芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
イ・ナヨン、トランスジェンダーに変身、『パパは女の人が好き』制作報告会現場
17日午前11時、ソウル新村にある現代デパート、ユーフレックス館でイ・ナヨン主演映画『パパは女の人が好き』制作報告会が開かれた。

映画『パパは女の人が好き』でトランスジェンダーを演じるイ・ナヨンは、『英語完全征服』、『小さな恋のステップ』に続き三編目のコメディーに挑戦する。今回の映画は独特のキャラクターを武器とした。性を転換して女になったが、ある日突然息子が現れるという愉快なストーリー。

映画予告篇上映後に行われた懇談会でイ・ナヨンは、「コメディーは『小さな恋のステップ』以来5年ぶり。女優として簡単にめぐりあえないキャラクターに挑戦してみたかった。最近作が憂鬱だったり悲しい作品が多かったが、個人的にはいつもコメディー映画が好きだったし、常にコメディージャンルに出演したいという希望があった」と明らかにした。引き続きイ・ナヨンは「笑いを与えるということは難しいことなので、シナリオやキャラクター研究を慎重にしていたので、コメディー演技をお見せする機会がなかった」、「個人的には今後も継続したいジャンルだ」と付け加えた。

一方、イ・ナヨンは劇中で男装したことに対して、「女性は行動に気を付けなければならない部分が多いが、男装して演技したときは精神的に若干緩めても良かった」、「トレーニングウェアーを着て、気楽に演技することができた」と説明した。

イ・ナヨンは今回の映画で、男から女に性転換したフォトグラファーソン・ジヒョンを演じた。『パパは女の人が好き』は性転換手術をした女性が、7年ぶりに自身をパパだという子供が登場して巻き起こるエピソードを描いたコメディー映画で、来年1月14日に封切られる。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved