芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
『時間離脱者』、ロマンスの第一人者らが作ったタイムスリップスリラー
『時間離脱者』、ロマンスの第一人者らが作ったタイムスリップスリラー

15日の午前、ソウル市江南区狎鴎亭のCGVで開かれた映画『時間離脱者』(監督クァク・ジェヨン、制作サンサンフィルム)の制作報告会が行われた。  クァク・ジェヨン監督、俳優イム・スジョン、イ・ジヌク、チョ・ジョンソクが出席した。

『時間離脱者』は、結婚を控えた1983年の男(チョ・ジョンソク)と、強力系の刑事である2015年の男(イ・ジヌク)が、偶然にお互いの夢を通して愛する女(イム・スジョン)の死を目撃したことで始まる。

この日イム・スジョンは、イ・ジヌク、チョ・ジョンソクと共演したことについて「彼らのように良い俳優と共演できたことは、女優として幸せ」とし「2人とは、この作品の前には、プライベートでも会ったことが無かったが、会ってみると予想どうりで本当に気分良く撮影できた」と、語った。

tvNのドラマ『ナイン』で人気を博したイ・ジヌクは、またタイムスリップを素材にした映画を選んだ理由を話した。 彼は「男は皆そうだと思う」とし「僕も時間に関する話しが好きで『ナイン』とは時間という素材が似ているが、内容は全く異なる」と、説明した。

イム・スジョンとの共演について「最初の撮影がキスシーンだった」とし「自然に笑顔になるキスシーンで、光栄な瞬間でもあった。 僕だけの思い出にしたい気分だった」と話して、視線を集めた。 続けて「日没の瞬間に撮影して、イム・スジョンが輝いていた」と、付け加えた。

チョ・ジョンソクは「この映画に出演しない理由が無かった」とし「演劇の練習をしていたが、シナリオが本当に面白かった」とし「読んですぐ、会社に『やる』と、告げた」と、振り返った。 続けて「でも、その後にイ・ジヌク、イム・スジョン先輩が出演すると知った。 やらなければならないと思って出演した」と、語った。

『時間離脱者』は、4月13日封切り予定。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved