芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「LIVE」SECHSKIES“韓国音楽史に残る 伝説のグループがついに日本上陸!初の日本公演でファンに歓喜と感動をプレゼント!”
1997年、韓国でデビューし、韓国音楽史にその名を刻んだ伝説のグループSECHSKIES (ジェクスキス)が遂に日本上陸!
昨年、16年振りのグループ再結成で電撃復活を果たし、韓国国内はもちろん、日本でも大きな話題を呼ぶなど、今でも変わらぬ人気を誇るSECHSKIESがデビュー20周年を迎え、7月19日「THE 20TH ANNIVERSARY -Japan Edition-」をリリースし、待望の日本デビューを果たした。

そんな彼らが7月23日(日)神奈川・YOKOHAMA BAY HALLにて、結成以来初となる来日公演「SECHSKIES JAPAN FANMEETING 2017」を昼夜2公演開催。

韓国の元祖スーパーアイドルとして圧巻のパフォーマンスとメンバー個人の魅力に迫るトークやゲームで多くのファンを歓喜と感動の渦に巻き込んだ。

まさに、日本での初公演となる昼公演には長い間この日を待ちわびたファンが全国から集まった。
リーダー・ウン・ジウォン、イ・ジェジン、キム・ジェドク、カン・ソンフン、チャン・スウォンの5人がそれぞれ個性的な衣装でステージに姿を見せると会場には大歓声が響き渡り、熱気ムンムン。
日本語での自己紹介が終わるとMCの古家正亨の進行で椅子に座ってトークコーナーへ。
日本でのファンミーティングについて「ワクワクしている」という声が上がるとカン・ソンフンは「今日はヒップホップクラブのような会場で(ファンにみなさんと)近くで触れ合うことができるのでとてもうれしいです」と語った。
さらにデビューして20年、日本初公演にイ・ジェジンが「今日から僕たちは新人歌手として頑張ります」とジョークを交え、日本語で日本活動への意気込みを示した。
最近覚えた日本語について質問が及ぶとカン・ソンフンは「大丈夫さ」「生ビールさ」と答えるとチャン・スウォンは「日本語は難しいです」と日本語でコメント。
キム・ジェドクが「僕があなたを好きでいいですか」とファンをメロメロにするとウン・ジウォンは「すみません。いくらですか?」を披露し、会場の笑いを引き出した。
MCの「日本語は完ぺきでしょう?」 の言葉にイ・ジェジンが「そんなに実力はないですけど」とネイティブな日本語で応えるなど、会場を沸かした。
日本でのアルバムリリースが夢だったという彼ら。同アルバムは日本のiTunes K-POPアルバムランキング2位を獲得。
ウン・ジウォンは「再結成してYGからアルバムを出して、そして日本でファンミーティングをしていることが夢のようです。ここに来てくださったみなさんのおかげだと思います。僕たちもがんばりますのでこれからも応援お願いします」と感謝と喜びを伝えた。

続いて写真を見ながらの近況トークの後はゲームコーナーに突入!
「THREE WORDS で他己紹介」では楽曲「THREE WORDS 」にちなみ、自分以外のメンバーを「3つの単語」で紹介するというゲーム。
「イケメン」「頼もしいアニキ」「おばあさん」「アヒル」「露出狂」など迷回答や珍回答が飛び出し、会場は爆笑の連続。
さらに「BLACK KIES VS WHITE KIES」ではウン・ジウォン、イ・ジェジン、キム・ジェドクの“BLACK KIES”とカン・ソンフン、チャン・スウォンの“WHITE KIES”が豪華賞品を賭けて対決。
ウン・ジウォンとカン・ソンフンに事前に回答してもらった質問をチームで答えていき、より正解が多かったチームが優勝するというもの。
「好きな色は?」から「今一番ほしいものは?」までのそれぞれ10問を出題。
“BLACK KIES” ウン・ジウォンに関する問題に流暢な日本語で応えるイ・ジェジンとキム・ジェドク。ヒントをもらいながら4問正解。これに対し、“WHITE KIES”の回答者がチャン・スウォン一人というので急遽イ・ジェジンが助っ人に入ることに。
すると、「僕たちが答えて正解したら僕たちのポイントに」と無茶なお願いをするウン・ジウォン。
なぜか、“WHITE KIES”カン・ソンフンの問題に4人で答えるという展開になると、メンバーもファンも大盛り上がり。
結果はチャン・スウォンの正解が1問で、“BLACK KIES”が見事勝利。
賞品のビールセットは生ビールが大好きだというイ・ジェジンの手に贈られた。

抱腹絶倒、大盛り上がりのトークコーナーのあとは「みなさんのためにスペシャルなステージを用意してきました」とスペシャルステージが始まる。

グループカラーのイエローのペンライトで黄色い海と化した会場。
ライブが「COM' BACK」からスタートするとファンの掛け声も日本初ステージとは思えないほど、息ピッタリ!
「今日は最後まで盛り上がりましょう!」とウン・ジウォンの呼びかけで最新アルバムの収録曲「BE WELL -Japanese Version-」「THREE WORDS -Japanese Version-」「SAD SONG -Japanese Version-」を初パフォーマンス。
アップテンポな楽曲からバラード曲を披露すると会場は最高潮に。
おなじみの楽曲「COUPLE」でファンのボルテージをMAXまで引き上げると怒涛のごとくラストまで牽引。
16年のブランクを感じさせない圧巻のパフォーマンスにファンも歓喜と感動の無限ループ状態。

最後に「今日は来てくれて本当にありがとうございます 。みなさんに会えて本当にうれしいです。これからもよろしくお願いします(イ・ジェジン)」「本当に楽しかったです。みなさん、また会いましょう!(キム・ジェドク)」「みなさん、楽しかったですか?僕もすごく楽しかったです(チャン・スウォン)」「みなさん、日本語の歌はどうでしたか?これからも日本のファンのみなさんと素敵な時間をすごしたいです。よろしくおねがいしま〜す(ウン・ジウォン)」「本当に楽しい時間でした。もっとカッコいい姿で戻ってきますのでこれからもよろしくお願いします(カン・ソンフン)」とそれぞれ日本語であいさつし、本編を締めくくった。

アンコールに応えて再登場したSECHSKIESが「キオケジュレ(覚えてくれる)」を披露するとファンも大合唱。

ライブでは自然にメンバーと声を合わせるファンの大合唱が続くなど、同公演は日本のファンの一日千秋の思いが成就したイベントとなった。

2000人を動員し、横浜公演を大盛況で終えたSECHSKIESは9月3日(日) なんばHatchにて開催される大阪公演への大きく弾みをつけた。

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

【ライブ情報】
《SECHSKIES JAPAN FANMEETING 2017》

●2017年7月23日(日) 神奈川県 YOKOHAMA BAY HALL
OPEN/START:13:00/14:00 OPEN/START:17:00/18:00 ※2回公演
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888

●2017年9月3日(日) 大阪府 なんばHatch
OPEN/START:13:00/14:00 OPEN/START:17:00/18:00 ※2回公演
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888「SECHSKIES JAPAN FANMEETING 2017」

■チケット料金
スタンディング 6,800円(税込)
※整理番号順の入場となります
チケット詳細
http://ygex.jp/sechskies/live/tour.php?id=1001013


【WEB情報】
●SECHSKIES JAPAN OFFICIAL HP
http://ygex.jp/sechskies/

●YG ENTERTAINMENT OFFICIAL HP
http://www.ygfamily.com/

● SECHSKIES OFFICIAL FACEBOOK PAGE
https://www.facebook.com/OfficialSECHSKIES

● SECHSKIES OFFICIAL YouTube channel
https://www.youtube.com/c/officialsechskies




ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:ffff  投稿日:2017-08-26 01:54:14  [修正]  [削除]
憶えるが正解ですよ。記憶だから。
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved