芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > イノレポート > コリアムービーナウ    
  ファン・ジョンミンの初スリラー映画『黒い家』記者会見  
映画『黒い家』が、映画の素材である“サイコパス”に対する話題と論難を巻き起こすように推測される中、14日午後ソウル龍山CGVで、マスコミ試写会が開かれた。この席には普段スリラーの大家、アルフレッド・ヒッチコックを尊敬するという映画監督シン・テラを始め、主演俳優ファン・ジョンミン、ユソン、カン・シニルが参加して、取材陣の質問に答えた。

2時間位のランニングタイムを終えた後行った映画『黒い家』の記者会見で、シン・テラ監督は「昔の映画のように見せたかった」と演出意図を明らかにして「映画は映画としてだけ観て欲しい」と述べた。「この映画の目標は、まず“サイコパス”というのが何であるかを伝えることが一つと、主人公 “チョン・ジュノ(ファン・ジョンミン)という人物が持っている心を見せたいということがもう一つだ。映画を作る時重点を置いたことは、この世の中で悪い心を持っているのは人間で、また最も温かい心を持っているのも人間という、二つのことをすべて見せたかった」と演出動機を明らかにした。

また初スリラー挑戦で多くの話題を集めた主演俳優ファン・ジョンミンは「スリラーは初めて演技したが、幼い時からたくさん観てきた。私がその映画を観る時、手に汗を握りながら観たように、観客もそのように観てくれるか心配だ。スリラーというジャンルに対してよく分からなくて、俳優同士、互いに助け合いながら、もっと親しくなったようだ。色々分からない時が、一番おもしろいようだ」と特別な感懐を明らかにした。もう一人の主演俳優ユソンは、映画のエピソードを公開したが「映画で私がファン・ジョンミンさんの鼻をかむシーンがあるが、とてもリアルにしたため、カットが出てすぐ、ファン・ジョンミンさんが奇妙な声を上げた。後で見たら鼻に歯の跡がついて、とてもはれていた」と語り、取材陣を笑わせた。また「屋上シーンでは、爪でファン・ジョンミンさんの顔をひっかき、傷ができて、後でファン・ジョンミンさん奥さんが『誰のせいでこうなったの』と怒ったという話を聞いた」とふざけて話した。

「観客が一緒に恐怖を感じることができる作品を見せたい」というファン・ジョンミンの初ホラームービー『黒い家』は、21日公開予定。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:サンシャインさん  投稿日:2007-09-24 20:29:30  [修正]  [削除]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved