芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「ASIA TOUR」イ・ドンウク、ファンへの惜しみない愛情に感激!「2017 LEE DONG WOOK ASIA TOUR in JAPAN 4(for) My Dear」開催
2017年6月30日(金)、東京・練馬文化センターで開催された、俳優イ・ドンウクのファンミーティング「2017 LEE DONG WOOK ASIA TOUR in JAPAN 4(for) My Dear」。
韓国内外で大反響を呼んだドラマ「鬼・トッケビ」で、人々に死を宣告する死神役を演じ、「チョスンイ(あの世ちゃん)」というニックネームが名付けられるほど視聴者の心に強烈な印象を残したイ・ドンウク。

4月よりスタートしているアジアツアーの一環として、約1年ぶりに来日したイ・ドンウクは6月30日(金)、東京・練馬文化センターにて「2017 LEE DONG WOOK ASIA TOUR in JAPAN 4(for) My Dear」を開催し、ファンとの交流の場所を設けた。

ドラマのオープニングを彷彿させるかのようなオープニング映像からイベントがスタートすると、突然客席後方からイ・ドンウクが登場!
サプライズな演出で会場を沸かし、ファンをウォーミングアップさせる。
白のストライプスーツに、ピンクパンサーのTシャツ姿のコーディネートをMCから褒められると、「ピンクパンサーが好きなんです」と告白。
MCに「いい情報でしたね」と言われると、すかさず「だからと言って、皆さんピンクパンサーのぬいぐるみを送ったりしないでくださいね、僕はぬいぐるみで遊ぶような年齢ではありません(笑)」と真面目に回答し、会場の笑いを誘うとMCからも「わかりましたか、皆さん?ぬいぐるみは受け付けていませんので」と息ピッタリのトークで序盤から盛り上げる。シンガポールや台湾を回っているアジアツアーに対し「今後はもうツアーをやらなくていいかなと思うくらい、たくさん回っています…冗談ですよ、冗談!そういえば(通訳さんに向かって)お元気でしたか?」と自由すぎるイ・ドンウクに、MCから「皆さん、こんな感じでドンウクさんのペースで進んでいきますからついてきてくださいね(笑)」とフォローし笑いを誘った。


話題がドラマ「鬼・トッケビ」になると、MCから「本日は、特別ゲストとして、“トッケビ”を世に生み出した、脚本家のキム・ウンスク先生にお越しいただいております!」と紹介。
脚本家キム・ウンスクが登壇した。「相続者たち」「太陽の末裔」などを手掛けたヒットメーカーに対し、「先生は今、新しい作品を執筆中でお忙しい中にも関わらず、このように登壇してくださって光栄です」とイ・ドンウクが感謝を述べると「カッコイイ男子に呼ばれたので、駆けつけてきましたよ!」とにっこり。ドラマの誕生秘話を聞かれると、キム・ウンスクは「素敵な俳優陣と莫大な資金を投入して作るドラマなので、まずは視聴率を上げなければならないという使命感はありました。ですので、キザでくさい台詞をふんだんに使いました」と率直に明かし、「前の作品は、“視聴率は高いが、深みのないドラマ”と記憶されていましたが、このドラマでは“深みが出てきた”と評価されました。ですので、私にとっても大きな意味を持つ作品になりました。ドンウクさんの素晴らしい演技のおかげでさらに深みが増したと思っていますので、本当にありがとうございますと言いたいです」と告げると、イ・ドンウクは「自分から、死神役をやりたいと志願しまして、先生がそれを受け入れてくださってうれしかったです。自分がやりたかった役を演じ、それが良い結果になったので本当に幸せです」と喜びを語った。

イ・ドンウクの死神役については「完ぺきでした。韓国では、ドンウクさんのような色白で唇の色が赤い人は、まさに死神のイメージにピッタリ当てはまります。なので、ドンウクさんが志願してくださった時は、光栄に思いました。普段の姿も、とてもユーモアがあり、周りに気遣いができる人で、昨日も食事をご馳走してくれました」と話すと、「今日も僕がおごりますね」、「何がいいかしら?皆さん、一番高いものを教えてください。焼肉?しゃぶしゃぶ?」「吉野家、吉野家(日本語で)」とテンポの良いトークラリーで観客を笑わせた。

トークの終盤では、イ・ドンウクが“個人的にずっと気になっていたことがある”と、まるで記者のようなたたずまいを見せると「先生は、たくさんのヒット作があると思うのですが…いくら稼ぎましたか?」とジョークを発射。「ドンウクさんに奢ってあげることが出来るくらいは稼ぎましたので、今日は私が奢りますね」と大人な回答でかわした。ファンが選ぶ「鬼・トッケビ」名場面ベスト3では、コン・ユ演じるトッケビと、イ・ドンウク演じる死神が登場するシーンが1位となった。

これに対しては、「逆光での撮影だったのですが、息をすると映像に映ってしまうとのことで監督から狢をしないでくれ“と言われました(笑)コン・ユさんと一緒に息を止めつつ、表情はカッコよくキープしながら撮影したのですが大変でした」と秘話を紹介した。

続く「あなたの願いを叶えます」のコーナーは、ランダムに選ばれたファンからの願いを叶えるというもの。「付き合ってくださいと言いたい!」や「バックハグをしてあげたい!」など、「イ・ドンウクにしてあげたい!」という母性本能に溢れたファンたちが当選。また、「ハングル講座をしてほしい!」という願いには、今韓国で流行っている言葉だという「ネマウムソゲチョジャン(僕の心の中に保存)」をジェスチャー付きで講義し、会場中で復唱するなど、和気あいあいのムードとなった。

衣装チェンジをした後は、質問コーナーへ。イ・ドンウクが自らMCとなって、客席に降りて質問に答えるというもの。後ろの席をおもんばかり、一番後ろまで行く優しい一面も。
ドラマを見て3日間眠れなかったと話すファンに「それは質問ではなく、感想ですよね?」とツッコミ、「よく行くお店は?」との問いに「お知らせすることはできません(笑)」とバッサリ。

マイクを向けた瞬間にいきなり質問するファンには「その前にまずは自己紹介からお願いしますね(笑)」と冷静に対応する姿に、会場中が大笑い。韓国からやってきたという学生に「出演作の中で、学生が見るべき作品を挙げるとしたら?」との質問には「“甘い人生”ですかね」とドロドロの不倫ドラマを推奨するなど、ブラックユーモアたっぷりの楽しい時間を作り上げた。

また、ゲームコーナーでは、イ・ドンウクの表現力が存分に発揮されたジェスチャーゲームと、一流芸能人である証としての味覚チェッククイズが行われた。味覚チェックでは、高級品と通常の商品を食べ比べて、どちらが高級品なのかを当てるというもの。牛肉、日本酒と立て続けに高級品を当て、得意げな表情のイ・ドンウクだったが、3問目の、嗜好品であるというコーヒーはまさかの不正解。

2問目の正解まではスクリーンに、「一流芸能人」というテロップで飾られていたが、不正解だったので「ただのイ・ドンウクさん」というテロップへ降格。さらに最後の質問は、39億円と30万円のバイオリンの音色の聞き比べという聴覚を試される質問に挑むも、ここでも不正解となり、スクリーンのテロップは「そっくりさん」とさらなる降格となる結果に。椅子を取り上げられ、ゴザに座らせられるという、なんともひどい扱い(笑)だったが、ファンにとっては貴重な光景となった。

「日本でのファンミーティングは本当にリラックスできるし、まるで友達と話すかのように親近感がわいてきます。今日はとても楽しかったです」とエンディングのあいさつし、「今後、ドラマで歌を歌わない限り、僕はこれからもずっとこの歌を歌い続けるのだと思います。たぶん10年くらい歌い続けるんじゃないですかね?(笑)」と笑わせながら、自身の出演作「風船ガム」の劇中で歌われた「君に向かう僕の時間」をファンのために熱唱、ファンを愛し、ファンからも愛されるイ・ドンウクのイベントは、終始笑いの絶えない和やかな時間となり、惜しまれながら幕を閉じた。


取材:KOREAREPORT INC
写真提供A・R・A


「2017 LEE DONG WOOK ASIA TOUR in JAPAN 4(for) My Dear」

日時:2017年6月30日(金)
OPEN: 17:00
START: 18:00
会場:練馬文化センター(東京都練馬区)
内容:トーク、ゲーム、歌、握手会など
料金:10,800円(税込、全席指定)
主催:株式会社A・R・A
公式HP: http://www.dongwook.jp/

ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved