芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「ワールドプレミア」イ・ジュンギ登壇「作品のファンだったのでワクワク&興奮しました」 ミラ・ジョヴォヴィッチ&ローラらとレッドカーペットでファンと交流!
日本で世界最速公開となる究極のアクション超大作シリーズ第6弾にして最終作「バイオハザード:ザ・ファイナル」(23日公開)のワールドプレミアが、12月13日(火)、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、主演のミラ・ジョヴォヴィッチや、ハリウッドデビューを果たしたローラ、カメオ出演のイ・ジュンギら豪華キャストが集結した。
日本発の大人気ゲームから生まれ、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる美しきヒロイン・アリスと、世界をアンデッド化してきた元凶アンブレラ社との最後の戦いをシリーズ最高のスケールで描き、すべての謎が明かされる本作!
世界中を熱狂させてきた映画「バイオハザード」シリーズのラストを飾るにふさわしい、最大規模のワールドプレミアとあって、会場にもアンデッド(ゾンビ)メイクを施した大勢のファンが詰め掛け、熱気に包まれた。
そんな中、物々しい警告音が鳴り響き、会場にアンブレラ社のトレーラーが到着すると、そこから100体以上のアンデッドが大量発生。いまにも襲い掛かってきそうな勢いで、レッドカーペットやステージを占領したが、スモークの噴射と共にアンデッドは消え去り、ステージ正面から、ミラ・ジョヴォヴィッチをはじめ、ローラ、ポール・W・S・アンダーソン監督、アリ・ラーター、ウィリアム・レヴィ、オーエン・マッケン、イ・ジュンギ、エヴァ・アンダーソンが登場! 
ミラ・ジョヴォヴィッチが「こんにちは、ジャパ〜ン!」と叫び、大歓声で迎えられた8人は、階段を下りて、ステージへと登壇した。
特に、胸元と背中がぱっくり開き、スリットの入ったセクシードレス姿のミラ・ジョヴォヴィッチ、同じくスリットの入ったワンショルダードレスに身を包んだローラのセクシーな美しさが目を引き、ファンはうっとり。
また、一段とシャープになり、キリリとしたカッコよさが際立っていたイ・ジュンギも大歓声を浴び、熱狂するファンに投げキスで応えた。
そして、ゲスト8人はステージから降壇し、レッドカーペットを練り歩きながら、サインをしたり、ファンと一緒に写真を撮ったり、直接話したりとサービスを振りまきながら、ファンとの交流をたっぷり楽しんだ。
再びステージに戻ってきたゲスト陣は一人ずつあいさつ。アリス役のミラ・ジョヴォヴィッチは、「またこうやって日本に戻ってくることができました。『バイオハザード』が生まれた日本で、『バイオハザード:ザ・ファイナル』を最初に見ていただけるということで、私たちもワクワクしています」と喜びを語った。
クレア・レッドフィールド役のアリ・ラーターは「『バイオハザード』シリーズで、クレア役を演じさせてもらうのが、今回で3回目になりますが、皆さんのサポートなしにはできませんでした。本当にありがとうございます。クレアは強く、忠誠心あふれる女性です。私としてはもう一度赤い革ジャンを着られたこと、赤い髪ができたことを大変うれしく思っています」とニッコリ。
女戦士コバルト役を演じたローラは、「まず、イングリッシュで言うね」と流ちょうな英語であいさつした後、「今回この映画に出られたこと、すっごくうれしいし、台本を全部読んだんだけど、本当に素晴らしくて、最終章だから迫力もすごくて、ドキドキハラハラする映画になってると思う。みんなも本当に優しくて、最高に楽しい撮影だった。ぜひ見てね〜!」と自分で通訳までするというお茶目な姿を見せ、会場を沸かせた。
クリスチャン役のウィリアム・レヴィは「ここにいられてうれしいです。今回初来日ですが、たった2日で日本の文化や人に惚れました。美しい国だと思います。僕は『バイオハザード』シリーズの大ファンでしたが、ある日、電話がかかってきて、出演することになりました。ポールとミラ、その他プロデューサー陣にも御礼を申し上げたいと思います」と感謝した。
ドク役のオーエン・マッケンは「僕も初来日なんですが、以前から来たいと思っていたので光栄です。また、『バイオハザード:ザ・ファイナル』は絶対気に入ってもらえると思います。みんなと楽しみながら作ったので、かなりイケてる映画です。ぜひご覧ください」とPR。
司令官チュウ役として、ミラ・ジョヴォヴィッチとガチのカンフー対決シーンを演じたイ・ジュンギは「ここに来られてとても光栄です。この作品のファンでしたので、ご一緒できて本当にうれしかったです。カメオ出演でしたが、少しでも助けになればと思います。すごくワクワクしたし、うれしかったし、興奮しました。皆さんこの映画を見て、大いに楽しんでください」と話し、日本語で「めっちゃ好きやねん」と笑顔を見せた。
ミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソン監督の愛娘で、レッドクイーン役を演じたエヴァ・アンダーソンは「今夜はこのように皆さんとご一緒できて本当に光栄です。ワールドプレミアにやってくることができて、とてもうれしいです」と愛くるしい笑顔を見せ、会場をほっこりさせた。
最後に、ポール・W・S・アンダーソン監督は「家族、素晴らしいキャストと一緒に作品を携えて日本にやってこられたことを大変うれしく思います。最終章になりますが、シリーズの中で最高の作品ができたと思います。めちゃくちゃ怖いし、アクションも満載です。キャストの皆さんにとっては地獄だったと思いますが、観客の皆さんにはご堪能いただきたいです」と伝えた。
本作で“女優”としてハリウッドデビューし、クールでカッコいい姿を見せるローラは、役作りについて聞かれ「ハリウッドの映画だし、もちろん簡単ではないけど、皆さんすごく優しくて、あと世界観が大規模につくられていて、その迫力のおかげで気持ちも入り込めたと思うし…」と答えたところで、「ちょっといま質問忘れちゃった。アハハ」と天然ぶりを見せ、ローラ節炸裂。「実はまだ見ていなくて、これから見るんだけど、楽しみ。初めての映画だし、すごく出ているわけではないんだけど、ステキな経験だった」と振り返り、会場を和ませた。
そんなローラとの初共演について、ミラ・ジョヴォヴィッチは「皆さんも映画を見ると、ショックを受けると思います。いまの雰囲気とは違った激しい戦士に変身しているからです。普段ファッション、美容、ラーメンの話をしていた彼女が、どうやって戦士になるのかなと思っていたんですが、衣装を身に着け、大きな銃を手にした彼女は、ものすごく激しい、クレージーなくらいの戦士に早変わりしたんです。その変身ぶりを見て、女優としてもすばらしいと思いました」と絶賛。ローラは「サンキュー、ミラ」とうれしそうにし、2人でローラの“OKポーズ”をしてみせる一幕も。
そして、アリスと共に15年間を過ごしてきたミラ・ジョヴォヴィッチは「(終わりを迎えるのは)とても悲しいです。ポールに対して怒りの気持ちもあります。私と仕事をするのが好きだったはずなのに!」とジョークを飛ばした後、「長年にわたって、アリスというキャラクターを演じられたことは大きな名誉でもありました。今回の結末は、ファンの方の期待に応えられると思っています。最大級、最高級の『バイオハザード』を楽しんでください」と自信を見せ、監督も「最高の作品を届けなければというプレッシャーを感じていましたが、キャスト陣が期待に応えてくれました。皆さんがビックリするような結末が待っているので、ぜひご堪能ください」と期待をもたせた。
その後、プレス向けのフォトセッションでは、登壇した8人がそれぞれポーズを決め、写真撮影が行われたが、今回のイベントは来場者も撮影OKだったため、終始登壇者の名前を呼ぶ声があちこちから飛び交っていた。イ・ジュンギも大きく手を振ったり、手でハートを作って客席に投げたりとファンサービスたっぷりで、常に笑顔を向け、ファンの心をがっちりつかんだ。
最後は、ミラ・ジョヴォヴィッチの「バイオハザード」という掛け声の後、会場全員で「ザ・ファイナル」と拳を突き上げると、金テープが舞い、華やかな雰囲気でワールドプレミアが締めくくられた。
アリスたちとゾンビの最後の戦いが幕を開け、これまで謎に包まれていた秘密がついに明かされる「バイオハザード:ザ・ファイナル」は12月23日(金・祝)より全国ロードショー!
取材:KOREAREPORT INC


映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、
   ウィリアム・レヴィ、ルビー・ローズ、ローラ
原題:Resident Evil: The Final Chapter
日本公開:12月23日(金・祝)世界最速公開
全米公開:2017年1月27日
配給:ソニー:ピクチャーズ

公式サイト:http://www.biohazard6.jp /
公式Twitter:https://twitter.com/ biomovieJP
Facebook:https://www.facebook. com/BiomovieJP
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved