芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「ファンミーティング」UNB“9人の色々な魅力を探しながら応援してください!”日本3都市公演を大盛況で飾る!
韓国のアイドル再起プロジェクト「THE UNIT」から誕生した9人組ボーイズグループ、UNB(ユーエンビー)が4月7日に1stアルバム「BOYHOOD」をリリースし、待望の韓国デビューを果たした。
本格的な活動をスタートさせたUNBが日本初来日となる大阪、名古屋、東京の3都市で「2018 UNB JAPAN 1st FANMEETING」を開催。
UNBは4月25日(水)、東京・ZEPP TOKYOにて昼夜2公演行い、日本での公演を大盛況で締めくくった。
当日は最終日ということもあり、多くのファンが詰めかける中、昼公演がスタート。
メンバーが公演中の注意を促すVCRの演出で会場の温度を温めると、次々とスポットライトに浮かびあがるメンバーの姿にファンの期待感が高まる。
ステージ中央の幕が落ちるとブラックスーツやブラックを基調とした衣装を身に着けたメンバーのジュン、デウォン、FeelDog、ウィジン、コ・ホジョン、マルコ、チ・ハンソル、キジュン、チャンの9人がドラマチックに登場!
1stアルバム「BOYHOOD」のダブルタイトル曲となる「感覚」を初披露し、完成度の高いダンスと共に情熱溢れるステージでオープニングから会場はヒートアップ!
続く「Dancing With The Devil」でさらに最高潮へと導くと、全員そろってあいさつ。
鳴りやまない大歓声の中、MC古家正亨の進行でトークコーナーへ。
「みなさん、こんにちは。僕はUNBのいたずらっ子、ラップ担当のマルコで〜す」「みなさん、初めまして僕はハンソルです。UNBでセクシーを担当しています」「みなさん、こんにちは。UNBでみなさんの為になんでもできるリーダー・FeelDogです」「初めまして、僕はリードダンスを担当しているホジョンです。よろしくお願いします」「東京のみなさん、元気ですか?僕は世界で一番かっこいい男?」「ジュン(ファン)」「オレはみんなのプリンスだ!(ジュン)」「みなさん、こんにちは。僕はUNBのメインダンスとギャップが魅力のウィジンです。よろしくお願いします」「みなさん、こんにちは。僕はUNBの甘い声、チャンです」「初めまして、UNBでボーカルとダンスと強い男、デウォンです」「僕はUNBのかわいい末っ子キジュンです」とメンバーの自己紹介が終わると今の心境を尋ねられたジュンは「この(熱い)雰囲気を保って最後までいきたいと思います!」と力強く意気込みを見せた。
日本でのファンミーティングについて「僕は3年くらいずっと東京にいたので懐かしいです。会いたかったよ」とFeelDog。
来日中に自由時間はあった?との質問にジュンは「30分あったので、みんなでドンキホーテに行って、買い物しました」と明かした。
続いて9人の個性や魅力に迫る「UNBのNO.1は俺だ!」のコーナーへ。
まずはメンバーから代表者を選び、お題に対して自分は何位かを答え、他のメンバーは代表者が何位かを予想するというもの。
最初の代表者はジュン。
ジュンへのお題は“あなたはUNBの中でおしゃれランキングは何位?”
ハンソルは「1位」と予想。その理由を「僕たちは部屋がいっしょで(ジュンは)服に関心が高いんですね。そして、何でもよく着こなして、何でも似合うからです」とし、さらに「ファッションの完成を決めるのは顔ですから」と称賛すると会場からは賛同の声が上がった。
ジュン自身も1位と書き、ファッションのポイントは「シンプルな中にもポイントが大事」とコメント。
続いて、キジュンが代表者となったお題は“あなたはUNBの中でやさしいランキングは何位?”。
FeelDogは「1位」とし、その理由を「キジュンはいつも早く起きて、僕たち全員を起こしてくれるから」と答えた。
そんな中、チャンだけが「8位」とし、「まだまだ、たりないかな」とキビシイ意見を放つ場面も。
キジュン自身が「9位」と示すと「さっき、僕が起こすと言ってましたが、僕はお兄さんたちがいなかったらずっと寝ていると思うからです」と話し、キジュンのやさしさはメンバーがいてこそと結論づけた。
最後のお題、“あなたはUNBの中でマッチョランキングは何位?”の代表者はマルコ。
ウィジンが「9位」と予想。何故なら「マルコは寮でよく服を脱いで『僕はモデルだ』『僕はモムチャンだ』とよく言うんですがその姿が本当に笑えます(笑)」と暴露し、会場の笑いを誘った。マルコ自身は自信がないのか、小さく1位と書くと、そんなマルコの様子に会場からは「かわいい」との声が上がった。
さらにマルコは特技として「10日間何も食べていない顔」を見せると、その完成度の高さで会場を沸かした。
次の「ジェスチャーゲーム」のコーナーでは2分間に出題されたお題はすべて正解するというチームワークの良さを見せたUNB。
さらに「ゾウ」「タイタニック」「キス」などのお題に全員が同じジャスチャーができるかという難易度が上ったゲームではそれぞれの個性が発揮されるもジュン、マルコ、チャンの罰ゲームが決定。
ボイスチャンジャーで声を変えた3人のトークは会場を爆笑の渦に巻き込んだ。
メンバーの様々な魅力でファンを楽しませた後は再びライブコーナーへ。
「僕たちがみなさんと一緒に車に乗ってゆっくりしたいとその姿を想像しながら作った曲です」とFeelDogの紹介で「Ride with Me」をパフォーマンス。
衣装チャンジして、ジュン、ホジョン、ハンソル、チャンの4人で日本語の曲「さくら」を熱唱。
ウィジン、FeelDog、デウォン、マルコ、キジュンの5人はヒップホップ調の「A-Yo」と、異なる魅力を披露すると、FeelDog、ハンソルが振付を考えたというダンスパフォーマンスでグループの魅力を見せつけ、その存在感を示した。
「次の曲は本当に温かい曲、デウォンさんが作詞作曲した曲でメッセージが込められていて、ストーリーもありますし、何よりも僕たちの気持ちを込めた曲です」とウィジンが紹介し「ミドジョ」を歌唱。
溢れる電子サウンドが魅力的な曲「Only one」ではストーリー性と感情をのせて表現するダンスと歌が、心を揺さぶり会場を魅了していく。
UNBのパフォーマンスに酔いしれていると、ジュンが「最後の曲に行く前に大事な発表があります」とUNBの日本 1st コンサート開催決定を発表。
「今回のファンミーティングより、さらに素敵なパフォーマンスや色々なステージを準備してみなさんに会いに行くから待っていてね」とそのうれしい報告に会場全体が歓喜した。
最後にマルコが「次の曲は僕たちが『THE UNIT』で歌った曲です」と「クロジョ」を披露。
最後に「僕はしあわせです。ずっとそばにいてください。あいしてる〜(キジュン)」
「みなさん、生まれてきてくれてありがとうございます。そして僕たちUNBを知ってくれて、愛してくれてどうもありがとうございます。その感謝の思いを胸にこれからも走り続けたいと思います。浮気したら捕まえに行くよ(デウォン)」「来てくれてありがとうございます。これからもずっと会いたいです。あいしてる〜(チャン)」「僕たち日本に来たのが昨日のように思えます。みなさんと一緒でしあわせでした。次に来るときはさらにしあわせになって、UNBの名前のように一つになって盛り上がりましょう!今日、しあわせでした(ウィジン)」「今日がファンミーティングの最後の日になりますけど、一緒に楽しんでくれて心から感謝しています。今回のファンミーティングを準備するとき、日本語ができる人がFeelDogさんしかいなかったので、個人的には不安でしたが、メンバーが頑張ってくれて、心から感謝したいと思います。みなさんを笑わせるために日本のバラエティとかたくさん見て、韓国で勉強してきました。まだ本当に足りないですが、めちゃくちゃ笑ってくれて、しあわせでした。最後に…みんなはオレのプリンセスだよ(ジュン)」
「1回目にも関わらず、こんなに大勢の方が来てくれて本当にありがとうございます。これからもUNBとして一生懸命頑張ってファンのみなさんがもっと、もっといっぱいになるように頑張ります。ありがとうございます(ホジョン)」「リーダーのFeelDogです。毎日公演しても僕は疲れていないです。何故ならみなさんの笑顔が僕に力をくれるから。9人、1人ずつ色々な魅力があるからその魅力を探しながら応援してください。ありがとう(FeelDog)」
「まずはこんなに大勢の方が来てくださって本当にありがとうございます。みなさんがいなかったら僕たちもいなかったと思います。ずっとそばにいてください(ハンソン)」
「みなさん、今日は最終日ですよね。韓国に戻っても忘れないでください。僕たちも今日のステージを忘れずに、みなさんの顔を忘れずにまたお会いできたらうれしいです。本当にありがとうございました(マルコ)」とそれぞれ感謝を込めて、あいさつし、昼公演を大盛況で飾った。
アンコールでは公式Tシャツに着替えたメンバーが再登場し、「感覚」を歌いながら、メッセージカードを客席に投げてプレゼントするなど、最後の最後までファンを楽しませた。
早くも7月のコンサート開催が決定するなど、UNBの今後の活動からますます目が離せない。

取材:KOREAREPORT INC
撮影:fumi kojima

◆ UNB JAPAN OFFICIAL サイト
URL: http://unb.jp
※無料ファンクラブ会員募集中!
※メールアドレスだけの簡単登録でUNBの最新情報をGETできます!

【UNB Japan 1st concert(仮)】
◆2018年7月6日(金)東京公演
<会場>
豊洲PIT(東京都江東区豊洲6-1-23 TEL:03-3531-7888)
<時間>
1部 開場13:00/開演14:00 2部 開場18:00/開演19:00
※1Fスタンディング(整理番号付)
※6歳以上要チケット。未就学児は入場不可。
<チケット料金>
8,800円(税込)※ドリンク代別途¥500
◆2018年7月8日(日)大阪公演
< 会場 > 
Zepp Osaka Bayside(大阪府大阪市此花区桜島1-1-61  TEL:06-7174-8553)

<時間> 
1部 開場12:00/開演13:00 2部 開場17:00/開演18:00
※1Fスタンディング・2F指定席
※6歳以上要チケット。未就学児は入場不可。
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved