芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > イノレポート > 最新ドラマレポート    
  夏のドラマ『九尾狐』が訪ねてきた!  
1日午後2時、ソウル麻浦にあるソウルガーデンホテルでKBS-2TV『九尾狐ヨウヌイ伝』(以下『九尾狐』)制作発表会が開かれた。ドラマ『九尾狐』は九尾狐伝説の裏話を描いたドラマで、5日から放送される。

10年経ったある日、約束を破った夫の元を離れた九尾狐に、半人半獣の血が流れる幼い娘があったという設定だ。九尾狐の娘は十才になって完全な九尾狐となる。

劇中「九尾狐」はハン・ウンジョンが献身的な母の姿と、妖艶さ、優雅さを備えた完壁な女性を演じる。ハン・ウンジョンは「第1回から虎と激闘するなど興味深い」、「九尾狐に娘があったという特別な設定で、以前の九尾狐とは違う」と説明して、「以前の九尾狐は忘れて新しい九尾狐に関心を持ってほしい」と語った。

チャン・ヒョンソンが演じるユン・ドゥスは、武官出身で九尾狐ク・サンデクを愛するキャラクターで、娘チョオクのためなら何でも実行する誤った父性愛の持ち主。「危険な場面が多く、実際に危険を押して撮影している」、「夏のうえに継続するスケジュールで、撮影が終わったあとズボンを着替えようとしたところ、腰ベルトにカビが生えていた」と、録画の苦労を吐露した。
九尾狐の娘ヨニは子役キム・ユジョンが演じた。「特殊メイクだけで3〜5時間かかって大変だったが、赤ちゃん九尾狐という役が変わっていて珍しく、良い経験になった」と語った。チョオクに扮したもう一人の子役は、『明日に向かってハイキック』で注目されたソ・シネが演じた。「チョオクはヨンの肝が必要だ」、「撮影は大変だが熱心にしたい」と語った。

「チョ・ヒョンガム」ユン・フィソクは、「ユン・ドゥスと絶えず対立している政治的人物で、自己の利益のために手段と方法を選ばない」、「ユン・ドゥスの不正や財産を捜す過程で、九尾狐について知ることになる」と自身のキャラクターを紹介した。
一方『九尾狐』は『国家が呼ぶ』の後続で、5日に初放送される。


 
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved