芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
『また、オ・ヘヨン』、ロマンチックコメディ界のアベンジャース俳優大挙出演!
tvNの新しい月火ドラマ『また、オ・ヘヨン』の制作発表会が、22日の午後にソウル市江南区論硯洞のインペリアルパレスホテルで開かれた。 

制作発表会には、俳優エリック、ソ・ヒョンジン、チョン・へビン、イェ・ジウォン、キム・ジソク、イ・ジェユン、ホ・ジョンミン、ホ・ヨンジ、監督ソン・ヒョンウクが出席した。 

『また、オ・ヘヨン』は、オ・ヘヨンという同名の2人の女性と彼女らの間で未来を見始めた男パク・ドギョンが、未必の故意からお互いの人生にまつわる誤解ロマンスのストーリーで、5月2日スタート予定。 

tvNの新しい月火ドラマ『また、オ・ヘヨン』は、スタートから1つの課題が与えられた。 昨年のドラマ『食事をしましょう2』の後、続いている視聴率不振と『チーズ・イン・ザ・トラップ』の論争で危機に面したtvNの月火ドラマを泥沼から救わなければならないことだ。 その上『また、オ・ヘヨン』は、前作の『笛を吹く男』が1%台の低調な視聴率を記録し、興行に失敗したせいで、七光り効果も無くスタートしなければならない状況。

出演陣は、視聴率公約を掲げた。 エリックは「イ・ジェユンさんが視聴率3%を越えたら、視聴者を撮影場に招待しようと提案した。 イ・ジェユンさんは囚人だから刑務所で撮影する。 だから視聴率3%を越えたら、視聴者を刑務所に招待する」と、多少はちゃめちゃな公約で笑わせた。 またチョン・へビンは「視聴率5%を越えたら、名前がヘヨンの人に男優らとフリーハグの機会をあげる」と、伝えた。

このように『また、オ・ヘヨン』は、同名の2人と未来が見られる能力という素材の結合と様々なキャラクターの登場で面白さを予告した。 tvNが今年初めて出すロマンチックコメディドラマでもある『また、オ・ヘヨン』が、沈滞した月火ドラマの雰囲気を変えて興行に成功するか、関心が集まっている。  
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved