芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「ファンミーティング」(後編)防弾少年団“魅力全開!ファンミーティングツアーファイナルを大感動で飾る!”
「朝から夜まで」のコーナーでは大阪のARMYの穏やかな夜のために子守唄をつくることに。くじを引いてそれぞれの分担が決定。J-HOPEは童話の読み聞かせ、JIMINはBGM、RAP MONSTERは今日の動き、前回と同じ動きということで、J-HOPEが新しいダンスを提案し、追加することに。JUNGKOOKとJINは楽器。SUGAが選んだ“こぶた”というカードにちなんで、全員がこぶたの耳を付けた。そして、最後Vがボイスチェンジャー。高い声で自分たちの歌を歌って聞かせて盛り上げた。
続いて、ノリノリのリズムに合わせ、語るJ-HOPEにボイスチェンジャーのV。一つ一つの動作、セリフに会場はファンの大歓声が響いた。
大盛り上がりで語りは続き、最後は「おやすみなさーい」と締めて子守唄を作り上げた。
雰囲気を変えて、RAP MONSTERとJUNGKOOKのステージへ。
バラード曲「知ってるいるよ(アラヨ)」をしっとり歌い上げると次にJINのギター演奏とV、JIMINが「BOY IN LUV -Japanese Ver.-
を披露。
「DANGER -Japanese Ver.-」、「I NEED U -Japanese Ver.-
のアコースティックバージョンのメドレーでは感性あふれる歌声で魅了した。
映像で会場を楽しませた後はカジュアルな衣裳に着替えたメンバーが中央ステージに現割れた。
「21st Century Girl」を熱唱すると、ファンの掛け声もそろい、更に会場の雰囲気を熱くした。
続く「BTS GO」と題したコーナーではサイコロで出た目の場所に行き、そこでミッションに挑戦するというもの。
最初のミッションは、一人のメンバーが箱の中のものを探って何かを絵に描き、それを他のメンバーが当てるというゲーム。みんなの推薦によりSUGAがチャレンジ。ヘアーカーラー、蛇のおもちゃ、最後の豚の鼻のおもちゃまで、上手に絵を描き、メンバーも正解し、見事ミッションクリア。
2つ目のミッションは、大阪弁に挑戦。早口言葉的な長い大阪弁の文章をすらすら言えればミッションクリア。最初の文に挑戦したのは、VとJIMIN。なかなか上手に言えずにリタイアすると、もう一つの文章に残り5人のメンバーが挑戦。
RAP MONSTERがすらすら言えたものの、最後の一言がどうしても言えず、残念ながらミッション失敗。
最後のミッションは、動物ジェスチャーゲーム。1分間で7人中4問正解でミッションクリア。一回目は、5つ正解したものの、答えが出ているスクリーンを見て答えていたということで、失格。もう一度チャンスがあたえられたものの、4つ正解せずに失敗。「もう一回やりたい!
とのメンバーからの要望で、2度目のチャンスが与えられた。
今度は、6つ正解で無事にミッションクリアすると、「ホッ」としたメンバーたち。
ミッションクリアのプレゼントとして登場したのは、お笑いコンビ8.6秒バズーカーの二人。喜んだVが二人の間に入って一緒に「ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん」とノリノリで歌い踊る姿を見せる一幕も。ゲストの二人と、二組に分かれて再びジェスチャーゲームに挑戦し、大盛り上がりのまま、ゲームコーナーは終了。
RAP MONSTERの「準備はいいですか〜!」の掛け声とともにライブ再開。
「フンタン少年団 -Japanese Ver.-
で再び会場はヒートアップ。
続いて、キラキラの衣裳に身を包んだJ-HOPEとSUGAが登場。トロット風の「お疲れSong」』ファンを楽しませた。曲が終わると、学生服に着替えたメンバーたちが再登場。
「ファンと一緒に歌おう!」と色々な歌を一緒に歌い会場一体になると、一気に最後のステージへ。「このまま行こうぜ!」と「ペップセ -Japanese Ver.-」「
FIRE -Japanese Ver.-
と力強くパフォーマンスするとファンの興奮も最高潮。興奮冷めやらないまま、メインステージに戻ったメンバーたちが最後の曲の前に「やりたいことがある」とし、「ARMYボムのウェイブが見たい
とリクエストするメンバー。
会場のファンたちのペンライトの明かりを消し、RAP MONSTERの合図で右端からきらきらとライトがついていく様子をメンバーたちは感動の様子で見守っていた。
最後の曲「Blood Sweat & Tears」を披露すると、盛り上がりが覚めないままステージを降りた。
アンコールでトロッコに乗って登場したメンバーは後方の席のファンにまでしっかり届くように「Good Day
を歌いながら、サインボールを投げた。
トロッコを降りて中央ステージに戻ったメンバーを迎えたのは「아미 사랑은 BTS의 것♡(ARMYの愛はBTSのもの)」と書かれたたくさんのスローガン。
感激した様子を浮かべながら「Just One Day
を熱唱。
会場いっぱいのスローガンを見つめながら、メンバーたちは、ファンのみんながどんなに大切かをそれぞれの言葉で伝えた。
RAP MONSTERは、「今の瞬間のために、ぼくたちは陰で本当に努力してきました。僕たちの気持ち、届きましたか?ここにいるみんなのスマイルを見ていると…ちゃんと届いていますね。遠く離れていても、いつもそばにいること忘れないでください
と真摯に語った。
最後の「EPILOGUE : Young Forever -Japanese Ver.-」を歌い終わってからも、花道の端から端までゆっくり歩きながら、一番遠いファンにまでしっかりと手を振り目を合わせ「幸せ〜!」「愛してます〜!」を叫びながら終演を惜しんだ。
同ファンミーティングの旅が終わってしまうのが誰よりも惜しいという気持ちを持っているのはファンだけでなく、防弾少年団の7人のメンバーであることが強く感じられた。
最後の最後まで大きく手を振りながらその想いを伝える防弾少年団の公演は大感動のまま幕を閉じた。

写真提供:「©Big Hit Entertainment

取材:KOREAREPORT INC

防弾少年団防弾少年団 JAPAN OFFICIAL FANCLUB:https://bts-official.jp/
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved