芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
2010年最高に期待された俳優、キム・ナムギル主演映画『暴風前夜』
脱獄囚と傷ついた女の運命的な愛の物語が感情を刺激する。

9日ソウル梨花女子大・梨花サムスン教育文化館で、『暴風前夜』(制作オフィスピクチャーズ)制作報告会が開かれた。秘密を隠し持つ脱獄囚スイン(キム・ナムギル)が、過酷な愛の傷で心を閉ざしてレストランを経営しているミア(ファン・ウスレ)に出会って、繰り広げる特別なラブストーリー。

キム・ナムギルは「受動的にならざるをえない感情を表現する人物を描くのが難しかった」、「間違えると観客がもどかしく感じるので、効果的に伝達するために監督とスレとたくさん話をした」と伝えた。引き続き「映画のように、死との境から帰ってきた愛とまではいかなくても、当時は愛だと感じた記憶がある」、「今まで生きてきて、愛だと感じた縁の痛みと傷を2〜3回ほど経験した」と打ち明けた。

しかし「シナリオを読んでみると、私が経験した愛はとても微弱なものだった」と、映画で見せた愛の感情に自信を見せた。また「秘密を隠し持った主人公を表現するために、14垳採未靴燭里蚤領賄に大変だった」、「映画『私の愛、私のそばに』のキム・ミョンミンのように骨だけにやせこけたが、イシューにならなくて残念だった」と語った。

ファン・ウスレは「初めてシナリオを読んだとき、むやみに涙が出た」、「シナリオが気に入り、作品性もあると考えた」と伝えた。「以前のキャラクターと相反したいという気持ちが大きかった。先ずは演じてみたいという思いが大きかったが、実際に撮影に入ると恐れが大きかったようだ」、「撮影でヒロインはとても成熟した女性で、表現するのが恐ろしかった」と語った。

2人の俳優は「感情表現において、とても節制された演技をしなければならなくて大変だった」と口をそろえた。ファン・ウスレは「秘密を隠し持つ二人は、たくさん笑うことも泣くことも、また涙も流してはいけなかった」、「感情表現のために実際にスタッフと演技者が隔離されることもあった」と状況を伝えた。

チョ・チャンホ監督は、「『暴風前夜』という題名が暗示するように、軽いだけではない映画」、「絶望のどん底にある人々が、自身の存在のためにどのように未来を享受して愛するかまでの過程を描こうとした」と明らかにした。

「脱獄囚と愛の傷を抱いた女の愛、困難の中で咲いた花はさらに貴重で美しい」、「そのような痛みが二人の中にあって、さらに深い感情を表現することができた」と語った。

映画は4月1日に封切られる。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:  投稿日:2010-03-10 14:06:15  [修正]  [削除]
同感です。ぜひぜひ日本での公開お願いしたいです!
投稿者:J-  投稿日:2010-03-09 23:16:11  [修正]  [削除]
おしい!
今日の11時ごろ梨大近くにいました。
知っていたら一目みれたかな?

この映画おもしろそうなので
早く日本でも見れたらとおもいます^^
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved