芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
オム・ジョンファ-リュ・スンリョンのスリラー『ベストセラー』制作報告会現場
11日、ソウル梨花女子高100周年記念館で、『ベストセラー』制作報告会が行なわれた。この日の制作報告会には主演のオム・ジョンファをはじめとして、リュ・スンリョンとオム・ジョンファの娘役を務めたパク・サランが参加した。

映画予告篇の上映後に行われた懇談会でオム・ジョンファは、今回の作品について、「この女性をうまく表現しなければならないと、歯をくいしばって頑張った。演技人生でのターニングポイントになるような作品に違いない」と明らかにした。引き続きオム・ジョンファに、主にロマンチックコメディーに出演してきたが、今回の映画で違うジャンルに挑戦した感想で、「ロマンチックコメディーでは、自分自身がソフトになって澄ましやになってゆくような新しい感じがする」と語りつつ、「スリラー物は感情や目つきが変わってゆく私の姿を見たときに感じる楽しみがある。それぞれの面白味が違う」と説明した。

リュ・スンリョンは、「この映画は心の傷など精神的肉体的な苦痛に耐えたオム・ジョンファの映画」と称賛し、オム・ジョンファの苦労を明らかにした。引き続き「シナリオが気に入って一緒に参加したかった。余白を満たすことができるかもしれないと思って参加した」 映画の素材である盗作については「創造は模倣で始まると考える」、「人には無意識に催眠現象がある。重要なのは悪の意図があったか、なかったかの差だろう」と語った。

『ベストセラー』は盗作の烙印を押され、再起しようとする韓国最高のベストセラー作家ペク・ヒス(オム・ジョンファ)が、田舎の人里離れた村の別荘で、偶然娘の話を聞いて書いた小説が、再び盗作事件に巻き込まれて始まる。ペク・ヒスは疑惑を解くために、村と別荘にまつわるミステリー事件と隠された真実を追跡する。
4月封切り予定。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved