芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「WARDS & MINI LIVE」SE7EN、全て日本語でこなした授賞式スタイルイベント「THE SE7EN’s AWARDS & MINI LIVE」開催
アジア各国で長年に渡り活動を続けている歌手SE7EN。日本では今年1月にツアー「SE7EN LIVE TOUR 2017 in Japan –Dangerman–」で東京、大阪、名古屋を回り、さらに5月には“俳優チェ・ドンウク”として、韓国ミュージカル「メイビー、ハッピーエンド」の日本公演に主演として参加。ロボットという難しい役どころを最後まで演じ切り、新しい才能を垣間見せるなど、精力的な活動でファンを楽しませている。

そんなSE7ENが、7月7日、「7」が3つ揃う“トリプルセブン(777)”の特別な日に、ファンへの感謝を込めたイベント「THE SE7EN’s AWARDS & MINI LIVE」を東京・中野サンプラザホールで開催。
“授賞式スタイル”というユニークなコンセプトのイベントに、開始前から多くの関心と期待が集まっている。

授賞式らしいクラシック音楽を皮切りに、司会進行を務めるタレントのヒョンギが登場。「みなさん、お待たせいたしました。2017年7月7日7時7分7秒ちょうどに開演いたしました!」と“7”にこだわる徹底ぶりに会場が沸く。「授賞式といえば、何と言ってもまずはオープニングセレモニーですよね?一体、誰のどんなセレモニーが見られるのでしょうか?」と問うヒョンギに、会場からはクスクスと笑い声が。「笑うところじゃありませんよ!誰が来るのか本当にわかりませんからね!」と畳みかけつつも「では登場していただきましょう!」の呼び声で、サイレン音が鳴り響く。
「Make Some Noise!」の煽り声で、「7棒」と呼ばれているペンライトを持ったファンが総立ちになると、ステージ上に白のシーツにサングラス姿の凛々しいSE7ENが登場!
ダンサーを従えつつ「BETTER TOGETHER」と「DIGITAL BOUNCE」を華麗に披露し、ファンの視線を一瞬にして引き寄せた。会場の雰囲気を高揚させた後は、いよいよ授賞式のスタート。ヒョンギから「まず1つ目のアワードの発表をしましょうか。まずはプレゼンターに登場していただきましょうか?SE7ENさんです!」と発表され、SE7ENが再登場。「みなさん、こんばんは。オープニングセレモニーを担当したSE7ENと申します。今日は最後まで盛り上がりましょうね」と呼びかけ「さっそくですが、発表します。このLucky7賞の受賞者は、ラッキーナンバー“7”、“77”“777”番の方々です」と発表されると会場がざわつき始める。ヒョンギが「もしかして…」と言うとSE7ENから「そうです。お手持ちのカードに番号が書いてありますよね?その番号です」と説明。

入場時に配られたカードに記載されているナンバーだったというサプライズに加え、当選者にはオリジナルのトロフィーの授与があった。ヒョンギから「しっかりしたトロフィーですね」と言われると「そうですね、普通の安い授賞式じゃないですよ?(笑)」と笑いを誘うSE7EN。
続いての賞は「2017年Best Album賞」の発表。プレゼンターとして登場した、SE7ENのアルバム制作を担当する音楽プロデューサーが、SE7ENのまだ未発売のアルバムを受賞作品として選ぶという面白い展開に。「珍しいですよね、まだ発売していないのに…(笑)でも本当にBestなアルバムを作れるように頑張ります」と意気込み語るSE7EN。

プロデューサーの視点から見てSE7ENさんはどんな人ですか?とヒョンギから聞かれると、プロデューサーは「アルバムを制作する時はライブを意識するので、多ジャンルの楽曲を入れます。SE7EVNさんはそのどんな曲も歌いこなせる、自分の曲にすることができる方なので一緒に仕事をしていて楽しいです」と称賛を送った。その後はニューアルバムに収録予定の楽曲「No.7」をファンに初披露し、ファンの目と耳を楽しませた。

トークコーナーでは、ファンから募った質問に答えるという企画も。
「北海道で、みんなでキャンプとかどうですか?」との提案には「行きたいですね!以前、ファンの皆さんと沖縄でキャンプのイベントをする予定だったのですが、台風だったので出来ませんでした(笑)なのでまた、みんなで沖縄や北海道でキャンプとかをしたいです」と答え、「バラードだけのコンサートをやってほしいです」というお願いには「僕も昔からずっとやりたいと思っていましたが、皆さんは僕が踊らなくても大丈夫ですか?静かな雰囲気で僕が歌って眠くならないですか?絶対寝ないですか?(笑)わかりました。やります!約束します!」と宣言しファンを喜ばせた。

3つ目は「2017 Best Musical No.賞」の発表。俳優チェ・ドンウクとして主演したミュージカル「メイビー、ハッピーエンド」の「Goodbye My Room」が選ばれると、劇中のオリバー役の衣装を着たSE7ENがチェ・ドンウクとして登場し、受賞曲をパフォーマンスした。

最後のアワードは「2017 THE SE7EN’s AWARDS大賞」。「SE7ENさんが大きく活躍するのを助けた人物に送られる賞となります。」と紹介され、プレゼンターのSE7ENから「栄えあるグランプリは…LUCKY SE7EN(ファンクラブ名)の皆さんです!」と発表されると客席に大量の金テープが舞い降りる。
「皆さんがいなかったら、今のSE7ENはいないです。皆さんの応援が力になって、もっと頑張らないと!と思います。ありがとうございます。皆さん、大賞おめでとうございます!この受賞を記念して後ほど皆さんにプレゼントがありますので」とファンに拍手を送りつつ、「そんな皆さんに今日はご報告があります。9月に、今年2度目のライブが決定しました!」と大阪と東京で行われるライブのサプライズニュースを発表すると、会場から歓喜の声が挙がった。

授賞式後はミニライブへ。ブラックのレザージャケットにサンブラス、前髪を上げたクールで男らしい姿で再び登場したSE7ENは「Dangerman」「Somebody Else」を披露。堂々とした歌唱力とステージパフォーマンスに、身体を揺らしながら酔いしれるファンたち。ピアノの音色が特徴的な「僕が歌えなくても」を流暢で濁りのない日本語でしっとり歌うと「君が好きだよ」では客席を練り歩き、ファンと至近距離での交流を楽しんだ。「皆さん、僕と一緒に幸せになるために、いつまでも元気でいてくださいね」とメッセージを送ると、セクシーなダンスナンバー「Give It To Me」をパフォーマンスし、締めくくった。

アンコールではブレイクダンスを取り入れた「Passion」、さらに「We Need is Love」を会場のファンと共に歌い踊りながら、名残惜しさを残しつつステージの幕を閉じた。
ライブ終了後には、SE7EN自らが、大賞を受賞したファン1人1人へオリジナルのメダルを手渡ししながら感謝を示し、ファンを見送った。

取材:KOREAREPORT INC

写真提供:ARGS Productions
撮影 田中聖太郎
 
SE7EN FAN MEETING「THE SE7EN’s AWARDS & MINI LIVE」

日時:2017年7月7日(金)
OPEN: 18:00
START: 19:00
会場:中野サンプラザホール
公式HP: http://lucky-7.jp/


ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved