芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「ファンミーティング」俳優パク・ボゴム、”ファンと過ごすクリスマスイブ!ボゴムサンタからのプレゼントいっぱい!”日本ファンクラブ発足記念ファンミ開催!
韓国ドラマ「恋のスケッチ〜応答せよ 1988〜」や「雲が描いた月明り」に出演し、韓国のみならず日本でも大人気の俳優、パク・ボゴムが、12月24日(日)千葉・幕張メッセにて、日本公式ファンクラブ発足記念ファンミーティング<Christmas Eve>を開催した。

1部ではトーク、2部では歌と、約3時間ものボリューム満点なイベントとなり、さらに終演後にはパク・ボゴム本人による来場者へのお見送りまでと、最後までファンとの特別な時間を過ごした。

ツリーなどで装飾され、クリスマス感満載のステージに、白のニットに黒のパンツ姿のパク・ボゴムが、「みなさん、こんにちは〜!」とあいさつし登場。大歓声で迎えられると「僕のことちゃんと見えてますか?」と手を振り、遠くのファンも気遣いながら、山下達郎の「Christmas Eve」を歌い、イベントの幕を開けた。

MCの古家正亨の進行による“ボゴムの時間”では、セルフカメラで撮ったという映像や写真を交えながら、自身についてのトークを繰り広げた。海外スケジュールがある時は、時間があればいろんなところに行くようにしているというパク・ボゴムは、北海道に行った際も、白ひげの滝など観光スポットに訪れたとのこと。「雲が描いた月明り」の記者会見で来日した際は、大好きだというお寿司を食べに行ったと話し、好きなネタはサーモンで、いなり寿司も好きだと明かした。日本で開催されたMAMAではプレゼンテーターとして参加したが、その際滞在先のホテルで「雲が描いた月明り」が放送されており、「ホテルでテレビをつけたら、僕が出てきたんです。とても不思議な感じがしました」とし、ドラマを見ながらスラスラと解説するパク・ボゴムの映像も流れ、その不思議な光景に会場には笑いが起こった。

まだ学生のパク・ボゴムは、先日大学4年生の最後の期末試験を受けてきたという。ケータイの待ち受けは学校の時間割だとし、大学1、2年生の時はスクールバスで登校していたため「5時40分くらいに起き、準備をして、6時30分に家を出たら、7時10分のスクールバスに乗れるんです。1年生の時は、月曜から金曜までビッシリ授業でした」と、毎朝早い時間での登校に苦労していたことを語った。日本滞在中の姿や、登校中の姿、紅葉の中を散歩する姿など、レアな映像も満載で、パク・ボゴムの素顔を垣間見ることができた。

“俳優の時間”では、事前にファンから募った「クリスマスを一緒に過ごしたいキャラクターは?」というアンケートの投票結果を発表。「のだめカンタービレ〜ネイル カンタービレ」、「恋のスケッチ〜応答せよ 1988〜」など、数々のドラマで魅力あるキャラクターを演じてきたパク・ボゴムだか、1位には「雲が描いた月明り」のイ・ヨンが輝いた。そして投票したファンの中から抽選で、DVDやOSTのCDなどドラマ関連グッズや、ボゴムの私物、さらには100枚ものチェキなど、たくさんのプレゼントが贈られた。

続いての “私たちの時間”では、ファンへのプレゼントを獲得するため、ボゴムが3つのミッションに挑戦。最初の”アイマスクをつけて絵を描く”ミッションでは、アイマスクをしたまま、制限時間内に3つの絵を描き、会場のファンが正解を当てることができればクリアとなるが、「絵下手なんですよね〜」と自信がない様子。慎重に絵を描きながら「難しい…」と言いつつも、ファンたちもすぐに分かるほど、すべて上手く書き上げ、ミッションクリアとなった。制限時間内にパク・ボゴムとフルネームで書かれた応援ボードを3枚以上持ってくることができればクリアとなる、”応援ボードミッション”では、パク・ボゴムが客席を駆け回り、時間ギリギリまで使い、たくさんのボードを集めミッション成功。

さらに弓矢を使って飾りを倒し、ゲットした飾りでツリーを飾りつける”デコレーション”では、5個以上の飾りを獲得できればクリアとなるが、1発目から矢を命中させ、見事な集中力で5つの飾りを獲得し、最後はツリーを可愛く飾り付け。すべてのミッションを成功したパク・ボゴムは、ボゴムサンタとなってソリに乗り、サイン入りのハートボールを客席に投げこんだ。さらに、「Jingle Bell rock」の歌のプレゼントも届けた。

2部では、きらびやかなジャケットを羽織ったパク・ボゴムが、1曲目に吉幾三の「雪国」、続いてBIGBANG D-LITEの「ナルバキスン」と、演歌ステージで会場を盛り上げた。黒のベロアジャケットに着替え、再び登場すると、ファンから勧められた曲の中から歌いたい。さらに徳永英明の「Rainy Blue」も披露し、観客を魅了した。「みなさんにプレゼントしたいという思いで歌いました」と、優しい歌声でd.earの「12月24日」を歌った後は、フォトタイム、会場のファンとの記念撮影で、またひとつ思い出を残した。「雲が描いた月明り」のOST「愛しい人」では、ファンを見つめながら心の込もった歌声を聴かせると、会場からは大きな拍手が送られた。

赤のチェックシャツに衣装を変えたパク・ボゴムは、ファンとの思い出のあるVIXXの「Love Letter」を熱唱。ラストはトロッコで会場を一周し、手を振ったりとコミュニケーションをとり、ファンを喜ばせた。

ファンからボゴムへの想いが詰まった映像がスクリーンに映し出されると、真剣な眼差しでじっと見つめるパク・ボゴム。「ありがとうございます。みなさんにとって大切な時間になったのならうれしいです。必ず今より成長した姿をお見せすることを約束します!良い年末をお過ごしください!」と感謝を伝えた。最後は「メリークリスマス!」と声をあげ、イベントの幕を閉じた。
写真提供:© BLOSSOM

取材:KOREAREPORT INC

■パク·ボゴム ジャパンオフィシャルファンクラブ : https://bogum.jp/

ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved