芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「メディア発表会」FTISLAND イ・ホンギ、自身がプロデュースするアパレルブランド「SKULL HONG」ポップアップストアで新作をPR!セブンネットショッピングでも販売スタート
人気グループFTISLANDのイ・ホンギがプロデュースするアパレルブランド「SKULL HONG」が、9月29日セブンネットショッピングで正式流通がスタートした。それを記念したポップアップストアが東京・恵比寿にて9月30日10月1日、2日間のみ限定オープンとなった。初日にはイ・ホンギが直接店舗を訪れ、ファンも見守る中ブランドのコンセプトや新商品について説明した。当日ストアには朝早くから多数のファンが詰めかけ賑わいを見せた。

新作を身に着けて登場したイ・ホンギは、「昨日1ヶ月の全国ツアーを終えたFTISLANDのイ・ホンギです」とあいさつし、自身のブランドについてや新商品について語った。もともとファッションに関心が高かったことから、自分のブランドを作ってみたいと2014年に誕生した「SKULL HONG」。当初を振り返ると「商品についてクレームもあったし…(笑)あとはサイズの問題とか。そういうことも考えながら、素材もいいものを使いたいと思うようになったり。絶対いいものを使いたいと思って作っています。制作費は100%自分ですから。事務所は1円も出してないよ(笑)」と話し笑いを誘った。

続いてF/Wコレクションのパーカーやジャンパー、キャップ、リュックなど、ディテールに凝った商品を紹介。新作に多く使われたベージュの色に合うようにと、「今回のポイントカラーは青です。ベージュに青が涼しい感じがして」と明かした。イ・ホンギの口癖だという「COME ON」というワードをデザインしたアイテムの他、大きな顔が描かれたPOKER FACEシリーズに関しては「僕は絵がすごく下手なんですけど(笑)人間の顔を簡単に描こうと思って作りました。めっちゃ簡単に描いた絵をデザインチームがもっと可愛くしてくれました」と説明。このシリーズは人気が高いと言い、「だから次のシーズンにも使おうかなと考えています」と意気込みを示した。また「S」と「H」というアルファベットが大きく描かれたアイテムについては「皆(メンバーの)スンヒョンじゃないの?って言うけど関係ないよ(笑)」と笑いを誘い、「SKULL HONG」の「S」と「H」であると紹介。イ・ホンギ自身も「好きでいつも使っています。めっちゃ楽だし、これも中が青になっています」と語ったリュックは、ネットでは早くも完売となっている人気商品。これもポップアップストアでは購入が可能だという。

記者からの質問タイムでメンバーの反応について聞かれると、「メンバーは(ブランドに)ぜんぜん興味ない」と即答すると記者たちは爆笑。「でも今回の商品を見てスンちゃんとジェジンは1個ちょうだいって言ってました」と笑った。さらに製作過程での難しい点として「た
くさんの素材や色があって、それを全部触りながら決めていくのが大変ですね。それでサンプルができてきたらイメージと違っていたりすることもあるし。でも今かぶっているキャップはその逆で、サンプルを見る前は、『“SH”と書いてあるとスンちゃんと思うだろうからやだな(笑)』と思ってたんですけど、でもサンプルを見たらこれがいい!と思いました」とエピソードも披露した。さらに「僕のブランドが韓国のドラマとか、テレビで目にすることがあったらめちゃくちゃうれしいです、ハッハッハッて感じ(笑)」と笑顔を見せた。

今回のシリーズは9月29日よりセブンネットショッピングで購入可能となっており「正直よく分からないですけど、うれしいし、ありがたいと思います。ブランドを知らない人にも一回でも見てもらえたらいいと思います」と語った。「楽だし、可愛いデザインになっています。若い人、お姉ちゃん、お兄ちゃん…皆に着てもらえると思います。皆さんに見てもらいたいです!」と今回のコレクションの魅力をPR。

今回初めてポップアップストアを訪れたというイ・ホンギは「変な気分ですけど…でも自分のショップも作りたいんですよね。作ってみようかな?」と述べ、今後のファッション事業にさらなる期待を持たせた。最後にイ・ホンギは「今外にたくさんの方が待ってくれていると思うのですが…ネットじゃないところで実際見れるというのはやっぱりいいですね。僕は音楽もファッションもどんどん経験しながらやっていくのが好きなので、これからまたいいものを出します!気になったら買ってください!」とアピールした。

ブランドサイト:http://jp.skullhong.com


取材:KOREAREPORT INC




ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved