芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「ファンミーティング」俳優ナムグン・ミン“新たな素顔を公開!”「2017 NAMKOONG MIN SPECIAL FANEVENT」開催!
韓国俳優ナムグン・ミンが、11月25日(土)東京・渋谷区文化総合センター大和田さくらホールにて、「2017 NAMKOONG MIN SPECIAL FANEVENT」を開催した。

ナムグン・ミンは、ドラマ「キム課長」や「操作」で主演を果たし、10月に開催された「2017釜山ワンアジアフェスティバル」開幕公演の単独MCを務めるなど大忙しの人気俳優。日本でも2012年から毎年ファンミーティングを開催するなど、人気を誇っている。今年の5月以来約半年ぶりとなる日本ファンミーティングということで、会場には遠方から駆けつけたファンも多くみられた。

2部では、「アンニョンハセヨ〜」と、アースカラーで落ち着いたスタイリングのナムグン・ミンが、優しい微笑みを浮かべながら登場し、「多くの方にいらっしゃっていただき、とても気分がいいです。みなさんに良い姿をお見せできるように、一生懸命頑張りたいと思います」とあいさつ。

司会を務めた「釜山ワンアジアフェスティバル」について「初めてMCをした時は本当に緊張していたのですが、経験を重ねていくうちに緊張はしなくなり、楽しめるようになりました。」と報告し、「演技が本業ですけど、MCも良い経験になるので、オファーがくれば少しずつやっていきたいと思います」と司会への意欲を見せた。

そしてまずは”書き直すプロフィール <パーソナル編>”と題し、名前や生年月日から始まり、身長体重、趣味など、自身のプロフィールを書き直していくコーナーに突入。名前や生年月日を見て「これは確実ですね」と進めていく中、早速、身長177僉体重67kgとなっているプロフィールにバツを記入。「正確なのが好きなので」と言い、プロフィールより減ってしまうのに、”身長175.5僉体重66.5kg”と正直で細かな情報に書き直し、会場の笑いを誘った。

趣味・特技欄に書かれていたものに、次々とバツをつけていくナムグン・ミン。残ったものはバスケットボールのみとなり、「バスケットボールと家でビールを飲むことが趣味であり特技です(笑)」と訂正。元々書かれていた趣味・特技について、「25歳にデビューした時は合ってます。その時は趣味特技をたくさん書いていれば良いのではないかと思って書いていたんです」と明かし、ビリヤードは上手だとし、インラインスケートも乗ることができ、ギターは弾けるけど上手くはないと話した。

好きな女性のタイプの“友達のように気楽でいられる人”は、今でも変わっておらず、酒量は韓国焼酎1本だったが、少しずつ弱くなっている気がするとのこと。さらに、お酒を飲むと良く笑い、もっと酔うと寝てしまうと、打ち明けた。

また苦手なものについては、「だいたい苦手なんですけど…まず歌です。2番目にダンスです」とし、新たなプロフィール情報も追加。

“お風呂でどこから洗うか”という質問には、「頭から洗います」と話しだし、続けて石けんを取りだし洗顔、流して水を振り払うと、身体は左肩から洗い、そして最後は「右足で終わります」と、細かなシュミレーションで洗う順番を説明していき、ここでも正確さをみせた。

ファンからの“下着はどんなタイプか?”という突っ込んだ質問にも、「ぴったりしているボクサータイプ」とさわやかに答え、さらに「ジンクスがあって重要な時は黒を履きます。1つは青、もう1つは赤×青、それ以外は全部黒です。今日は当然黒ですよね。重要な日ですから!」と下着事情を告白する場面も。

好きな韓国の食べ物は、「作るのがめんどくさいけど何か食べたい時、ごはんとキムチとツナ缶、あと海苔があれば良いです!海苔にごはんをのせてそこにツナを乗せたら本当に美味しいです!」とオリジナルの食べ方を教え、日本の食べ物だと鉄板焼きが好きで、「日本に来たら必ず食べます!海鮮物、アワビが好きです」と語った。訂正や新情報が加わり、ナムグン・ミンの新たなプロフィールが完成した。

続いて“ミンとホットなデート!!”では、「ここは僕がよく行くお肉屋さんです!熟成されたお肉を使っているんですけど、ここのお肉屋さんは本当に美味しいです。ここはお酒は売っていなく、自分の好きなお酒を持ち込みすることができるんです。僕はロースをよく頼み、一緒にワインを飲みます!」と清潭洞のお肉屋さんを紹介したり、またソウル路7017では、ナムグン・ミンがコーヒーのCMを撮った場所ということで、CMを再現する一幕もありつつ、映像を見ながらソウルの街を案内した。



“2択クエスチョン!!”のコーナーでは、ステージを降り、客席に置かれたAとBのパネルの前まで移動しながら、恋愛に関する質問を悩みながら答えていった。恋愛する時に、”A.相手を束縛したい、B.干渉しない関係が理想”という質問には、Aを選び「束縛しないとダメですよね。ある程度束縛するから恋愛であって、自由にしてしまったらちょっと違いますよね」と自論を展開。

別れた恋人とは、”A.友達に戻れる、B.別れたらそれっきり”では、「男らしくBにします」とし、”A.恋人の浮気現場を目撃する、B.恋人に浮気現場を目撃される”嫌なのはどっち?という質問では、「どっちも嫌だけど」と迷いながらもAを選択。恋人とのペアルックは、”A.したい!、B.無理!”には、状況によって変わるとし、中間に移動。通路を移動する度にファンとハイタッチをしたりなど、ファンサービス抜群で、近い距離で触れ合い、ファンを喜ばせた。

次のコーナー“ネタ当てゲーム!!”では、芸人のネタやダンスなどを、ナムグン・ミンが映像を見てジェスチャーしていき、会場のファンが当てることができるか挑戦。ピコ太郎やブルゾンちえみなど、芸人のネタや、可愛らしいマルモリダンスなど、ポイントをしっかりとおさえてマネしていき、見事ファンを正解に導いた。最後のお題の志村けんの変なおじさんでは、ノリノリで踊り、”ダッフンダ”まで披露。「変なおじさんが僕のスタイルです(笑)」と気に入った様子を見せ、会場を笑わせた。

1チーム4名の抽選で選ばれたファンとおこなった”ジェスチャー伝言ゲーム”では、AチームBチームと、どちらにもナムグン・ミンが加わりゲームに挑戦。重要な1番手をナムグン・ミンが務めたものの、5番手のファンに直接ヒント出したりと自由なナムグン・ミン。
両チームとも3問正解し、同点となったため、ジャンケンで勝った4名には、ナムグン・ミンの私物やドラマ写真集に加え、サイン色紙がプレゼントされた。
楽しいコーナーの後には、歌ステージを披露。バラード2曲を心を込めた歌声で届けた。

最後に「みなさんを見ていたら、体力的に大変だったことも忘れるくらい、時間を忘れるくらい、本当に楽しい時間を過ごせて、とても気分がいいです。みなさんに、良い演技をお見せすることを約束したいです。心から演技をしていきます。またお会いできることを楽しみにしています!」とあいさつし、大盛況でイベントの幕を閉じた。



取材:KOREAREPORT INC


◆ナムグン・ミン公式モバイル http://sp.namgungmin.jp

ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved