芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「囲み&プレビュー公演」ユナク(超新星)&凰稀かなめ “レディーファーストなユナクは劉邦そのもの!”、項羽と劉邦の間で揺れ動く女の葛藤、国と愛を巡る男の戦いを描いたミュージカル「花・虞美人」
中国で有名な「項羽(こうう)と劉邦(りゅうほう)」の物語に基づき、偉大なる女・虞姫(ぐき)にスポットを当てて描いた岡本貴也書き下ろしの完全オリジナルミュージカル「花・虞美人」。紀元前3世紀、中国の楚漢戦争を舞台に繰り広げられる項羽と劉邦の男の戦いと、虞姫の別れ、怨み、愛を惜しみなく描いた本作品の東京公演がいよいよ3月26日(日)から東京・赤坂ACTシアターで幕を開ける。
主役の虞姫役を演じるのは2012年に宝塚歌劇団宙組のトップに就任し、2015年2月に宝塚歌劇団を退団後初主演となる凰稀かなめ。そして脇を固める劉邦役に超新星のユナク、項羽役に全員が音大卒の180cm以上の男性5人組ヴォーカルグループ「LE VELVETS」 の黒川拓哉と2000年に「新人発掘オーディション〜21世紀の石原裕次郎を探せ!〜」で応募総数5万2005 名の中から最終選考の10人に残った池田努がダブルキャスティングされた。
開幕前日となる3月25日(土)、プレス向けのプレビュー公演が行われ、開演前に主演の凰稀かなめ、超新星ユナクが囲み会見に登場。初日を迎える意気込みや見どころなどを語った。
花模様が織り込まれた光沢ある水色の衣装で登場した“虞姫”を演じる凰稀かなめは、「皆さま、お忙しい中ありがとうございました。いよいよ明日から始まります。スタッフの方々、出演者一同、精一杯がんばりたいと思いますので、温かいご声援よろしくお願い致します」とあいさつ。
Q.初日を迎える心境はいかがですか?稽古中に新たな発見はありましたか?
突きつめてやっていたので、発見は山ほどありました。演出家、出演者とぶつかりあいながら稽古してきたので、その成果が出るのではないかと思います。シンプルな舞台なので皆の魅力が発揮されている舞台になっていると思うので、楽しんでいただけたらと思います。
Q. 虞姫という役とご自分との共通点はありますか?

共通点は、そうですね。温かく、大きく、見守ることじゃないかなと思います。
Q.項羽役は黒川拓哉さんと池田努さんのダブルキャストですが、それぞれの魅力は?

お二人ともワイルドなんですけど、池田さんはワイルドさの中にも温かさがある熱い男。だけどとても最後に向かっていくにつれて弱さが出てくる、それでも必死にやっていく。とても人間らしい項羽になっていると思います。
黒川さんは身長も大きいですし、ワイルドはワイルドなんですけど、黒川さんの純粋な優しいところがとても今回のお芝居の中に出てきていて、一生懸命なところとか、そういう部分がとても項羽っぽいなと。逆に黒川さんの方が最初は可愛い感じなんですけど、後半に向けてどんどん男らしく成長していく項羽になっていると思います。

Q.ユナクさん演じる劉邦についての印象はどうですか?

ユナクさんですか、優しいです。いろいろとやってくださいます。今回恋人同士の役で結婚して夫婦になるんですけど、いろんなお話をして普段からそういう風に見えるように接したりしていて。本当にレディーファーストなんです(笑)。それが劉邦様にすごく合っているというか、劉邦様そのものという感じです。

Q.宝塚退団後初主演ということですが、意気込みは?

宝塚でスターという立場にいさせていただいて、毎公演そうだったんですけど、自分がトップだからといってどうのうこうのというのはあまりなくて。作品の中でどういう風にこの組をとか、自分を、相手をということばかりを考えているので、“座長”という言葉に気負いを感じないように自分で意識しつつも、皆さんとコミュニケーション取りながら舞台上で一緒に戦っていきたいなと思います。

Q.手応えはどうですか?

手応えは十分あります。でもお客様が入ったらまた空気も変わってくると思いますし、お客様と一緒にこの先、また新たに作っていきたいなと。今は自分たちの中でやってますけど、絶対に空気って変わるものなので、一緒に楽しんで一緒にその時代を過ごしていけたらいいなと思っています。
続いて赤を基調にした衣装で “劉邦”演じるユナクが凛々しい姿で登場。
Q.初日を迎える心境は?

初めて時代劇を演じるのでプレッシャーもあるんですけど、皆とすごく仲良く1か月半くらい練習してきたので、やっと見せられて良かったなと思いました。今の心境はちょっと緊張しています。
Q.劉邦を演じるにあたって心がけたことは?

今回は項羽と劉邦という話よりは、テーマは“虞美人”、“虞”という女性がどうやって生きてきたかを演出家さんが想像して創られたので、台本をもらって僕も劉邦がどういう恋愛してきたのか、自分なりにいろいろ研究しました。項羽と差があった方がいいかなというのもあったし、項羽がストレートで激しい部分があるので、僕はロマンチックな感じでいきたいなと。そういう感じでやっています。
Q.項羽は黒川拓哉さんと池田努さんのダブルキャストですが、それぞれ違いはありますか?

池田さんの項羽は、暴れた感じというか激しい項羽。黒ちゃんの項羽は強さを内面的に持っている人というか。池田さんは強さを外に出しているんですけど、黒ちゃんは心に持っている強さというか。だから話し方とかアクション、仕草も全然違うので面白いです。まったく違う、真逆なんです。僕も両方楽しめるので楽しいです(笑)。二人とも身長も大きくてカッコいいので、ライバル的な存在でいいなと思ってやっています。
Q.ユナクさんご自身のおすすめのシーンはありますか?

そうですね。劉邦という役で、僕にとっては一番ラストシーンに気持ちがすごく入っています。想像するだけで考えるだけで涙がでるくらい悲しいシーンがあって。ラストシーンが一番、おすすめです。
Q.今回の髪型と衣装についての感想は?

初めて着たんですけど、僕が台本を見たときのイメージも劉邦は“赤”だなって思ったんですよ。赤って、グループの中のカラーも僕はレッドなので、リーダーシップもあっていいなと思うし、僕だけけっこう厚着なんですよ(笑)。皆、けっこう薄着で涼しいと思うんですけど、僕カーペットみたいな感じで(笑)。着るだけで暑がっているくらい厚着なんですけど、これ着ているだけで劉邦になったなと思います。
ロン毛はジャケ写では撮ったことがあったんですけど、あれはかつらで、今回は2回目ですけど。うーん、ちょっとなんていうか仕草が女性ぽくなるというか…(ロングの髪を指にくるくる絡ませながら)ちょっとこうなるんですよ(笑)。
囲み会見では時間がない中でも丁寧に記者たちの質問に応じ、フォトセッションにも笑顔で応じた2人。凰稀かなめは「楽しんでくださいね」と記者たちにも声をかけ、ステージへと向かった。
続くプレビュー公演。
幕が上がると月明かりの中に虞姫(凰稀かなめ)と劉邦(ユナク)。結婚式前夜。2人を見守る家族や村の人たちの楽しそうな様子が明るく躍動感を持って描かれる。そんな場をそっと抜け出した2人だけの時間はどこまでも甘くスイートだ。劉邦はひなげしの花を虞姫に贈り、小さな温かい幸せを誓う。ひなげしは虞美人草の別名だ。
幸せの絶頂であるほど、その後の絶望は深い。時は紀元前221年、史上初めて中国統一を成した秦の始皇帝の時代。虞姫と劉邦の結婚式当日に始皇帝の軍隊がその幸せを奪う。幸せから絶望への落差、凰稀かなめとユナクの感情演技に観客も悲しみの中に投げ込まれる。
そんな虞姫を救い出すのは、始皇帝を討ち取るためにやってきた楚の旗を掲げた項羽軍。プレビュー公演では池田努が演じ、ワイルドさの中に純粋さが垣間見える項羽を熱演。次第に虞姫に惹かれていく心の動きを繊細に表現した。
第一幕、第二幕を通して終始舞台にあるのは白い階段状のシンプルなセットのみ。あるときはすれ違ってしまった虞姫と劉邦の運命を、あるときは劉邦と項羽の男の対立を表わし、シンプルであるがゆえに観る者の想像力はさらにかき立てられる。
また登場人物の華やかな中国の衣装や剣舞のアクションだけでなく、項羽を軍師として支える大澄賢也演じる范増、劉邦と政略結婚した妻・呂雉を演じる高橋由美子ら実力派俳優の骨太な演技からも目が離せない。
二幕ではユナク演じる劉邦の虞姫への想いが溢れ出るシーンがある。「一緒に逃げよう」と虞姫の手を力強く掴む劉邦。優しさの中にある激しい愛にドキッとさせられる場面だ。果たして虞姫は項羽と劉邦、どちらを選ぶのか。
そしてユナクが見どころだと語ったラストシーン。約3時間に及ぶ俳優たちの熱演を通して、喜び悲しみながら物語を共に過ごしてきた観客は、胸が切なく、涙がこぼれる。ミュージカル「花・虞美人」は3月26日〜31日の東京公演に続き、名古屋、大阪でも上演される。壮大な愛の物語の結末を、ぜひ劇場に足を運んで確かめてほしい。
取材:KOREAREPORT INC

ミュージカル「花・虞美人」


【ストーリー】
美しき娘・虞姫(ぐき) と、青年・劉邦(りゅうほう)は、永遠の愛を誓い合う。だが……。 幸せの絶頂だった結婚前夜、秦の始皇帝の軍が村を襲い、虞姫は連れ去られてしまう。引き裂かれた二人。劉邦は決死の覚悟で虞姫を救いに行くも、すでに虞姫は消えていた。虞姫が死んだ……。劉邦は嘆き悲しむ。 しかし虞姫は生きていた。始皇帝の元から虞姫を救い出したのは、劉邦と並ぶ英傑、項羽(こうう)だった! 項羽は虞姫を心から愛してしまう。虞姫の心の中に別の男が住んでいようとも構わない。いつか中国全土を治めたら、きっと俺を愛してくれるだろう。そう願っていた。虞姫も、劉邦ともう二度と会えないと思うようになっていた。虞姫と項羽。情熱的に生きる二人は、互いの姿に自分を重ねるようになるが……。 そんな中、項羽と劉邦が秦王朝を倒すために巡り会い、虞姫は劉邦が生きていることを知ってしまう。 虞姫には項羽に命を助けてもらった恩義がある。こんなに愛してくれる男を捨てて、劉邦の元に走るわけにはいかない……。 劉邦を暗殺しようとする項羽軍。項羽軍を潰そうと強大化する劉邦軍。政略結婚、謀略、スパイ、そして愛 ……。権謀術数がうずまく時代の波に、虞姫は翻弄されていく。 二人の男の間で揺れ動く女が、最後に選んだのは……!

≪脚本・演出≫ 岡本貴也
≪主演≫ 凰稀かなめ(虞姫)
≪キャスト≫ ユナク(劉邦)、黒川拓哉(項羽)W キャスト、池田努(項羽)W キャスト/松田 凌(子期)、岡田亮輔(樊噲)、 石橋直也(韓信)、桑野晃輔(趙高)、今井ゆうぞう(宗義)、小野健斗(懐王)、奥田圭悟(始皇帝) /高橋由美子(呂雉)/大澄賢也(范増) 他 ≪主催≫ 花・虞美人制作委員会
≪協力≫ 株式会社ケイローズ 株式会社ジェイロック 株式会社ケイダッシュステージ 株式会社ディコンプレックス
≪公演日程≫
■東京公演
日程:2017 年 3 月 26 日〜3 月 31 日 / 会場:赤坂 ACT シアター
■名古屋公演
日程:2017 年 4 月 15 日〜4 月 16 日 / 会場:愛知県芸術劇場大ホール
■大阪公演
日程:2017 年 4 月 22 日〜4 月 23 日 / 会場:大阪森ノ宮ピロティホール
◆公式サイト http://www.hana-gubijin.jp
よしもとアールアンドシーHP:http://www.randc.jp/artist/yoonhak/
超新星 HP:http://www.choshinsei.com/
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved