芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「ただ、一つの愛」シン・へソン、「エルとは小学生ロマンス、イ・ドンゴンとはおとなロマンス」
俳優シン・ヘソンがドラマ「ただ、一つの愛」を、小学生ロマンスとおとなロマンスをすべて見ることができるドラマだと紹介した。

21日午後、ソウル・江南区(カンナムグ)のインペリアルパレスホテルで進行されたKBS2TVの新水木ドラマ「ただ、一つの愛」製作発表会でシン・ヘソンは「INFINITEのエルさんは天使の役にぴったりだ。この人は天使なのか、人なのかと思う」とし、「良い呼吸で演技をしている」と、伝えた。

シン・ヘソンは突然の事故で夢をあきらめるしかなかった悲運のバレリーナで、人を信じることができない女相続人イ・ヨンソ役を演じる。エルは茶目っ気いっぱいで愛らしい問題児天使キム・ダン役を演じる。

エルは「シン・へソンさんと初めての撮影からおもしろくて気楽だった。遠い昔に会った人のようだった」と話して目を引いた。

シン・へソン、エルとともに三角関係になるイ・ドンゴンは、海外バレエ団の最年少芸術監督チ・ガンウ役を演じる。

シン・ヘソンはイ・ドンゴンに対して「デビューして今まで撮影しながら笑いをこらえられなくてNGが出たのは今回が初めてだ」とし、「ダンとヨンソがほのぼの小学生ロマンスならば、ヨンソとガンウはおとなロマンスの感じだ」と、期待感を与えた。

イ・ドンゴンは「シン・ヘソンと会った時、緊張してときめいた。シン・へソンの演技は何かが違うという気がした。かえって私が習って撮影中だ」とし、「エルは自ら内気だというが、本人をよく知らないようだ。初めからエルの明るくて純粋なエネルギーが本当に良かった。よく知り合ってつきあった弟のような感じ」と、あたたかい現場の雰囲気を伝えた。

一方、「ただ、一つの愛」は、愛を信じないバレリーナとキューピットを自任した問題児天使のファンタスティック天上ロマンス。韓国で22日水曜日の夜10時にスタートする。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved