芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > イノレポート > コリアムービーナウ    
  ソ・ジソプ、スエ、映評賞で俳優賞受賞  

5日夕方、ソウル光化門プレスセンターで、韓国映画評論家協会賞(映評賞)授賞式が行われた。この日の授賞式には受賞者をはじめとして、映画評論家、映画関係者、そしてファンなどが参加した。

ソ・ジソプと共に主演を務めた『映画は映画だ』で男性新人俳優賞を受賞したカン・ジファンは、「2人の俳優は最低限のギャランティーで映画に出演し、韓国映画史に残るような足跡を刻んだ。ドラマとミュージカルで積み上げた実力で、映画界に貢献した」と授賞理由を明らかにした。カン・ジファンは「賞をいただくという事実を、インターネットを通じて知った。映画は低予算でも、台本と演出が良ければこのように良い作品が制作できるということを、認識していただくことができたようでとても嬉しい。これからも映評賞に参加できるよう一層努力する」と所感を語った。引き続きオダギリジョー、イ・ナヨン主演の『非夢』で監督賞を受賞したキム・ギドク監督は、「苦労して監督賞を決定された審査委員の方々に、感謝申し上げる」と所感を述べた。「私は演出で賞を15回ほど頂いたが、韓国で受賞したのは初めてです。韓国映画は不況だが、お金ではなく心で作れると考えます。『非夢』も『映画は映画だ』も、お金ではなく心で作った映画です。今回の映画が、劇場で小さな成果を出すことができ、今後の指標になったことをありがたく思います」

韓国映画評論家協会が授賞する映評賞で、ホン・サンス監督の『夜と昼』(映画者ポム)が最優秀作品賞と脚本賞を、新人男優賞は『映画は映画だ』のカン・ジファンが、新人女優賞は『ミスにんじん』のソウが受賞した。新人監督賞は『映画は映画だ』のチャン・フン監督が受賞し、『神機箭』は撮影賞(ビョン・ヒソン)を、『モダンボーイ』は技術賞(チョ・サンギョン)、『クロッシング』は音楽賞(キム・テソン)を各々受賞した。ベテラン俳優チェ・ウニは特別功労賞を受賞した。
一方、主演男優賞を受賞したソ・ジソプは、中国ロケで授賞式に参加することができなかった。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:kuroba  投稿日:2008-11-09 16:31:34  [修正]  [削除]
jihwan sii 新人賞おめでとうございます。日本でも上映されるとの事、
首をながkしておまちしております。
投稿者:tate  投稿日:2008-11-07 18:47:11  [修正]  [削除]
ジファンssi〜 新人賞受賞 おめでとう〜!!!

益々の ご活躍を 願っています〜☆
投稿者:*カサブランカ*  投稿日:2008-11-07 13:13:14  [修正]  [削除]
『映画は映画だ』が評価されての三冠賞の受賞を嬉しく思います。特にカン・ジファンが新人男優賞を受賞できたことを喜んでいます。ギャラではなく作品にほれ込み、体当たりの演技を繰り広げた二人の男優にエールを!!
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved