芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「JAPAN TOUR」VIXX“カリスマあふれるステージとアンコールのサプライズでファンに夢のような時間を!”「VIXX 2017 JAPAN TOUR 〜白昼夢〜」開催
日本でも活発に活動中の6人組アイドルグループVIXX(ヴィックス)が約1年3か月ぶりとなる単独コンサート「VIXX 2017 JAPAN TOUR 〜白昼夢〜」を7月15日千葉・幕張メッセ展示ホール9にて開催した。同公演は、7月11日名古屋公演からスタートし、東京公演のあと7月23日、7月24日の大阪公演まで行われた。

VIXXはユニークなコンセプトで、作品毎に華麗な変身を遂げ、韓国デビューから5年、多くの魅力を見せてきた。昨年は年間プロジェクト「VIXX 2016 CONCEPTION」として、ギリシャ神話に登場する運命と破滅の神である“Ker”をキーワードに、「Zelos」、「Hades」、「Kratos」の3部作を通じて様々な音楽と壮大なストーリーを表現し注目を集めた。今年は、日本の3都市・東名阪でのファンミーティングで述べ1万5000人のファンを魅了し、韓国では、「桃源境 (桃源郷)」というアルバムをリリース。また、VIXXの韓国デビュー5周年を記念する「VIXX V FESTIVAL」の一環として、5月に韓国で「LIVE FANTASIA 白日夢」を開催した。

この7月、日本デビュー3周年を迎えたVIXX。
日が傾き、この日2度目の公演には彼らの幻想的なステージとパフォーマンスを見ようとたくさんのファンが開演を心待ちにした。
客電が落ち、スクリーンには、リビングのソファで昼寝するメンバー達の姿が映し出されたが、突然メンバーの目の色が変わり、雰囲気は一変。
ステージ奥が開き、白いスーツのメンバーが進み出る。赤い照明に照らされ「Fantasy」から、ライブがスタート。壮大な音楽とキレのあるダンスに、会場からは歓声が上がり、続く「Desperate」のセクシーなダンスでは黄色い声が鳴り止まず、最初の2曲で、会場のボルテージは一気に上がった。

「皆さんこんばんは〜。僕たちはREAL V!V・I・X・X、VIXXです」と声を揃えてあいさつ。「ファンの皆さんから(自己紹介)どうぞ〜」とエンが会場の笑いをとってから、メンバーの自己紹介へ。
今回のコンサートタイトルについて「皆さんに夢の時間をあげたくて、“白昼夢”にしました」とエンから説明されるとラビの「一緒に1、2、3!ダイナマイト〜!」でライブを再開させた。「ダイナマイト」「B.O.D.Y」とファンのコール&レスポンスも決まり、会場は、一体感を増した。

スクリーンのリビングでメンバー達が(後ろ姿の)彼女と仲むつまじく過ごす映像にドキドキしていると「Good Night&Good Morning」へ。
赤いシャツに黒のスラックスで、ステージの2階部分に並んだスタンドマイクでミディアムバラードをしっとり歌い、「ロマンスは終わった」では、歌唱力を存分に見せつけ、会場を魅了した。

ここまでは「映像とステージで、愛と別れを表現してみた」と説明するエン。
ケンは「ステージのロマンスは終わりましたが、皆さんとのロマンスは、まだですよね?」と甘い言葉をかけ、ファンをメロメロにした後、「終わっちゃうなんて、ひどいじゃ〜ん」と、最近のケンの流行りである「ひどいじゃ〜ん」を連発し、笑いを提供した。
さらにエンから、ケンが出演したミュージカル「ハムレット」の曲をリクエストされると、マイクを遠ざけ、声楽のような迫力のある歌声を披露し、拍手喝采を受けた。
先日行われたエンの誕生日ファンミの話から、7月5日が誕生日だったヒョギの話題に。
メンバーが「ヒョギ〜!」と叫んだ後、ファンが「誕生日おめでとう〜!!」とお祝いすると、ヒョギはお礼にカバー曲の甘い歌声をファンにプレゼントした。
レオのミュージカルの話題になると、見に行った人が手を挙げてくれたのを見たレオが「これからも応援してください」とお願いし、同じミュージカルでもケンとは雰囲気が違い、優しく透き通る歌声を披露した。その歌声に感動して泣く真似をしたラビが、うっとりしていたファンを笑わせた。
ドラマ「水曜日午後3時30分」に出演したホンビンは、レオからは「キスシーンみたよ」と突っ込まれ、「そういうことは、(9月の)試写会で詳しく話したい」と話をそらしつつ、イベントの告知をした。
ラビは、オーストラリアで開催された「RAPBEST SHOW」に出演したことを語った。
それぞれメンバーの個人活動の話題が終わると、ホンビンが「僕たち、近づいてみましょうか?」と語りかけ、昨年のアルバム「Kratos」のタイトル曲「The Closer」に。
次の「Love Me Do」では、ステージ2階部分、2階へ上がる階段、メインステージにとメンバーが散り、妖艶なダンスを繰り広げた。

スクリーンにメンバーそれぞれが異なる世界にいて、今までのVIXXの変遷を見ているかのような映像が流れる中、最後に“桃源鏡”の文字が浮かび上がるイントロダクションから、今年5月発売の4thアルバムからタイトル曲「桃源鏡」を披露。
美しい歌詞に載せた扇子を使った華麗なパフォーマンスで東洋ファンタジーを表現し、コンセプトドルの本領を発揮した。同アルバム収録曲「Black Out」では、男性的でセクシーな姿とセクシーな歌詞がひとつになり、彼らの魅力を爆発させた。
熱気冷めやらぬ会場に「ここを花の風で、いっぱいにしてみたいと思います!」とケンの言葉から、桜の花びらが舞う映像をバックに「花風」を歌い、会場を爽やかな雰囲気に変えた。
コンサートでのメンバーそれぞれのカリスマあふれる映像が終わると、「傷つく準備ができてる」「Chained up〜Japanese ver.〜」とVIXXの数ある代表曲の中でも、「僕たちにとって意味ある曲であり、VIXXの色を作ってくれた曲だ」とエンが語る2曲を披露した。
ライブもラストに近づいて、ここで、メンバーから、ファンへ言葉を贈る。
ヒョギ「今日も1日に2回も会えて幸せでした。いつも楽しい音楽、ステージをお見せできることができ、皆さんにエネルギーを与えることができるVIXXになりたいと思います。期待してください」
ホンビン「僕たちが2公演やっても疲れないで、できるのは皆さんのおかげです。皆さんに報いるために、皆さんが疲れないように、かっこいいステージでがんばっていきたいと思います。ありがとうございました」
レオ「今年は日本(デビュー)3周年でした。皆さんのそばで歌います。ありがとうございます」
エン「今日も皆さんのおかげで、良い思い出を作りました。皆さんのおかげで幸せです。皆さんも?皆さんは家族だから、いつもそばにいてください。僕も皆さんのそばにいます」
ケン「皆さんのおかげで幸せでした。赤ちゃん(ケン独特のファンを呼ぶ呼称)の皆さんと一緒に過ごせて良かった。素敵な思い出を作ることができて、うれしいです。赤ちゃんたち!そばにいてあげる。愛してるよ。食べてください」とたっぷり愛情表現したケンに「かわいいー!!!」とファンの絶叫が会場に響く。
ラビ「毎日応援してくださって、ありがとうございます。僕は日本語、本当に上手だけど今日は、真心こめて言うために韓国語で。(笑)ここから見ていると皆さんのまなざしがよく見え、エネルギーを感じることができます。いつ来ても同じように迎えてくれて、輝いてくれて、ありがとうございます」
ライブ終盤を残念がるファンに、エンから9月27日日本でのアルバム発売の告知があり、「去年6月以来なので、ドキドキしています。皆さんが気に入ってくれるか、心配もありますが、一生懸命作った曲なので、期待してください」レオからは「メンバーの曲もあるから」と追加の情報も。
続いてエンが「今日も僕たちが輝けるように、明るい光を作ってくれたSTARLIGHT(VIXXのファンの名称)!皆さんの愛情と信頼に応えられるようにこれからも、がんばるVIXXになります」と宣言。
「また会いに来ます。信じてくれますよね?」とラビの語り掛けから、「Depend on me」「Error -Japanese Ver.-」の2曲でラストへ走り抜けた。

「サランへ」を繰り返し、アンコールを促す声に、ステージに戻ってきた6人は「別れの公式」を歌いながら、順番にステージから客席に降りた。
サプライズに喜ぶファンを前にメンバーは、客席のファンと目を合わせて歌ったり、ハイタッチしたりと、至近距離でファンとの交流を楽しみ、ステージに先に戻ったエンとケンが抱き合ったりと、どこを見たら良いの?という贅沢な演出で、最後を締めくくった。
名残惜しいメンバーは「もう一度!」と、何度もサビを繰り返し、会場と楽しんだ。
最後は、エンが「皆さん今日幸せでしたか?僕たちも、皆さんのおかげで、幸せでした」と感謝の気持ちをもう一度言葉にして、深くお辞儀をして、ステージをあとにした。

言葉の端々から、感謝の気持ちがあふれる人柄と、カリスマ溢れるXIXXのステージに、ファンはこれからも魅了されるのだろう。

取材:KOREAREPORT INC
写真提供:(C) Jellyfish Entertainment Japan



■VIXXオフィシャルファンクラブ
https://lovevixx.com/


●公演タイトル
VIXX 2017 JAPAN TOUR 〜白昼夢〜

●開催日時・会場
【名古屋公演】
2017年7月11日(火)
昼公演 14:00開場 / 15:00開演  夜公演 18:00開場 / 19:00開演
会場:日本特殊陶業市民会館 フォレストホール

【東京公演】
2017年7月15日(土)
昼公演 13:00開場 / 14:00開演  夜公演 17:00開場 / 18:00開演
会場:幕張メッセ 展示ホール9

【大阪公演】
2017年7月23日(日) 夜公演 18:00開場 / 19:00開演
2017年7月24日(月) 夜公演 18:00開場 / 19:00開演
会場:グランキューブ大阪 メインホール


▽HONGBIN主演ミニドラマ「水曜日午後3時30分」上映会イベント

上映会イベントではトーク、フォトタイム、そして全員とのハイタッチ会などでファンの皆さまとのホットな交流を予定しております!


◆日時・会場
2017年9月10日(日) 東京・品川インターシティホール
1回目:開場11:30〜/開演12時〜
2回目:開場14:30〜/開演15時〜
3回目:開場17:30〜/開演18時〜

◆出演
HONGBIN(VIXX)

◆チケット
4,500円(税込み 全席指定)ドリンク代金別

●VIXX日本でのニューアルバム「ラララ 〜愛をありがとう〜」が9月27日に発売決定!
初回限定盤A(CD+DVD…ドキュメント1/レコーディングVer.):VIZL-1243/\2,778+税(\3,000税込)
初回限定盤B(CD+DVD…ドキュメント2/ビジュアル撮影Ver.):VIZL-1244/\2,778+税(\3,000税込)
通常盤(CD):VICL-64854/\2,037+税(\2,200税込)
収録曲:「ラララ〜愛をありがとう〜」を含む全8曲収録(※内3曲インスト予定)
詳細・最新情報はこちら http://www.jvcmusic.co.jp/vixx/
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved