芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「ファンミーティング」INFINITE “これからもずっとINFINITEのそばにいてください”「INFINTE スペシャルファンミーティング2017 in TOKYO」開催
シンクロ率99.9%の異名を持つダンスボーイズグループINFINITE。今年、日本ではリーダーのソンギュとLが単独ファンミーティングを行ったが、メンバー全員が集まるのは約1年3ヶ月ぶりとなった。来年は韓国で新しいアルバムを発売されることが発表され、今から多くの関心を集めているINFINITEが12月15日(金)に「INFINTE スペシャルファンミーティング2017 in TOKYO」を東京・国際フォーラム ホールAで開催した。

黒いスーツ姿の6人がステージ後方の階段から登場すると、会場はペンライトの白い光に包まれ、ファンからは大歓声があがった。オープニングは、中毒性のあるメロディと切ない歌詞が人気の「Back」、サビの「ネコハジャ」という歌詞が盛り上がる「Be Mine」の2曲からスタート。約1年3ヶ月ぶりとなる日本でのステージだが、ブランクを感じさせない一糸乱れぬダンスでファンを圧倒した。

久しぶりに日本のステージに立てたことにウヒョンは「気分がドキドキ!皆さんの顔を見たら僕の心がドキドキです!」と話すと、すかさずドンウがウヒョンの胸に手を当て心臓の高鳴りを、体を使って表現し会場を沸かせた。メンバー同士で楽しくふざけあう姿にファンもにっこり。

ソンヨルは「僕は今日のファンミーティングをずっと待ち望んでいました。ソンギュとLが日本で単独ファンミーティングをやるという話を聞いたときに僕は韓国で1人寂しくしていました。だから今日こうして皆さんとお会いできてとてもうれしいです!」と、喜びを爆発させた。

オープニングからテンションMAXのドンウは「ファンミーティングというのは出会いの場ですよね。2つのものが1つになるようにお互いに結束して出会えるというのは素晴らしいことだなと思います。だから僕たちも結束して韓国でカムバックしますので、皆さんも結束して僕たちを見つめてくれたらうれしいです」と、意気込みを語った。

続けて「Love of my life」と「Between me & you」の2曲を披露し、会場の熱もさらにヒートアップ。トークコーナーでは、会場に集まったファンからの質問に答える企画を用意。「キムチなしで生きていけますか?」と変化球の質問に「キムチがなくても生きていけるけどインスピリット(INFINITEのファンの愛称)がいないと生きていけません」とドンウが答えたのを皮切りに、「キムチがなくても生きていけるけどメンバーがいないと生きていけません(ソンギュ)」、「キムチがなくてもインスピリットがいなくても生きていけません(ソンヨル)」と各々思いついた答えを発表するという大喜利状態に。

「ファンミーティングの1部と2部の間は何をしていましたか?」という質問には「アニメ『ワンピース』を見ていました(ドンウ)」、「新しいドラマの台本を読んでいました(L)」とメンバーが答えるなか、ソンギュが「えぇっと僕は…」と話し始めるとメンバー全員から「寝てたでしょ!」と突っ込まれ、「はい、寝てました(笑)」と照れ笑い。

「サンタさんに何かお願いできるとしたら何が欲しい?」という質問にはソンヨルが「インスピリット(INFINITEのファンの愛称)の心!」と答え、隣にいたウヒョンが「以下同文です」とソンヨルに握手を求めた。「ソンヨルはやっぱり頭いいね〜!」と、Lもソンヨルの男前な回答を絶賛した。ほかにも「メンバーの健康(ソンギュ)」、「いつでもすぐにファンの皆さんに会いに行ける翼(ソンジョン)」、「ファンの皆さんとINFINITEの幸せな未来(L)」、「僕がサンタさんにエネルギーをプレゼントしてあげたい(ドンウ)」と個性豊かな回答が次々と飛び出した。

ほかにも「24時間」や「The Eye」、「고마워」など計9曲を歌い、ファンミーティングは終了。「僕は今年1人で日本に来てファンミーティングをしましたが、やっぱりメンバー全員揃うと本当にうるさいですし、賑やかで慌ただしいですよね。でもメンバーがいるととても心強いです。僕たちがINFINITEとしてステージで立てるように、皆さんがずっと待って応援してくださっていたことに本当に感謝しています。来年はもっと活発な活動と素敵なアルバムで皆さんの声援に応えたいと思います。(ここから日本語)今日は本当に楽しかったです!ありがとうございます!皆さん大好きです!」と、ソンギュが今日1日の感想を伝えた。

アンコールは「Waiting for the moment」で感動的なフィナーレに。6人が横1列に並び深々とお辞儀してあいさつするとファンからは温かい拍手と声援が送られた。6人体制となって初めてのステージにメンバーも多少なりとも緊張や戸惑いがあっただろうが、それを微塵も感じさせない圧巻のパフォーマンスに感嘆するばかりだった。

取材:KOREAREPORT INC

◆INFINITE OFFICIAL FANCLUB http://infinite7.jp/

ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved