芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
『ミス・ワイフ』、ソン・スンホンがコメディ映画!ソン・スンホンの夫&パパはどう?
13日の午前、東大門のメガボックスで開かれた映画『ミス・ワイフ』のメディア試写会には、カン・ヒョジン監督、主演俳優オム・ジョンファ、ソン・スンホンが出席した。

ソン・スンホンは、誠実な区役所の公務員で“100点満点”の夫でありパパであるソンファン役を務める。

ソン・スンホンは、この映画を通じてずっこけながら妻を愛する純粋な男に変身、“日常の平凡さ”を演じる。

ソン・スンホンは、ソンファンという人物を演技する所感として「今まで務めた役の中で、最も日常的でコミックなキャラクター、既存のソン・スンホンという俳優が持っているイメージの枠を越えたかった」と、打ち明けた。

カン監督は「実際にソン・スンホンが演じるキャラクターが、そんなにコミカルな人物ではなかった。 本人が撮影のためにアドリブをたくさん準備してきた」と、映画への格別な愛情を持っているソン・スンホンのエピソードを伝えた。

ソン・スンホンは「周囲からコミック演技が負担ではないかと訊かれるが、ご存じの通り僕のスタートはシットコムだった」と、話し「受けないが、僕にもギャグ本能があって、撮影は楽しかった」と、付け加えた。

ソン・スンホンと共演するオム・ジョンファは、勝訴率100%の順風満帆のシングル弁護士に、青天の霹靂のような人生反転を迎えて生涯最大のパニックに陥ったヨヌを演じる。

オム・ジョンファは「ソン・スンホンに点数をつけるなら、100点満点の100点。 映画での姿はもちろん、撮影中でも配慮してくれる。 撮影が本当に楽しかった」と、作品に表れる2人のシナジーを期待させた。

続けてソン・スンホンは「人生反転コメディだが、観て温かい感動を感じて笑えるから、大きな関心を持ってほしい」と、応援を頼んだ。

映画『ミス・ワイフ』は、順風満帆の弁護士ヨヌ(オム・ジョンファ)が、ある日突然夫と子ども2人のおばさんとして1か月間暮らすことになる愉快な人生反転コメディ。 8月13日封切り予定。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved