芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「ファンミーティング」VIXX、"目隠しダンスでファンもメンバーも大爆笑!"新曲日本初披露!「2018 ST★RLIGHT Fan Meeting 〜VIXX VIP FILM FESTIVAL〜」開催!
カムバックごとに華麗な変身を遂げるコンセプトドルVIXXが、5月2日(水)神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールにて、ファンミーティング「2018 ST★RLIGHT Fan Meeting 〜VIXX VIP FILM FESTIVAL〜」を開催した。
今回のファンミーティングは、“VIPを招いて開く映画祭”というテーマのもと繰り広げられ、VIPとして参加したファンを前に、メンバーたちが様々な競争を見せながら、楽しい時間を過ごした。

映画祭ということで、ステージにはレッドカーペット。タキシード姿でキメたメンバーたちが登場。N、HONGBIN、KEN、HYUK、RAVI、LEO、と順に姿を現し、フラッシュを浴びながらフォトタイムに応じるように、手を振ったり、可愛らしいポーズをしたりでファンにあいさつした。
「1年ぶりにみなさんに会いましたよね。待っていましたか?お元気でしたか?」とNが呼びかけ、「僕の赤ちゃん(ファン)たち、僕たちに会いたかったですか?僕も会いたかったです!」と愛嬌を振りまくKEN。映画作品のように様々なジャンルに合わせたコーナーを準備し、各ジャンルでの主人公を決めるゲームが待っているとし、「僕がVIXXの中で1番最初に映画撮りましたよね。誰にでもできることではないです。僕の日になるでしょう」と自信を見せるHYUK。Nが「誰が主人公になるのか気になりますよね?みなさん楽しんでください!」とコメントすると、「オープニングということで熱いステージを準備しました。僕たちの新曲聴いてください」とRAVIが紹介し、4月17日に発売された韓国3rdフルアルバム「EAU DE VIXX」のタイトル曲「Scentist」へ。調香師に変身したメンバーたちは、力強い眼差しで独自の雰囲気を醸し出し、日本初パフォーマンスでファンの熱気を高めた。

コーナー最初のジャンルは"ミステリー"。ミステリー映画には推理力が必要ということで、メンバーに関するクイズに挑むことに。
NとHYUKの星座を当てる問題では、HONGBINは"Nはキリン、HYUKは熊"、KENは"Nはバカ、HYUKはカッコイイ"と星座ではない答えを書き、会場の笑いを誘った。Nは自分の星座は分かるがHYUKの星座はわからないとし、正解を当てたのは、イラスト付きで蟹座と答えたHYUKのみとなった。また、星座によって特徴があるとし、自信家で自己愛があり自意識過剰な面があると言われた牡羊座のKENは、自分も好きだが「メンバーも、ファンのみなさんも愛してる!」とアピール。蟹座については「情熱的」「新しいことにチャレンジすることが好き」「すぐに行動にうつすタイプ」と長所を紹介すると「お〜ヒョギ〜!」とHYUKを褒めるも、短所として「熱しやすく冷めやすい」と言うと「お〜エン〜」とNをイジるHONGBINに笑いが起こり、天秤座のHONGBINは「平和主義で知的で社交性があるけど、優柔不断」と紹介された。水瓶座のRAVIは、人と話すのが好きだが、束縛や命令されることを嫌い自由でマイペースなタイプ、LEOは情熱的で1つのことに熱中し感情を表に出さない秘密主義タイプだとし、この結果にはメンバーたちも納得の様子。
"LEOが思うLEOの身体の魅力ポイントは?"という質問には、HONGBINは愛嬌、KENは肩、HYUKはシワ、RAVIは指と予想。自信ありげなNは、LEOと同じく髪の毛と回答。正解は髪の毛で、LEOとNがポイントを獲得した。LEOは「僕の髪の毛はシックだから。髪を洗った後に、シックにポロポロと髪の毛が抜け落ちるんです」と独特な理由を話すと、メンバーは「そしたら、花見で桜を見るのではなく、レオさんの髪の毛を見ようか?」と言い出し「LEOさんの髪の毛祭り!」と名付け会場を笑わせた。
続いて、隣に座っているメンバーの魅力ポイントを答えていくことになり、RAVIはHYUKNの魅力は太もも、HYUKNが思うLEOの魅力ポイントは肩とのこと。LEOはNの魅力ポイントを「髪」だと答えると、日本語が達者なNは「『カミ』は韓国語で『顔』という意味です」と嘘を教え、ひと笑い。NはKENの魅力を唇だといい、KENは「HONGBINさんの顔は、世界で最高の顔です」と褒め、HONGBINはRAVIの魅力ポイントはお尻だと話した。
最終クイズも当てたHYUKがミステリージャンルの主人公に選ばれると、次のステージを紹介。「多くのみなさんがこの曲を聴きたいと言っているのを、手紙やSNSでたくさん見ました」とし、始まったのは「Can't say」。メンバーたちはファンに手を振ったり、観客を見渡しながら、笑顔を浮かべ爽やかに歌いあげた。

次のジャンルが"ホラー"と発表されると、「アオーン」と遠吠えするKENに、「フフフハハハハッ」と怪しい笑い声を重ねるRAVIと、ホラーな雰囲気を作り出すメンバーたち。ホラー映画では、暗くて“何も見えない時に何かが起こる“ということで、お次は"暗闇の中のダンス"と題し、目隠しをしてダンスを踊るゲームに挑戦。スタート位置に着き目隠しを着けると「難しい〜」「怖い〜」と声を上げるメンバーたち。VIXXの「Fantasy」が始まり順調にいったのは束の間。序盤からよろけだすLEOに、床に手をつく振りつけでメンバーの足を掴むRAVI、1人端の方まで行き何度もステージから落ちそうになるNと、メンバーたちの姿に会場は爆笑。中腰になりポジション探すHYUK、ぶつかるHONGBINとKEN、そして終盤NとLEOはステージ右側に留まり、見当違いの場所でエンディングを迎えた。誰が1番上手くできていたのか確認してみることとなり、先ほどの目隠しダンスの映像が流れると、「フラフラしてるよ」「どこに行くの?」「そこで何してるの?」とツッコまずにはいられないメンバーたち。映像を見ながら、ファンもメンバーも大爆笑となった。1番上手にできていたとし、KENがホラージャンルの主人公に選ばれた。
「最後の主人公の席が残ってますが、誰が主人公になるか期待しながら、次のステージに行きましょう!」次のステージへ。「傷つく準備ができてる」では、キレのあるダンスをを披露し会場を盛り上げた。

最後のジャンル"ブロマンス"では、くじ引きで2人ずつの3チームを作り、カップルバトミントンに挑戦。カップルということで、縫い合わせられたカップルTシャツを着て、うちわや卓球ラケットを使い対決。ジャンケンで勝ったN&HYUKチームはシード権を獲得、最初の試合はLEO&HONGBINチーム対KEN&RAVIチームに。HONGBINはフィン、LEOはペンライト、RAVIはラケット、KENはしゃもじで戦い、KEN&RAVIチームがリードを見せる。LEOの足を使ったスーパーショットが放たれるも、結果はKEN&RAVIチームの勝利となった。決勝戦では、先行でサーブをするKEN&RAVIチームに対し、前後に構え手を挙げプレッシャーをかけるN&HYUKチーム。ラリーが続き両者譲らぬ戦いで、試合はデュースへと縺れ込んだ。そして試合を制したのはKEN&RAVIチーム、2人はブロマンスの主人公となった。
「Goodbye your love」をのびやかに歌いあげると、主人公に最も多く選ばれたメンバーを発表。主人公はKENとなり、次のステージでのワンショットの機会が与えられることに。
「みなさん面白かったでしょ?一緒に楽しんでくれてありがとうございました。(N)」
、「楽しい時間を過ごすためにたくさん悩んで準備したのですが、みなさんにとって楽しい時間になったのならうれしいです。(RAVI)」とイベントを振り返ると、最後にメンバー1人ずつコメント。「みなさん会うことが僕の大きな幸せです。一歩一歩前に進むので、ずっとよろしくお願いします。(LEO)」、「久しぶりにみなさんに会えてうれしかったです。早いうちに良いアルバムで戻ってきて、みなさんと楽しく遊びたいです。(HONGBIN)」、「みなさんと楽しい時間を過ごすことができました。いつも応援してくださってありがとうございます。この気持ちがみなさんに伝わればいいなと思います。(RAVI)」、「久しぶりに赤ちゃん(ファン)たちに会えてうれしいし、今日もいい思い出を作れてうれしいです。愛してる〜(KEN)」、「みなさん会えて本当に幸せでした。みなさんから良いエネルギーをもらえたのでこれからも頑張れます。みなさんいつも幸せで健康でいてください。(HYUK)」、「今日もいい思い出を作ることができました。メンバーの日本語、上手になりましたよね。これもみなさんのおかげです。みなさんがいるから僕は幸せです。これからも一緒にいましょう。約束しましょう!(N)」と気持ちを伝えた。そしてNから「新しい音楽を持ってみなさんに会いに行きますので、期待してください!」と知らされると、歓喜の声を上げ喜ぶファン。
日本コンサートへの期待が高められた。
ラストは「ラララ ~愛をありがとう~」で、モニターにはワンショットの主人公KENが映し出される中、メンバーたちは客席に降り、ファンとハイタッチしたり、コミュニケーションをとったりと最高潮の盛り上がり。
アンコールでは、幻想的な雰囲気の中「花風」で儚い歌声を届け、大盛況でイベントの幕を閉じ、次の公演へと繋いだ。
今回のカムバックでは"調香師"という新たなコンセプトも見事に表現したVIXX。今後の活動や発表された日本ライブ開催にも注目だ。

取材KOREAREPORT INC
写真提供:(C)Jellyfish Entertainment Japan



◼︎VIXX日本公式ファンクラブ https://lovevixx.com/
◼︎VIXX公式モバイル https://vixx mobile.com/
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved