芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「インタビュー」HOON(フン)、U-KISSから3人目のソロデビュー! 「スヒョンさんから“これはフンの曲だ”と言われたのがめっちゃうれしかったです」
2月15日(水)に1stシングル「雪桜」をリリースし、U-KISSメンバーとしてはスヒョン、ケビンに続く3人目となるソロデビューを果たしたHOON(フン)。
もともとU-KISSに加入する前、ソロシンガーとして韓国でも活動していた歌唱力を持っているU-KISSのメインボーカル、HOONが満を持して放ったデビューシングルには、得意のバラード曲「雪桜」と彼自身が作曲したファンへ向けたミドルナンバー「愛奏」(あいかなで)の2曲を新録。日本語を大切にしたいという本人の希望により、日本語タイトルにこだわり、漢字2文字のタイトルに決定したという。
ソロデビュー曲「雪桜」が、オリコンのデイリーシングルランキング(2月14日付)で、TOP10入りしたHOONが、ソロデビューした心境や楽曲へのこだわりなどを語ってくれたほか、いまの心境を“漢字”で表現してくれた。

−ついにソロデビューしましたね。おめでとうございます!
ありがとうございます!
−ソロデビューしたという実感はわいていますか?
ハイ、いっぱい感じていますね。ファンの皆さんからいっぱい応援をもらっていて。僕のファンンだけでなく、他のメンバーのファンの皆さんも、僕のことをいっぱい応援してくれているんで、本当に感動しています。メンバーのみんなもメールをくれたり、幸せな気持ちで活動していますね。
−SNSでもメンバーの皆さんが、フンさんにメッセージを寄せていましたね。
ソロシングル発売日には、ケビンとキソプ、スヒョンさんがお祝いしてくれましたが、ケビンとキソプは「本当にカッコいい」「ステキ」って。メンバーのみんなが僕に内緒で準備して、「頑張れ」って応援してくれているんで、メンバーみんなの愛を改めて感じていますね。

−U-KISSメンバーのソロデビューはスヒョンさんから始まりましたが、いつかは自分かなという思いはありましたか?
正直、僕にソロデビューする機会は回ってこないと思っていました。なんか僕個人的には、U-KISSに合流する前、ソロ歌手としてデビューしたことがあるから、他のメンバーにその機会をあげるんじゃないかと思っていたので。たまに、番組とかでは冗談で「ソロやりたい!」って言ったことはありましたけど(笑)。

−あれは冗談だったんですか。
そうなんです。でも、いま思えば、それが欲望になりましたね(笑)。欲望の夢が叶って、いま幸せな気持ちでいっぱいです。
−スヒョンさんがソロデビューしたとき、他のメンバーにつないでいきたいと言っていて、その後ケビンさんがソロデビューしましたよね。
だから、次はイライかキソプだと思っていました。でも、僕になったんでビックリして、不安でプレッシャーで…。めっちゃ緊張しました。やっぱり一人で活動する、って言われたら、いきなり緊張してきて、心臓がバクバクして。発売日が近づくにつれて、肩が重くなるし、プレッシャーを感じていました。でも、ファンの皆さんと会って、力をもらったんで、いまはだいぶリラックスしてきましたね。

−すでにハイタッチ会、サイン会をされたんですよね。ファンからはどんな言葉を掛けられましたか?
今回たくさん褒められて、感情の表現力のこともうれしかったんですが、一番言われたのは、日本語の発音がめっちゃいいって(笑)。それが一番うれしかったです。今回、「雪桜」だから、“ざ”が入っているじゃないですか。僕“ざじずぜぞ”がめっちゃ下手なんですよ。発音のせいで、「雪桜」というタイトルを変えようとしたぐらい、発音が難しかったんですけど、何時間もキレイに発音できるまで練習していたら、どんどん良くなって、この曲が完成したんです。だから、それをファンの皆さんから褒められ、認められたというのがめっちゃうれしかったです。

−ソロデビュー曲は、フンさんが得意とするバラード曲になりましたが、いくつかある候補の中からこの曲に決まったんですか?
僕はもともとダンス曲をやりたかったんですけど、誰も僕にダンス曲をくれなかったんです(笑)。僕には切ないバラード曲しかこないから、その中で一番歌いやすい曲を選びました。いま毎日聴いているぐらい、好きな曲ですね。

−「雪桜」は、スヒョンさんが歌いたかったって言いそうな曲だなと感じたんですが。
たしかに、スヒョンさんはそういうタイプなんですよ。「この曲、俺が歌いたい」って言うタイプなんですけど、「雪桜」に関しては、「これはフンにぴったりな曲だね。これはフンの曲だ」って。その短い言葉が、僕にとってはめっちゃうれしくて、最高の褒め言葉になりました。

−フンさん自身、「雪桜」の中ではどの部分が気に入っていますか?
最初の部分ですね。楽器の音がキレイに流れて、「髪を揺らしてた〜♪」って歌い出す部分が、僕個人的に、感情の表現がすごくよくできたと思っていて。そこから、この曲はどんな曲なのかというのが分かるぐらい、大事なところだと思います。
−「雪桜」は切ない曲ですけど、歌いながらしっかり感情移入ができているということですね。
僕は歌いながら、頭の中で、歌詞の内容を映画みたいに作るんですよ。今回の歌詞は切なくて、別れを経験した男の内容だから、それを映画みたいなストーリー仕立てにして、イメージしながら歌うんで、感情表現とかは問題ないと思います。もっと頑張るべきなんですけどね〜。早くファンの皆さんの前で、歌ってみたいです。

−PVでも曲の世界観を見事に表現されていましたね。今回は女優さんとの共演もあり。
僕がお願いしたことではないですよ!(笑)歌詞的にそういうコンセプトになって。
−相手役の女優さんとはラブラブな姿も披露していましたが。
このPV撮影で、ファンの皆さんがいっぱい嫉妬してくれましたよね(笑)。でも、僕はその嫉妬がめっちゃうれしいです。本当にPV撮影のときは、演技は演技として考えていたから、撮影が終わったら、すぐお互い楽屋に戻っていったし、僕的にはあんまりしゃべっていないです。でも、ファンの皆さんがハイタッチ会やサイン会で、いろんな嫉妬をしてくれたから、それが可愛く見えたし、楽しいし。もっと嫉妬してほしいですね(笑)。

−フンさんはドラマ出演などで演技力にも定評がありますが、歌と演技、どちらが難しいですか?
両方難しいですね。でも、歌と演技は連結性があるから、両方頑張ったら、どちらも実力が上がると思います。
−ちなみに、PV撮影の現場に、他のメンバーは見に来たりしたんですか?
去年、冬のベストツアーが終わって、すぐにメンバーは韓国で仕事があったんで帰ったんですけど、僕はメンバーが帰ったその日、PVの撮影をしたんで、誰も来てくれなかったですね(笑)。でも、みんな忙しいから理解しています。

−BSスカパー!の「韓流ザップ」(2月14日放送)に出演し、Kさんとも話していましたが、「雪桜」はKさんが作曲に参加されたんですよね。何かアドバイスはあったんですか?
アドバイスというより、最初に「雪桜」のデモテープをもらったとき、Kさんが歌っていたんですよ。しかも、Kさんから「これより上手く歌えるから」って言われて、ものすごいプレッシャーで…。たぶん、レコーディングに4、5時間ぐらいかかりました。でも、「韓流ザップ」の現場で、Kさんと久しぶりに会って、「兄さん、僕、兄さんより上手く歌えなくて、すみませんでした」と言ったら、Kさんがすごく褒めてくれたんで、本当に幸せな気持ちになって。番組が終わって、家に帰ってシャワーを浴びたりしていたら、深夜3時ぐらいになっていたんですけど、よく眠れました(笑)。

−良かったですね、Kさんからお墨付きの言葉をもらって。
ハイ、尊敬している先輩に認めてもらえて、うれしかったです。これからの活動も頑張れると思います。
−ソロデビュー曲は日本語タイトルにこだわり、漢字2文字の言葉にされたそうですが。
1つ目の理由は、いままでU-KISSの曲は全体的に英語タイトルの曲が多かったんで、今回は日本語を大事にしたいと思って、漢字にしたんです。

−ひらがなよりも漢字?
なんか漢字のほうがカッコいいじゃないですか?(笑) それから、2つ目の理由は、ソロデビュー曲でスヒョンさんは切ないバラード、ケビンはダンス曲をやったじゃないですか。それで、3番目の僕は何をしたらいいのかと考えたとき、演歌という案が出たんですよ。本当に演歌を歌おうかと思ったんですが、やっぱり僕が得意なのは切ないバラードだから、演歌はちょっと無理だと思って。だったら、曲のメロディーは演歌じゃないんですが、せめてタイトルだけでも、演歌かなと思わせるために、こういう漢字にしたという理由もあるんです。ファンの皆さんからも「このタイトルを初めて見たとき、演歌だと思いました」っていっぱい言われましたね。
−ということは成功ですね。
ハイ、作戦大成功です(笑)。

−では、いまの心境を漢字2文字で表現すると何ですか?
「感謝」ですね。やっぱりソロデビューできたのは、KISSme(U-KISSのファン)のみんなとメンバー、スタッフさんのおかげだと思うので、それを表現する言葉は「感謝」だと思います。
−せっかくなので、「感謝」を色紙に書いてほしいんですが。
ハイ。(スタッフが書いたお手本を見ながら、慎重に一文字一文字、丁寧に書き上げていき)できました!

−ご自身から見て、出来栄えはいかがですか?
これがちょうど僕の実力です。上手すぎたら、僕以外の人が書いたと思われるので(笑)。
−実際に書いてみて、いかがでしたか?
「感謝」は、いつも言う言葉だから、簡単な漢字じゃないかなと思っていたんですけど、いままでで一番難しい漢字でした(笑)。
−難しいというと、カップリングの「愛奏」も日本語にはない言葉ですが。
もともとない言葉ですよね。「雪桜」もない言葉だから、それとつながりがほしかったので、「愛を奏でる」という意味で、「愛奏」という造語にしました。この曲のタイトルに関しては、いろいろ考えたんですが、ファンの皆さんへの愛を表現したかったので、いつもファンの皆さんの前で、僕たちは歌ったり踊ったりして、その愛を演奏している、愛を奏でる、という意味を込めました。

−もともと「奏でる」という言葉は知っていたんですか?
もちろんです! 僕は日本語の勉強をいつも頑張っているから(笑)。まだまだ、難しいんですけど、単語はいつも覚えています。

−最近覚えた日本語はありますか?
最近覚えた日本語は…、「奏でる」。ハハハ。実は知らなかったです。「演奏」は知っていたんですけど、それが「奏でる」って表現になるのは初めて知ったんです。もともと「愛奏」という言葉があると思っていたんですが、ないんですよね。だからこそ、特別なタイトルになったと思います。

−「愛奏」はフンさんが作曲されたんですよね。
ハイ、アレンジャーさんと相談しながら、作っていきましたね。歌詞にも僕が参加して。
−こだわった部分はどこですか?
メロディーですね。記憶に残る簡単なメロディーで作りたかったんで、5回ぐらい変えたんですけど、最終的に出来上がったこのメロディーが、一番簡単で記憶に残るメロディーになったと思います。だから、ファンの皆さんがもう覚えて、歌ってくれたりしているんで、本当にうれしいですね。

−フンさんの優しさが伝わってくるような曲だと感じました。
自分が作った曲をファンの皆さんに聴かせるのが恥ずかしくて、少し不安だったんですが、皆さんがめっちゃ喜んでくれたんで、良かったです。今回は、「フンさんは明るい曲と切ないバラードのギャップがすごいから、それを合わせて出してほしい」っていうファンの皆さんの声が多かったので、その意見を取り入れて選曲したんでよ。でも、実はいまストックしている曲がたくさんあるんで、これからいろいろなジャンルの曲を皆さんに聴かせたいですね。

−今回ソロデビューして、一人で活動してきていますが、一人での活動はいかがですか?
やっぱり少し寂しいですね。サイン会やハイタッチ会ではファンの皆さんがいるんで、寂しさは感じないんですけど、ラジオやテレビ番組に出たときは、一人で質問を受けて答えるから、それがちょっと寂しいと感じます。グループのときは、自分一人でしゃべるわけではないから、他のメンバーが話しているのを聞きながら、次はどう答えるかを考えているんですよ。でも、一人だとその考える時間が全くなくて、その難しさもあるし、寂しさもあるから、早くメンバーに会いたいですね〜。
−寂しさはあるにせよ、自分だけに注目が集まっているこの状況はどうですか?
とても幸せです(笑)。とても幸せですけど、ちょっと照れますね。

−デビュー曲「雪桜」にちなんで、桜にまつわるエピソードがあれば教えてください。
春になって桜が咲く頃、お祭りとかやるじゃないですか。そのお祭りに1回も行ったことがない、というのが僕の桜エピソードです(笑)。いま26歳なんですけど、韓国でも日本でも、そのお祭りの期間は必ず仕事があって、いままで1回も行ったことがないから、実際に行ってみたいっていう大きな願望がありますね。

−花見とかもあまりないですか?
車の中で、移動しながら見たことはあるんですけど…。でも、そのお祭りは本当にキレイで楽しいと聞いたんで、1回は行ってみたいです。なるべくファンの皆さんと一緒に。(近くにいたスタッフに)ぜひお願いします(笑)。
−ソロデビュー曲のリリースがバレンタインシーズンになり、スペシャル感が出ましたよね。
バレンタインは女性から男性にプレゼントをする日じゃないですか。だから、シングル発売というのが、ファンの皆さんからもらったプレゼントだと思いながら、頑張れる、そういう日になりましたね。

−甘い物はたくさんもらいましたか?
ファンの皆さんからもそうだし、スタッフさんからももらったんで、やっと痩せたのに、また太っちゃいそうですね(笑)。
−もともと甘いものは食べるほうですか?
もともとは甘いものが大嫌いでした。でも、最近たまに甘いものが食べたいときがあって、チョコとかを部屋に置いといて、たまにコーヒーと一緒に食べたりしますね。年のせいか、甘いものがほしくなってきました(笑)。

−フンさんのプロフィールには、好きな食べ物はたんぱく質、肉と書いてあるので、甘いものとはかけ離れている気もしますが。
そうですね。甘いものは好き。たんぱく質は大好き! ってことです(笑)。

−今回ソロデビューを果たしましたが、次の目標は何ですか?
ソロデビューしたメンバーもいるから、次はユニットで活動してみたいというのもあるし、ソロ活動が終わったら、またU-KISSとして活動するじゃないですか。そのとき、メンバーみんなで、いろんな日本のバラエティー番組に出て、U-KISSのことを知らない方たちに、もっとU-KISSという名前を広めていきたいです。それが一番の目標です。
−もしユニット活動するなら、メンバーの誰とやってみたいですか?
今回切ないバラード曲を歌ってみて、やっぱりスヒョンさんと2人でやってみるのも面白かなと思いました。本当に激しくて、切なさマックスの曲を作って、歌の実力的にも限界まで見せる、そういう曲を選んで、歌ってみたいなと。

−実現したらいいですね。
でも、スヒョンさんが嫌がりそうです(笑)。スヒョンさんは一人で歌って、ラッパーがほしいと思うんじゃないですか。ハハハ。メンバーそれぞれ個性があるから、やっぱりU-KISSとして活動したほうがいいと思います。
−そんなU-KISSが、3月15日には初のソロ&ユニットのアルバムをリリースされますね。
ソロ曲も入っているし、新しくレコーディングしたユニット曲もあるし。デビューしてから、5年経っているじゃないですか。その5年の間に発表したユニット曲が、思ったより多くて、その思い出がある曲を収録したアルバムになります。

−アルバムにできるぐらい、ソロとユニットの曲があるというのは、さすがU-KISSだなと思います。
やっぱりそれもファンの皆さんのおかげですよね。皆さんが例えば、フンジュンカップルとか、スフンカップルとか、イルビンカップルとか作ってくれるから、それいいなと思って、2人だけ、3人だけで歌ってみたら、いい感じになり、それをファンのみなさんも喜んでくれたから、できたんだと思います。

−アルバムにはフンさんのソロ曲はもちろん、新曲としてキソプさんのソロ曲「Spring Love」、イライさんとジュンさんのヒップホップ曲「DAMN!!」なども収録されますが、フンさんのおすすめの曲というと?
ハイ、「雪桜」ですね(笑)。「雪桜」と、個人的にはキソプのソロ曲も注目してほしいです。キソプが作った曲なんですけど、とてもいい曲で、ステージ上で歌ったことがあるんですけど、今回しっかりレコーディングして仕上げたので、ぜひ聴いてみてほしいですね。
−では最後、ファンにメッセージをお願いします。
ファンの皆さん、皆さんのおかげでソロデビューをすることができました。皆さんのおかげだと思いながら、頑張りますので、「雪桜」と「愛奏」をいっぱい聴いてください。そしてこの後、U-KISSの活動もいっぱいあるから、U-KISSのこともぜひ応援よろしくお願いします! 大好きで〜す♡

ソロ活動をスタートさせ、連日忙しいスケジュールをこなしているにもかかわらず、疲れた様子を全く見せることなく、いつも通り、明るく優しい振る舞いで、現場を温かく包んでいたHOON。今回、色紙に漢字を書いてもらったが、2回練習してから、集中しながら、無言で慎重にゆっくりと書き進めていく姿もHOONらしいなと思った。
言葉の端々にメンバー愛、ファン愛があふれていたHOONのソロデビュー曲「雪桜」は、そんな彼の優しく甘い歌声がたっぷり堪能できる一枚になっている。

取材:KOREAREPORT INC

U-KISSオフィシャルサイト http://u-kiss.jp/
U-KISS JAPAN Twitter https://twitter.com/UKISS_Japan

【リリースインフォメーション】
HOON(from U-KISS)ソロ・デビューシングル「雪桜」
2017年2月15日発売


U-KISS  「U-KISS ソロ&ユニットアルバム(仮)」
2017年3月15日

ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved