芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「ファンミーティング」パク・ユチョン(JYJ)“除隊後初のファンミでファンとの絆をよ り強く!5月ホールツアーも発表!
俳優で歌手のパク・ユチョン(JYJ)が 3 月 10 日(土)、3 月 11 日(日)の両日、 東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナにて開催された除隊後初 となるファンミーティング「2018 PARK YUCHUN FANMEETING & MINI CONCERT IN JAPAN ‘再会 remember the memories’」で日本のファンと 再会した。

約 3 年振りとなる日本でのイベントということで、ユチョンはファンミーティ ングとミニコンサートを準備し、集まったファンを魅了した。

公演初日同様、11 日(日)もユチョンとの“再会”を待ちわびたファンが全国 各地、さらに海外から会場に集結した。

会場が暗転すると、ステージ中央のスクリーンにはユチョンが心情を綴った手 紙が映し出され、場内には手紙を真摯に朗読するユチョンの声が広がった。

冒頭からユチョンの思いをしっかりと受け止め、会場をペンライトで真っ赤に 染めるファンたち。
ステージ中央の扉からユチョンが登場すると大歓声が沸き上がった。 ブラックのインナーとパンツにネイビーのジャケットを合わせた装いのユチョ ンは 秦基博の「ひまわりの約束」を感情込めて歌い上げ、オープニングを飾ると、 間奏では「今日は泣かないよ」とユチョン。

時折、手を振り、ファンの声援に応えながら「消せない思い」、「抱きしめて」 を韓国語で熱唱。 久しぶりに聴くユチョンの生歌にじっと聴き入るファンたち。

ユチョンは3曲歌い終えると「着替えてきます」と声をかけて、一旦退場。

3 年前の入隊前のファンミツアーのあいさつやその時の様子がクリーンに映し だされ、会場が当時の思い出に浸っているとMCのYumiが登場。

Yumiのリードで会場全体が声を揃えて「おかえり、ユチョン!」と呼び込むと 先ほどとは一変、ブルーのニットとデニムに白いスニーカーというカジュアル スタイルのユチョンが「ただいま!」とステージに。

「こんにちは、パク・ユチョンです」と日本語であいさつすると、日本のファンを前に、「今日は3曲ちゃんと歌わないといけないので集中していました」と 述べ、久しぶりのイベントに「こういった(ステージの)照明も久しぶりです」 とし、会場を見渡して「顔、全員見えてますよ。きれいでかわいい!」とファ ンを喜ばせた。

初日を終えた感想を聞かれると「昨日はすごく緊張して、緊張しすぎて怖い気 持ちがありました」と振り返り、「久しぶりのファンミーティングを終えて飲ん だビールは本当に美味しかったです(笑)」とユチョンスマイルを見せる一幕も。

「何でも読みます!ユチョンのザ・ボイス」と題した初のコーナーへ。

ユチョンに言って欲しい言葉を事前にファンから募り、ステージでユチョンに 読んでもらうというもの。

3月11日がお誕生日だというファンが選ばれると、ユチョンから「お誕生日お めでとう!」と直接お祝いされ、最高のプレゼントとなった。

また、彼が演じたドラマ「屋根裏部屋の皇太子(原題)」でのセリフが選ばれる と、腕を組んでドラマのシーンを再現し、「お・む・ら・い・す」を披露、「“す” がポイントでした」と笑った。

ファンから投稿された写真から 3 つを選び、グランプリを決定するコーナーで は韓国に初めて訪れ、一人でユチョンのドラマ撮影地を巡ったというファンの 写真や、ユチョンが入隊してから、毎日コツコツ貯金し、今日を迎えたという 貯金箱の写真、後は俳優ユチョンのファンになり、韓国語を勉強しながら、 韓国に一人でユチョンの映画を見に行き、韓国のユチョンファンと友達になっ たという写真が紹介された。 それぞれ素敵なエピソードに感動したユチョンは「エピソードがどれも感動的 で選べない」と3名ともグランプリに決定。 ユチョンとの2ショットチェキがプレゼントされた。

ここで、ファンからのメッセージボードがステージに登場するとメッセージを 読みながらトークを進めることに。 どんな役をしてみたいかとの問いにはゲーム「ゼルダの伝説」のゼルダを演じ てみたいとし、「深夜食堂」の大ファンなので、「絶対をやってみたい」と俳優 としての意気込みを示した。 続いてミニライブへ。 公演当日は3.11。 ライブに入る前に、ユチョンは「今日は東日本大震災から、7 年が経ちました。1日も早い復興を祈っています。復興に向け、僕もみなさんといっしょに応援し ます」と復興へエールを送った。

さらに「昨日も今日もみなさんと出会えて僕はまだ、まだやりたいこと、やっ てあげたいことがいっぱいあるんだと思いました。みなさんがいるから僕がい るという意味を今はわかっています。100 パーセントわかっています。頑張り ます」と前向きな姿を見せた。

今回の公演で初お披露目となる、ユチョンが作詞作曲した「再会」を情感たっ ぷりに日本語で歌い上げると、スクリーンには歌詞 が映し出され、会場は感動の波に包まれた。

「君のための場所」、「君の胸にある愛は」を韓国語で披露すると、「最後の曲です」と「最後のアルバムまで...」を熱唱し、本編が終了。

会場から「パク・ユチョン」コールが沸き上がると、衣装をチェンジしたユチ ョンが登場!

アンコールでユチョンの自作曲「いばらの道」、「君と春の日」の 2 曲を初披露 した。

「君と春の日」ではファンがオールスタンディングで迎え、会場一体に。
大盛り上がりの中、最後に「本当にありがとう!また、5 月にね。バイバイ!」 と名残惜しそうに大きく手を振るユチョン。

「外で待っているね。本当にありがとう!愛してる!」とファンに届け、ファ ンミーティングを締めくくった。

イベント終演後にはユチョンによるお見送り会も実施され、ファンはより近い 距離でユチョンを感じることができ、最高の思い出となった。

日本活動にも大きな注目が集まる中、ユチョンの更なる活躍に期待したい。

※写真は3月10日の公演より

取材:KOREAREPORT INC

《JYJ OFFICIAL SITE》 http://www.jyjjapan.jp



《2018 PARK YUCHUN FANMEETING & MINI CONCERT IN JAPAN SITE》

http://www.promax.co.jp/info/2018/yuchun2018fm/



《公演タイトル》
2018 PARK YUCHUN FANMEETING & MINI CONCERT IN JAPAN‘再会 remember the memories’

《東京》

【日時】2018年3月10日(土) 15:00開場 / 16:00 開演
2018年3月11日(日) 14:00開場 / 15:00 開演

【会場】武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
(東京都調布市西町290-11)
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved