芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「ファンミーティング」パク・ヒョンシク、日本ファンミーティングで ファンたちと再会を約束!!
「花郎(ファラン)」、「力の強い女ト・ボンスン」など話題のドラマに立て続けに出演し、韓国内外で俳優として人気急
上昇中のパク・ヒョンシクが、8 月 29 日にてファンミーティングを開催。チケットは定員
を大幅に上回る申し込みがありプラチナチケットとなった。

ダメージデニムに黒のジャケット姿のヒョンシクがステージに登場すると『力の強い女ト・ボンスン』のOST『その人
が君で』からスタート。抜群のルックスと持ち前の歌唱力でシックに歌い上げ、客席は早くもうっとり。「皆さんこんに
ちは。パク・ヒョンシクです。お久しぶりです!」と日本語で挨拶しトークがスタート。今回約 1 年ぶりの来日となった
ヒョンシクは、写真や映像を見ながら近況を伝えた。初の主演ドラマとなった『力の強い女ト・ボンスン』撮影エピソ
ードや、7 月にソウルで行われたファンミーティングの話などを時には立ち上がり、身振り手振りを加えながら楽しそ
うに話してくれた。その天真爛漫な姿でファンたちも序盤からすっかり彼の虜。自身が高校生の頃からファンである
歌手パク・ヒョシンの話が出た際には、パク・ヒョシンがカバーし韓国で大ヒットした『雪の華』の韓国語バージョンを
即興でワンフレーズ歌って聞かせてくれるという嬉しいサプライズもあった。

続いて、事前アンケートの結果を見ながらのトーク。ファンになったきっかけの作品では、ヒョンシクも順位を予想し
ながら各ドラマでの思い出を話した。4 位『花郎(ファラン)』撮影時は真夏の暑い中で韓服を着てカツラをかぶり、剣
術をしたり馬に乗ったりと大変だったと話し、3 位の『家族なのにどうして』では先輩たちに囲まれて俳優としてとても
成長した作品だったと振り返った。その年の KBS 演技大賞で新人賞を受賞したことについては本当に驚いたと話し、
授賞式での姿を再現して見せ笑いを誘った。またアンケートの結果『力の強い女ト・ボンスン』を抑え『上流社会』が
1 位になったことが意外な結果だと驚きを隠せない様子も見せた。各ドラマの名場面を映像で振り返りながら「『家
族なのにどうして』では豆腐をぶつけられたりがむしゃらに頑張っているような役でしたが、今ではいい服を着てい
い家に住み、位の高い役をできるようになりました(笑)」と冗談めかして話した。

2 部では赤いニットに着替えて『花郎(ファラン)』の OST『ここにいるよ』を歌いながら登場。客席参加型のゲームコー
ナーでは、ヒョンシクの好みを当てる 2 択クイズを実施。ヒョンシクと違う答えを出し続けた“ヒョンシクのことが好きだ
けど意見が合わない”ファンを選抜するという一風変わった趣旨。最後まで残った 5 人のファンはステージへ上がり
ヒョンシクとバッグハグ、壁ドン、手をつないで歩くなどドラマのワンシーンを再現しながら、グッと距離を近づけた。
またファンからのリクエストを叶えるコーナーでは、今日の気分を絵に描いて絵心を発揮したり、今回チケットを取
れなかったファンの為に次はもっと大きな会場でのファンミーティングをすると、次回の来日を約束しファンたちと韓
国式の指きりをした。

その後は手持ちの携帯で自由に撮影 OK なフォトタイムが設けられ、集まったファンたちへのスペシャルなプレゼン
トとなった。ファンはもちろんヒョンシク自身もイベントをとても楽しんでいた様子で、「もう終わらなければいけない時
間ですか?」と名残惜しそうにしながらも、最後は手紙の朗読。集まったファンへ直接感謝の気持ちを伝えた。アン
コールでは平井堅の『瞳をとじて』を熱唱し、完璧な日本語の発音と心のこもった歌で感動させた。また参加者全員
とのハイタッチも行い、最後まで一人ひとりの目を見てファンたちを見送った。歌もトークも愛嬌も人柄も何もかも完
璧なパク・ヒョンシクの魅力を一層知ることとなった充実のファンミーティングであった。



【公演概要】
「2017 PARK HYUNG SIK FANMEETING IN JAPAN 夏の日、僕らの一歩」
開催日時:2017 年 8 月 29 日(火) 開場 17:30/開演 18:30
会 場:東京・なかの ZERO 大ホール
主 催:株式会社フラウ・インターナショナル



パク・ヒョンシク、日本ファンミーティングで
ファンたちと再会を約束!!




【PROFILE】
パク・ヒョンシク(PARK HYUNG SIK/박형식)
生年月日:1991 年 11 月 16 日
デビュー:2010 年「Nativity」(ZE:A)
主なドラマ出演作:「相続者たち」(2013)、「家族なのにどうして」(2014)、「上流社会」(2015)、
「花郎(ファラン)」(2016)、「力の強い女ト・ボンスン」(2017)

受賞歴
2013 年 MBC 放送芸能大賞 バラエティ部門 新人賞
2014 年 KBS 演技大賞 新人演技賞 ベストカップル賞
2015 年 SBS 演技大賞 ニュースター賞 ミニシリーズ部門 優秀演技賞
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved