芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
ソン・ガンホ&コン・ユ&ハン・ジミンの共演『密偵』、これ以上何も言うことは無い 
4日の午前、ソウル市江南区狎鴎亭CGVでは、映画『密偵』(監督キム・ジウン)の制作報告会が行われた。 この席には、キム・ジウン監督、俳優シン・ソンロク、オム・テグ、ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミンが出席した。  

この日ソン・ガンホは、コン・ユとの共演について「(コン・ユは)澄んだ魂を持っている。 数多くの利害関係や人物、作品を通して、俳優という生活をしているが、そんなに世界を見つめる心が澄んでいるという単語が相応しいのはあまりない。 それでもコン・ユは、あまりにも澄んでいるのが伝わって来る。 どんな作品に出演しても、純粋に透過できる俳優ではないだろうか」と、語った。  

コン・ユもまた「僕が現場で見た先輩の姿は、いつもセリフを1人で練習していた。 その前には、カメラの前で何も練習しないで即興性を持って演技するような存在だったのに、現場でセリフを何度も練習するのを見て、深く反省した」と、絶賛した。  

紅一点のハン・ジミンは、和気あいあいだった現場の雰囲気を伝えた。 ハン・ジミンは「良い人々、善い友人らができて有難い。 同年代の俳優らと考えを共有したのが本当に良かった。 そんな時間は初めてだったが、支えられて頼もしかった。 ロケ撮影が多く、一緒にいる時間が余裕があったから、親しくなったようだ」と、伝えた。  

『密偵』は、第73回ベニス国際映画祭の非コンペティション部門と第41回トロント国際映画祭にスペシャルプレゼンテーション部門に公式に招請された。 9月封切り予定。  
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved