芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「ファンミーティング」クォン・サンウ、会場を全力疾走!白熱のファンミーティング「Kwon Sang Woo The Stage 2017」開催
今年、3年ぶりのドラマ復帰となった作品「推理の女王」が視聴者の心を掴み、早くも続編となるシーズン2への出演も決まっている、韓国実力派俳優のクォン・サンウ。そんな彼が2014年から毎年開催しているファンミーティングのため、今年も来日。9月16日(土)に兵庫県 あましんアルカイックホール、そして9月18日(月・祝)に東京・中野サンプラザで「Kwon Sang Woo The Stage 2017」と題したファンミーティングを開催し、ファンとの交流を楽しんだ。

短いビジュアル映像が終ると、ステージ奥の扉がひらき、クォン・サンウが登場。
カジュアルなジャケットスーツに、ピカピカなホワイトスニーカーというスタイルで登場し「日本の皆さん、お久しぶりです」とソフトな声であいさつをすると、ファンからは温かい拍手が沸き起こった。話題のドラマ「推理の女王」についてのトークコーナーでは、「韓国のドラマを撮っていて大変なことは、台本が、直前に出来上がることが多いので、後半の撮影が本当に苦労します。ただ、今回の撮影は作家さんたちが良い台本を書いてくださり、出演者たちも忙しい中お互いを気遣っていたので、本当に、雑音なく撮影を終えることが出来ました」と撮影を振り返りつつ、「とても良い雰囲気だったのでシーズン2をやりたいと思っていました。チェ・ガンヒさんがやるなら僕もやりたいと。チェ・ガンヒさんの方も、クォン・サンウさんがやるなら私もと思ってくださっていたようなので、それが叶って良かったです。多分、韓国の地上波ドラマとして、シーズン2が作られるのは初めてだと思います」と仲の良さを明かした放送は来年早々になりそうとのこと。「ドラマの性質上、シーズン1では男女のロマンスはあまりなかったのですが、シーズン2ではありそうなので、どうか楽しみにしていてください!」と甘いロマンスを期待させた。また、韓国で来年1月公開予定の映画「探偵なふたり2」の話では、「共演者のソン・ドンイルさんとは1のときよりもさらに息を合わせることが出来ましたので、面白い仕上がりになっていると思います。また、エンディングのエピローグに、俳優ではないのですが、ものすごく意外な人物が登場します。そちらの方も合わせてお楽しみください」と気になる発言で、映画をアピールした。

話題が数量限定で発売された過去3年分のファンミーティングの様子をまとめたDVD & Photobookの話になり、MCから「昔から全然変わらないですね」と声をかけられると「皆さんにお会いするために今日の朝はシートマスクをしてきました。水分が何と言っても大事ですから!ちなみに今日はお昼にもシートマスクをしてきました」と徹底的な肌管理について言及。MCから「ちなみに自分で貼りますか?メイクさん?」と質問され、「自分でつけます!」「どんな順番から?」「コツは1回でパタッと貼ることです。額に合わせて、鼻のところは浮かないように気をつけてパタッと!あと、注意事項があります。うっかりしたまま眠ってしまわないように、20分後には必ず剥がしてください!」と力説する真面目なクォン・サンウの姿にファンからは笑いが起こった。俺の一品と題したコーナーでは、クォン・サンウのお気に入りのものを紹介。人生で一番面白かった映画には、小学生の時に観たというアル・パチーノ主演の「スカーフェイス」をあげ、また「ノッティングヒルの恋人」も好きで、年を取る前にヒュー・グラントが演じた役のようなものを演じてみたいと抱負を語った。好きな雑誌には「GQ」、好きなゲームはサッカーゲームの「ウィニングイレブン」、好きなおふくろの味は「カワニナ(貝の一種)のスープ」をエピソードとともに解説した。

素晴らしきかな、人生!のコーナーではファンから募集した、人生で一番うれしかった出来事と悲しかった出来事をクォン・サンウと一緒に共有するコーナー。旦那さんからの愛のある言葉、おっちょこちょいだけど何故か憎めない元気いっぱいの婿嫁との出逢いなど、心温まるエピソードで会場が温まる中、悲しかったエピソードになると、大病になってしまったこと、愛する者との死別などのエピソードが読み上げられ、涙するファンの姿も。クォン・サンウも静かに通訳を聞きながらうなずき、「人生を長く生きていると、お葬式に行くことが増えますよね。お祝い事は、忙しい時だとなかなか参加できないのですが、お葬式には少しでも、お悔やみになればという気持ちから必ず出席するようにしています」と自らの思いを語った。過剰に励ますことはしない。ただ、静かに、深く、そして隣に寄り添うかのようにファンとエピソードを交換する姿に、彼の思慮深さと、懐の大きさを垣間見たコーナーだった。

短いブレイクが終ると、心機一転、身体を動かすゲームコーナー「チャレンジ・サンウ」へ。1つ目のゲームは何と、鬼ごっこ!クォン・サンウが鬼となり、5分以内に当選した10名の逃げ回るファンをハグして捕まえるというもの。「皆さんはハグしてほしいと思うから、すぐに捕まえられると思う!」と意気込んでいたが、いざスタートすると、10名も本気モードで必死に逃げ回り、かなり苦戦するという事態に(笑)クォン・サンウも負けじと、全力疾走で会場を駆け回り、座席を飛び越えるなど、まるでアクションシーンを見ているかのよう。息切れしているのがヘッドセットマイクから漏れ伝わり、会場は自然に応援モードに。スタミナ切れで客席に座ったり、ファンの飲み物を飲んだりと、クォン・サンウの行動に会場中が白熱し、大興奮の時間となったが、最後は全員捕まり、無事に(笑)ハグされたのだった。その他にも、テーブルクロス引きや、ダンシングクイズなど、当選したファンはもちろん、全員が盛り上がれるゲームを催し、楽しい時間が繰り広げられた。

イベントのフィナーレは歌のパフォーマンスを披露。ドラマ「推理の女王」で披露された「嘘嘘嘘」などを歌いつつ、最後は「このような機会をとてもうれしく、ありがたく思っています。今は、映画(探偵なふたり2)を撮り終えてから来たので、気持ち的にはかなりリラックスした状態です。いつのころからか、作品活動を休まないのが目標となりました。韓国、日本、海外にいるファンのために1作品でも早く見せるというのが唯一の喜びでもあり、僕の原動力でした。撮影現場は過酷なこともありますが、日本に来ると皆さんが温かく迎えてくださるので元気をもらっています。皆さんのおかげで、僕はステージで歌うことが出来ます。僕は歌手ではないので、皆さんが居なければこのようなステージはなかったと思います。楽しい緊張を届けてくれるステージだと思っています。僕が知っている限りでは、年末に「推理の女王」のプロモーションイベントで日本を訪れる予定なので、今回はうれしい気持ちで韓国へ帰りたいと思います。『推理の女王 シーズン2』もたくさん期待して待っていてください」と力強く宣言し、最後はファンと共に「Etude」を歌い、ファンミーティングを大盛況で締めくくった。


取材:KOREAREPORT INC

写真提供: ©KWON SANG WOO Japan Official Fanclub 

「Kwon Sang Woo The Stage 2017」

日時 9月18日(月・祝)
会場 東京・中野サンプラザ
開場 14:00 開演15:00
主催 株式会社TIMO Japan
   クォン・サンウ ジャパンオフィシャルファンクラブ
企画・制作 株式会社TIMO Japan
協力 ソーゴー東京
制作協力・運営 Mdash (バッドニュース)

クォン・サンウ ジャパンオフィシャルファンクラブ
http://www.ksw-fc.jp/

ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved