芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
人気俳優チソンが主演映画「マイPSパートナー」上映会&プレミアムトークショーを開催!
5/25(土)東京公演から5/26(日)大阪、5/28(火)名古屋にて人気俳優チソンが主演映画「マイPSパートナー」の上映会&プレミアムトークショーを開催し、6/1(土) 品川ステラボール東京公演にて最終日を迎えた。

同映画は、ドラマ「ボスを守れ」や「ロイヤルファミリー」等に出演している人気俳優チソンと、「カンナさん大成功です!」に出演したキム・アジュン初共演の大人ロマンティックラブストーリー。昨年冬、1番観たいデートムービー1位を獲得し、18禁ラブコメ映画の記録を次々と更新、韓国で180万人を動員した話題の映画。

失恋で傷心中の男と、恋愛関係に行き詰まっている女がひょんなことから電話で知り合いになり、PS(フォンセックス)を通じて惹かれあっていく様を描いた異色のラブストーリーの上映が始まると客席を埋めつくした観客たちの目は映画にくぎづけになり物語に引き込まれた。

映画上映が終わるとすぐにチソンからメッセージが。「映画楽しんで見ましたか?ありがとうございます。映画をちゃんと見られていたかどうか確認してもいいですか?映画を見ていればワンフレーズぐらいは歌えるのではないかなと思います。歌えますよね?!私の後に続いて歌って下さい。小さい声だとこのまま帰ってしまいますよ」と舞台に登場する前から会場を盛り上げた。

自ら「マイPSパートナー ファイナル東京公演これから始めます!」と合図し登壇!映画OSTを歌手顔負けの歌声とパフォーマンスで熱唱し、観客は総立ちで盛りあがった。「日本に来てちょっと経ったなと今日ようやく感じました。実は日本に来る直前に髪を短く切って来たのですが、ちょっと伸びてきたんです。それで今日スタイリストさんに切って欲しいとお願いしたのですが、はさみがないと言われてしまったのでそのまま来ました(笑)。」とツアー最終日ならではのコメント。「スタンドマイクを横に倒して歌手みたいに歌うのをやってみたかったんですけど、今日は自分のミッションを達成できました。こうして成長した姿をお見せできてよかったと思います」とチソンがうれしそうに話すと、ファンの顔には笑みがこぼれた

次に観客から募った質問コーナーでは、ファンならではの突っ込んだ質問が続出。最初の質問を抽選で選ばれた男性から受けると「女性のファンが多かったのですが、最近は男性ファンも増えてきたように感じます。」と歓迎した。「チソンさんの腹筋が憧れです。どんな筋トレをしていますか?ぜひ僕に触らせて下さい」という質問に「僕は役やキャラクターに合った運動するんですけど、今回は上半身を見せるシーンがあったので、ウェイトトレーニングをして腹筋を作りました。」と答えるとトレーナー呼び入れて紹介した。

「先生は拍手するだけでも手の運動をしているようですよね。一緒に日本を回りながら、先生はいつも周りの人に力こぶを見せて欲しいとせがまれていました。」と話すと、最初にチソンが力こぶを作って見せてからトレーナーの力こぶも披露。「先生のこぶの大きさは尋常じゃないでしょ」とコメントし笑いを誘った。すると今度はチソンから「質問してくれた方の腹筋を僕も触ってみたいです!」と言って質問者とお互いに腹筋を触り合う姿に客席からは笑いが起こった。客席から腹筋を見せてくれと促すような雰囲気になると「みんな映画の中で見たじゃないですか!今日はここまでです(笑)」と言って照れて、いつものキュートなスマイル見せた。

続いて「女性のどんな所に魅力を感じますか?」という質問には「内面については自分の人生に自信を持っている方が素敵だと思います。どの方向であっても自分の進む道、自信を持って向かっている姿はかっこいいですし、セクシーだと思います。外見に関してだとまず、目ですね。澄んだ瞳。そして鎖骨。あとは腰のラインです。でも人の魅力っていうのは本当に人それぞれですから外的にも内的にもこれが1番っていうことは言えませんね。こちらにいる皆さん全員魅力的です。」とファンに対する愛を伝えると、場内は大喜びに。

3つ目の質問「彼女とケンカをした時先に謝る方ですか?すぐに仲直りしますか?それとも後に引くタイプですか?」には「自信を持ってお答えします。僕は後には引きません。男女間のケンカは早めにその場で解決しないといけないと思います。心に溜め込んでしまうと解決するのが難しくなりますから、彼氏や旦那さんに何か寂しい思いを抱えているならばその場で話をしてすぐに解決させることが1番重要だと思います。」と答えると続けて「あともう少し自分にも相手にも正直になることがいいと思います。正直に会話をしていけば解決に繫がると思いますし、ケンカの数も減って行くのではないかな。」と、誠実に恋愛観を語った。

最後に「チソンさんの恋人になれる条件は何ですか?」という質問には「やっぱり映画のように運命的な出会いがいいと思います。今回の映画『マイPSパートナー』のようなPSでの出会いではないですよ(笑)」と答え、4人の質問者と「はい、チーソン」のかけ声でポラロイド写真撮影を行い、ファンにとっては忘れられない思い出をプレゼント。

これまでのツアーを振り返り「言葉では上手く説明できませんが地域によってファンの皆さんの特色があるなと思いました。そしてこのような出会いの場があったということは僕にとって本当に幸せでした。今回は日本の旅行をしたようでした。」と語り、続けて「あとパンティーソング(マイPSパートナーOST)を歌うことになるとは思っても見ませんでした(笑)。映画の撮影が終わった時にもう終わったものだと思っていたんですけど…。」と言うと、チソンにギターを教えたというバンド“Mother Road”のメンバーが登場。「まったくギターが弾けない僕を3ヶ月でギターを弾けるように、そして映画の撮影も出来るよう助けてくれました。まぁ僕が一生懸命やったということですけどね(笑)」と冗談っぽく言うと講師を務めたパク・ギョンフンチソンを「とても誠実で、情熱にあふれた方でした。あと、チャレンジ精神がとても旺盛でいつも新しいことに挑戦する方です」と賞賛。続けてMother Roadの公演が行われ、最後の曲「時を刻む」では作詞とナレーションをチソンが担当した映像と共に楽しんだ。

最後のコメントには「最後の挨拶をしようとするとなぜだか『マイPSパートナー』がどこか遠くに行ってしまう気がします。『マイPSパートナー』が僕たちを幸せにしてくれて、泣かせてくれたり笑わせてくれて、このような場までもうけてくれました。このような作品に出会えて本当に嬉しいです。皆さんこれから僕とハイタッチしてお別れですが、最後に一言だけ言います。最近僕は今後の人生のための夢が一つ出来ました。今はこの夢が何なのかはお伝えすることはできませんが、今度お会いする時にもし夢がかなっていたらお話ししますね。僕は皆さんが幸せに過ごされることを願っています。皆さんも自分にとって幸せな夢をこの瞬間に一つ作っていただいて、これからの人生楽しく幸せに生きていただきたいと思います。皆さん愛してる〜〜」と語りファンとの別れを惜しんだ。

最後にハイタッチでファンをお見送り、来場者には特別シークレットメッセージDVDの嬉しいプレゼントもあった。文:KOREAREPORT INC 写真:(C)Syuto

映画「マイPSパートナー」は日本では4月27日(土)から上映中、12月3日にDVD発売が決定しており、只今絶賛予約受付中。
映画公式ホームページ:http://www.pspartner.jp/
チソン日本公式サイト:http://www.jisung.jp/
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved