芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
『ミス・リプリー』パク・ユチョン、「演技者で帰ってきました」
17日午前、ソウル中区獎忠洞、バンヤンツリーでパク・ユチョン、イ・ダヘ、キム・スンウ、カン・ヘジョン主演ドラマ『ミス・リプリー』の制作発表会が開かれた。フォトタイムの後に行われた懇談会でパク・ユチョンは、「『成均館スキャンダル』以後、二番目の作品でとても負担になった。“他の俳優たちもこのような負担感を持って通って行ったのだな”と思った。決定したあとも上手くできるかとても負担だった」と話した。

この日公開されたドラマ予告編でのセクハラシーンで強烈な印象を残したイ・ダヘは、「劇序盤は露出シーンも多い。撮ることは撮ったが、そのような姿をあまり見せたことがないので、個人的に心配になる」と明らかにした。イ・ダヘはあらかじめ役について「非難されるキャラクターだが、個人的には哀れで不憫な気持ちになるキャラクター」と愛情を示した。

キム・スンウは前作『アイリス』に続き、今回のドラマもやはり重量感が感じられるキャラクターを演じる。キム・スンウは「年相応に真剣になりたくて、私を困らせる役を演じたいと思った。ここのところ私の演技が停滞していると悩み、30代半ばを過ぎながら私を悩ませる作品を選択してこのようになった。どんな役でもキム・スンウを通過するので大きな変化はありえないが、キャラクターが私を悩ませれば少しずつ発展しないだろうかと考えた」と話した。

『ミス・リプリー』は学歴偽造事件で騒がせたシン・ジョンア事件をモチーフにしたドラマで、1人の女性が思わずついた嘘がまた別の嘘を産みながら、終わりのない嘘の泥沼に陥って、結局嘘のために全てを水の泡のように失う危機に遭遇する物語。また貪欲な欲望を持ったその女を愛する二人の男が、愛と破滅の間で葛藤と和解を経験する正統メロー物。

『ミス・リプリー』はキム・スンウ、イ・ダヘ、パク・ユチョン、カン・ヘジョンなどが出演して、5月30日に初放送される。


 
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:arisu  投稿日:2011-05-21 21:10:56  [修正]  [削除]
ユチョン ドラマ頑張ってください。 楽しみにまってます。
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved