芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「インタビュー」(part1)新生U-KISS、キソプ自作曲「FLY」を引っさげて始動! 「5人になってもカッコいいと言われるよう頑張ります!」
日本デビュー6年目に突入したU-KISSが放つ、約1年ぶりとなる日本14枚目のシングル「FLY」が10月11日(水)にリリース! ことし3月にケビンがグループを卒業し、新生5人組となったU-KISSの初のシングルとなる今作は、メンバーのキソプが作詞・作曲・編曲を担当したリード曲「FLY」。そして、2人組音楽ユニットのイトヲカシとして活動中の宮田“レフティ”リョウの作詞・作曲による「Beginning」、女性シンガーものでの作曲アレンジを多数手がけ、スヒョンのソロライブではバンマスを務めたBU-NI作曲アレンジの「Prologue」の新曲3曲が収録され、いままで支えてきてくれたファンへの感謝と、これからの彼らの前向きな想いが見える作品に。
そんな新生U-KISSの第一歩となる今作を引っさげ、5人で新たなスタートを切ったメンバーたち。リリースイベントや、リーダーのスヒョンが、兵役前最後となる可能性が高いと発表されたライブ「U-KISS LIVE EVENT 2017 ~Stay with U~」もスタートさせ、日本での活動を展開しているU-KISSの4人(ジュンは韓国での活動のため欠席)が、新曲にまつわるエピソードや今後の活動に向けて、率直な思いを語ってくれた。

−まずはキソプさん、9月に爆発事故でケガをされて、たくさんのファンが心配しました。こうしてもう活動されていますが、改めていまのコンディションを教えてください。
キソプ:めっちゃ元気です! ファンの皆さんがたくさん心配し、応援してくれたから、逆に申し訳ない気持ちでいっぱいです。本当はいいニュースで皆さんを喜ばせたかったのに、ケガしたニュースで皆さんを心配させてしまい、めっちゃごめんなさい。でも、いまキソプはめっちゃ元気です!
フン:良かったね。
キソプ:キソプに会うと、みんなが「腰大丈夫?」「ケガ大丈夫?」っていっぱい心配してくれるんですが、もう大丈夫ですから、安心してください!
−そうですね。キソプさんが元気に戻ってきて、日本での活動が始まりました。いよいよ「FLY」が11日にリリースされます。
一同:フーフー!(拍手しながら盛り上がる)
キソプ:夢が叶いました。
−スヒョンさんがソロライブで発表していたので、ファンも期待値が上がり、発売を楽しみにしていると思います。
スヒョン:発表したとき、反応がすごく良かったじゃないですか。「キソプが作った曲がタイトル曲です!」って言ったときの反応が。
キソプ:うわ〜。
スヒョン:スヒョンが歌うときより反応が良くて(笑)。
フン:すねているんです。
スヒョン:ちょっとだけね(笑)。でもうれしいことです。

−U-KISSの曲としては、初めてキソプさんが手掛けた「FLY」がリード曲になりましたね。
キソプ:ファンの皆さんがどう思っているのか、ドキドキしています。そして、心配もあるんですけど、たくさん応援してくれて、反応がすごく良いんで、僕も楽しみにしています。頑張ります!
スヒョン:初めてキソプの曲を聴いたとき、キソプが作った曲だって知らなかったんです。
イライ:キソプさんの曲だって誰も教えてくれなかったので。5曲ぐらい候補曲があって、その中にキソプさんの曲がありましたけど、キソプさんの曲を聴いたら、他の曲は耳に入らなかったです。だから、“もちろんコレが一番じゃない?”と。後でキソプさんの曲だと聞いて、ビックリしました。
フン:僕もこの曲いいなと思って、メンバーやスタッフさんに言ったら、“コレはキソプの曲だよ”って。キソプはすごいな、またもう一段階成長したなと思いました。
スヒョン:だから、みんながキソプの曲を気に入って、それをスタッフさんに話して、タイトル曲に決まったんで、僕たちメンバーもすごくうれしいです。今回、ファンの皆さんも、メンバーが作った曲を聴きたいっていう気持ちもあったし、パフォーマンスとかいろんな見どころもあるんで、いま僕たちも楽しく活動しています。
−「FLY」は特にどういう部分が気に入って、タイトル曲になったんですか?
スヒョン:新しい挑戦をしたかったんで、いままでのU-KISSの曲とはジャンルが違うというところですね。
フン:いままでのU-KISSとは違う雰囲気だから。
スヒョン:あと、やっぱりパフォーマンス見せたいという気持ちもあったし、個人的にはサビの部分のパフォーマンスがいいなと思っています。
フン:5人になったU-KISSが、もっと破壊力のあるパフォーマンスを見せるためには、こういうパワフルな音楽が必要だったんです。だから、キソプの曲が良かったし、早く見せたいと思いました。

−キソプさんは「FLY」をいつ作ったんですか?
キソプ:6月です。
−どういうことをイメージして作りましたか?
キソプ:最初はU-KISSがやったことのないジャンルということを考えて。そして、5人で初めてのシングルだから、ポジティブな内容の曲がいいなと思って、いままでの活動でつらいこともありましたが、ファンの皆さんがいつも僕たちの隣にいる、ということをちゃんと考えて、一緒にフライしよう、一緒に飛んでいこうって考えながら、この曲が誕生しました。
スヒョン:曲的にはすごくパワフルで、男らしい曲なんですけど、内容は希望に満ちていて、前へ進もうっていう、そのギャップがいいなと思います。
−曲はどれぐらいで完成したんですか?
キソプ:3日ぐらいで。いつもは曲を作るとき、2週間とかけっこう時間がかかるんです。でも「FLY」は、すぐにアイディアが浮かんだんです。みんなの特徴をちゃんと分かっているから、パートもキソプが考えて、それでちょっと早く出来ました。

−「FLY」は歌い出しがフンさんですけど、パート分けも全てキソプさんが考えて作ったということですね。
キソプ:みんなの声の雰囲気に合わせて、このパートは誰にしようということを考えて作りました。どんどん上がっていく感じで。
−その上がる部分というのが、スヒョンさんのパート「届け届け〜」の部分ですね。ファンの書き込みを見ていると、そのスヒョンさんのパートを絶賛する声がけっこうありましたね。
スヒョン:ありがとうございます! キソプが「ここは絶対スヒョン兄貴です」って言って。
−メンバーの皆さんは、本当はこのパートを歌いたかったという部分はなかったんですか?
スヒョン:(フンを見て)ありますね、フンさん。僕のパート。もっとやりたいパートはあったんじゃないですか?
フン:なかったですよ(笑)。キソプに任された部分をちゃんとやろうと思っていたから。
スヒョン:でも、変更した部分もちょっとだけあります。レコーディングをしてみたら、ここはほかのメンバーのほうがいいなっていう部分もあって、それをキソプに言ったら、「そうしよう」って。でも、キソプは怖いですよ。厳しい(笑)。
キソプ:こだわりがたくさんあって。レコーディングのとき、「それちょっと違います。こうしてください、お願いします」って。
スヒョン:僕のスタイルがあるのに、「ちょっとそれは違う」って(笑)。
イライ:ラップもですよ。僕も自分のスタイルがあるじゃないですか。それなのに、「もうちょっとこうして」って(笑)。
フン:でも、フンには「お〜、フンさん、全部いいよ!」って。
一同:ハハハ。
スヒョン:フンとキソプはスタイルが似ているんだと思う。あと、フンは上手いから。
フン:そんなことないです!
スヒョン:あ〜、じゃあ、フンには自分のスタイルがないから? ハハハ。
フン:僕には自分のスタイルがないです(笑)。
スヒョン:絶対あるよ!
フン:いまから探してみます。
スヒョン:俺も探してみるよ(笑)。

−ジュンさんはレコーディングのとき、どうだったんですか?
スヒョン:ジュンもけっこう、キソプはそんなに言わなかったような。
イライ:デモテープをもらったとき、ラップの仮歌をジュンが歌っていて。
キソプ:それ、僕、僕!
イライ:えっ! あの仮歌のラップ!? ジュンだと思ってた。ジュンと同じ声だったんで。(キソプに)ラップうまいですね〜。
キソプ:後で、また聴いてみて(笑)。
スヒョン:結局、ジュンとフンは早く終わってたから、イライとスヒョンにだけ厳しかったと思います(笑)。
キソプ:でも、みんなめっちゃプロフェッショナルだったんで、レコーディングはけっこう早めに終わりました。
スヒョン・フン:ありがとうございます、先生!

−PVもフルバージョンが公開され、真っ赤なフェラーリの前でのダンスや、メンバーの皆さんの表情が印象的で、「カッコいい」というファンの反応が多いですが、撮影エピソードを教えてください。
スヒョン:今回のPVは初めてオールロケで撮影をしたんですけど、やっぱり雰囲気がいままでとは違いますね。バックの景色とか、夜景とか。
キソプ:特に、最後「FLY」という文字が浮かび上がって、スヒョンさんが眺めている夜景が。
イライ:ニューヨークとか外国みたいで。
スヒョン:韓国で撮影したんですけどね。すごくキレイな映像で、ビックリしました。そして、メンバーそれぞれの魅力も出ていて。
フン:僕はめっちゃ走りました(笑)。
キソプ:何回ぐらい走ったの?
フン:たぶん15回ぐらい。しかも全力で。
イライ:それなのに、(仕上がった映像は)スローモーションで。
フン:めっちゃ遅いという。
一同:(大爆笑)

−15回も走ったのはどうしてですか?
フン:滑りやすい道だったから、少しずつ滑ってしまって。それで何回も走って、15回目に滑らないでちゃんとできたということです。
スヒョン:へぇ〜、知らなかった。
イライ:(フンが)一番大変でした。
スヒョン:僕はソロカットを撮るのに、そんなに時間がかからなかったですね。10分、15分で終わったんで。だから、監督さんに「スヒョンの分量、少なくないですか?」と聞いたら、「そうではなくて、スヒョンが上手いから早く終わったんだよ」って言われて。
フン:その後、10時間待ちました。
スヒョン:ハハハ。10時間待った後、最後にみんなでダンス部分を撮って撮影終了。それで、すぐ日本に来て、ソロライブをしました(笑)。
フン:でも、一番待ち時間が長かったのはイライだね。15時間!
イライ:朝、一番の撮影だったんで(笑)。待ち時間はゲームをしたり、寝て過ごしました。でも僕も、ソロの撮影は、スローモーションの映像なんですけど、2倍速で撮影したんで、早口でラップをするのが難しかったですね。
−キソプさんはPVもプロデュースをされたんですか?
キソプ:イメージを監督さんに伝えたりしました。フェラーリは仲の良いお兄さんに借りて。
スヒョン:なんで俺らに頼まなかったの?
フン:そう、俺の家にもフェラーリがあるのに。
イライ:フェラーリのフィギュアがね(笑)。

part2につづく

取材:KOREAREPORT INC

■リリース情報
アーティスト名:U-KISS
タイトル:FLY
発売日:2017年10月11日

収録内容
【CD収録】
1.FLY
2.Beginning
3.Prologue
4.FLY(Instrumental)
5.Beginning (Instrumental)
6.Prologue(Instrumental)

【DVD収録】
1.「FLY」Music Video
2.「FLY」Music Video Making Movie

形態、価格
<CD+DVD>
AVCD-83925/B 1,944円(tax in)
<CDのみ>
AVCD-83926 1,080円(tax in)
<mu-mo・イベント盤>
AVC1-83927 1,080円(tax in)

■U-KISSオフィシャルサイト
http://u-kiss.jp/
■U-KISSオフィシャルTwitter
https://twitter.com/UKISS_Japan
■U-KISSオフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/ukiss_japanofficial/


ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved