芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
ドラマ『マスター - ククスの神』、『太陽の末裔』の重さに耐えられるか?
25日の午後にソウル市永登浦区のタイムスクエアアモリスで、KBS第2の新しい水木ドラマ『マスター - ククスの神』の制作発表会が開かれた。 

『マスター - ククスの神』は、奪われた名を取り戻すために自ら名を捨てた1人の男の凄惨な復讐劇であり、熾烈な成長期を描くドラマ。 

これまで“ロマンチックコメディ”で活躍してきたチョン・ジョンミョンが、復讐劇に初挑戦する。 チョン・ジョンミョンは、奪われた運命を取り戻すために、自ら名前を捨てて無名の役を務める。 彼は「毎回ナレーションがあって、独特な感じがする。 セリフが刺激的で、怖い。 だから面白い」とし「前作『太陽の末裔』とは全く異なるドラマだから、異なる視覚で見て欲しい」と、語った。 

チョ・ジェヒョンは、運命を変えるために他人の運命をそっくり盗んだ男キム・ギルド役を務める。 チョ・ジェヒョンは、チョン・ジョンミョンが務める無名と対立を展開する。  

チョ・ジェヒョンは「初め物語を聞いて、魅力的だが果たしてドラマをどう表現しようかと思った。 しかし、撮影を通してだんだん感じがつかめてきた」とし「前作の『太陽の末裔』がヒットしたが、『マスター』とは異なる。 ジャンルも目標も異なる。 我々のカラーや演技呼吸で、異なる面白さや感動を伝える。軽くすれ違うドラマではない」と、自信を表した。 

『マスター - ククスの神』は、ヒットした『太陽の末裔』の後続として放送される。 スペシャルな視聴率を収めた『太陽の末裔』のネクストバッターという点は、『マスター - ククスの神』が耐えなければならない重さだ。  

『マスター - ククスの神』は、27日の夜10時スタート予定。 SBSの『タンタラ』、MBCの『グッバイ、ミスター・ブラック』と対決する。  
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved