芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
イケメン俳優チ・チャンウク&ユ・スンホ主演のドラマ『武士ペク・ドンス』制作発表会現場
29日午後、木洞(モクトン)SBS社屋で、SBSの新しい月火ドラマ『武士ペク・ドンス』の制作発表会が開かれた。この日制作発表会には、チョン・グァンリョル、チェ・ミンス、ユ・スンホ、チ・チャンウク、シン・ヒョンビン、ユン・ソイが参加した。

『武士ペク・ドンス』は、日中韓の東洋3カ国の武技を網羅した“武芸図譜通志”を完成した朝鮮最高の侠客ペク・ドンスの実話を基に、ユ・スンホ、チ・チャンウク、シン・ヒョンビン、ユン・ソイなど青春スターたちと、チョン・グァンリョル、チェ・ミンス、パク・ジュンギュ、イ・ウォンジョン、パク・チョルミン、ソン・ジルなど中堅俳優たちが大挙出演する。

演出を務めるイ・ヒョンジク監督は「この時までの歴史、あるいは時代劇の中でも武士の隠された話はたくさんある。李舜臣(イ・スンシン)将軍とままた違う武士たちが、私たちの歴史の中にあったことを伝えたい」とし「ペク・ドンスは朝鮮3大武士の一人で、実際の人物だが、このドラマは、歴史の話ではなく、武士の人生と愛に焦点を合わせている。夏に見ることができるアクションなど、剣の戦いドラマを作る」と語った。

制作発表会で公開された『武士ペク・ドンス』の予告映像では、俳優たちの派手なアクションと強烈な内面演技が繰り広げられ注目を集めた。

この日、『武士ペク・ドンス』の制作陣と俳優らは、ドラマに対する強い自信感を現わした。チョン・グァンリョルは「クォン・スンギュ作家の台本が本当にしっかりとしている」とし「ドラマを撮りながら上手く行きそうな香りが、視聴者の方々にもすぐ伝わると思う。『武士ペク・ドンス』は本当によくできる」とドラマの成功に自信感を現した。

『武士ペク・ドンス』の前作『私に嘘をついてみて』は、低調な視聴率と視聴者たちの酷評に苦しめられて最下位で月火ドラマバトンを渡すことになったため、『武士ペク・ドンス』が月火ドラマの不振を洗い流し成功を収める事ができるか期待が集められている。

SBSの新しい月火ドラマ『武士ペク・ドンス』は7月4日にスタートされる。

 
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved