芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
ファン・ジョンミン&キム・ユンジン『国際市場』、私たちの時代の父親のための温かい映画
10日午前、ソウルCGV狎鴎亭(アックジョン)で開かれた、映画『国際市場』の制作報告会には、ユン・ジェギュン監督、俳優ファン・ジョンミン、キム・ユンジン、オ・ダルス、チョン・ジニョン、チャン・ヨンナム、ラ・ミラン、キム・スルギらが出席した。

今年の冬の韓国映画期待作『国際市場』は、激動の韓国近代社会を家族のためだけに力強く生きてきた父親の話を描いたヒューマンドラマ。

韓国戦争直後の1950年代から現在に至るまでの時代を生きてきた人々を介して私たちの生活を再照明する作品で、ファン・ジョンミンとキム・ユンジンが主演を務め、オ・ダルス、ラ・ミラン、チョン・ジニョンら、そうそうたる助演陣が出演しました。

ファン・ジョンミンは「ただ父親が主題で貫通する話は珍しい。あまりにもシナリオが良かった」と述べた。続いて特殊メイクについて「実際に特殊メイクをして、市場を歩き回っても誰も気がつかない。釜山(釜山)光復洞(クァンボッドン)は人が多いのに、扮装をして歩き回っても誰も分からなくて面白かった」と語った。

『国際市場』が持つ意味を問う質問に、ファン・ジョンミンは「やっと私たちの子供が見られる映画ができた」と、意味を伝えた。

この映画でファン・ジョンミンと夫婦演技をしたキム・ユンジンは「シナリオを通りに出来上がれば完璧な物語になると思う。完璧なシナリオだった」と出演契機を明らかにした。

映画『隣人』の後、2年ぶりに韓国映画に出演したキム・ユンジンは、ドイツ派遣看護師から献身的な主婦“ヨンジャ”役で、風変りな姿を披露する展望。

母親役のチャン・ヨンナムは「ファン・ジョンミン先輩は高校の先輩。母親役なので悩んだが、もっと年を取る前にやらなければと思った。実際に撮影を始めたら、50代の演技をどのようにすべきか悩んだ。それが最大の課題だった」と話した。男児を出産して話題になったチャン・ヨンナムは、映画の撮影期間中に妊娠をしてつらかった、というエピソードを伝えた。これにファン・ジョンミンは「私の母は素晴らしい。70代なのに妊娠した」と言って笑わせました。

釜山国際市場の輸入商店『コッブニネ』を基盤として生きていく“ドクス”(ファン・ジョンミン)と彼の家族、近所の人たちを介して笑いと感動を伝える。 『TSUNAMI−ツナミー』のユン・ジェギュン監督が5年ぶりに披露する『国際市場』は、12月封切り予定。
【関連記事】
▲ 『国際市場』キム・ユンジン「ファン・ジョンミン、初めて会った日から夫みたいだった」
【PHOTO】チャン・ヨンナム“今年4月に出産した母親のボディ?”
【PHOTO】ファン・ジョンミン“父親の話しにジーン”

【最新記事】
▲ GOT7初の日本全国ツアー、感動のツアーファイナルに、ファン5000人が集結!
▲ 映画『ビッグマッチ』イ・ジョンジェVSシン・ハギュン、そしてBoAボアまで…
▲ 『ピノキオ』パク・シネ💛イ・ジョンソク、“同い年のケミストリー期待してください〜”
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved