキャラクターの変化が多い。 滑らかに流れるために努力している」と、伝えた。 彼女は「久しぶりに韓服を着て演技をするのがうれしく、面白い」と、付け加えた。

パク・ウネは「KBSには本当に久しぶりに出演する。 気分が良い。 時代劇は『チャングム』と『イ・サン』に出演した。 時代劇に何度も出演したと思われている」と、語った。 「時代劇に出演したかったが、オファーがこなかった。 『客主』の台本を読んだら、これまでにないキャラクターだった。 とてもカッコよくて、欲が出るキャラクター」と、伝えた。

パク・ウネは「台本の練習をしながら、とても難しくて後悔もした。 それだけ魅力があり、素敵な役」と、話した。

『商売の神-客主2015』は、廃業したチョンガ客主の後継者チョン・ボンサムが、市場の客引きから始めて商団の親方や大客主を経て巨商として成功する物語を描く。 23日の午後10時スタート予定。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved