芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「合同インタビュー」ハマリ役ユ・ジョン先輩を魅力的に演じたパク・ヘジン、「作品出演は毎回が挑戦! できない姿は見せたくない」と語る本当の素顔とは?
韓国で累計再生回数11億回を記録した大人気ウェブ漫画が原作で、ドラマ化に続き、実写映画化されたハラハラドキドキの胸キュンラブストーリー「映画チーズ・イン・ザ・トラップ」(7月14日公開)。
2016年に放送され、大人気を博したドラマ「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」で、“ユ・ジョン先輩シンドローム”を巻き起こしたパク・ヘジンが再び主演を務め、視聴者を悶絶&胸キュンさせたソフトで甘い笑顔と、クールなカリスマ性を併せ持つキャラクターで、スクリーンにカムバック!
また、ドラマではキム・ゴウンが演じたヒロインの“ホン・ソル”役を、原作ファンによるキャスティング希望投票で1位となったオ・ヨンソが務めるほか、ヒロインを巡る恋のライバル、ペク・イノ役に除隊後映画初出演となるパク・ギウン、その姉ペク・イナ役にユ・イニョンと映画ならではの豪華キャストが集結した。
しっかりしたストーリーと魅力的なキャラクター、スリルあふれる展開ながらも愛らしいエピソードで人気を博し、ウェブ漫画からドラマ、そして満を持して映画として生まれ変わった「映画チーズ・イン・ザ・トラップ」を引っさげ、パク・ヘジンが6月にジャパンプレミアのために来日し、合同インタビューが行われた。
インタビュールームに入って来たパク・ヘジンは、爽やかなルックスで、柔らかな笑顔で記者らにあいさつすると、隣にいた通訳者に先に座るよう促すという、紳士的な振舞いをさりげなく見せた後、時折り日本語も交えながら終始にこやかに、プライベートも垣間見えるさまざまな話を聞かせてくれた。

−本作は、原作ウェブ漫画を凝縮したスピーディーな展開でしたが、もし1つエピソードを加えられるとしたら、どのエピソードを選びますか?
映画でこのウェブ漫画を描こうとするには、シーズン制で制作しても足りないというぐらい量が多いので、今回の映画では、必要なエピソードを抜粋していますが、コレも入っていれば良かったんじゃないかなと残念に思ったのが、ユ・ジョンとイノ、イナの関係です。ユ・ジョンにとって、この2人はすごく大切な存在で、ユ・ジョンが変化していくうえで、大きな助けとなりました。そして、初めてできた友達でもあり、愛憎の入り混じった感情を持っているんですが、映画では十分に表現できなかったので、その部分を入れられたら良かったなと思いました。
−劇中、高校生の制服まで完璧に着こなし、ユ・ジョン役へのシンクロ率100%と言われるほど、ハマり役でしたが。
(日本語で)たぶん10年前だったら(シンクロ率100%だったかもしれないけれど)、いまはちょっと無理かもしれません(笑)。

−ユ・ジョンと自分との共通点はどういう部分だと思いますか?
(日本語で)背が高い。ハハハ。それから、まっすぐなところがあるというのも似ていると思います。ユ・ジョンは学校で人気のある先輩で、僕はそこまでではなかったんですが、いま俳優という仕事をしているから、そういう部分もそうだし、ルックス的な部分もありますが、性格もすごく似ているような気がします。僕は好感を持っている人に、ストレートに表現はしないんですけど、ユ・ジョンの基本的な性格、例えば何か表現するということにおいては、なかなか自分の気持ちを表現できないところも似ていたと思います。
−そういう似ているところも含めて、演じていて難しかった部分は?
ユ・ジョンは感情を率直には出すんですが、その表現方法が、怒っているからといって、何か物を壊すとか、怒りまくるとか、うれしいんだけど、手放しで喜ぶとか、表に出して分かりやすく表現することはないので、そういう部分をあからさまに表に出さないで、うれしさや怒りをどんな風に表現したらいいのか、ということをすごく悩んだし、難しかったですね。

−劇中の終盤、ユ・ジョンがソルに声をかける練習をしているシーンがあり、この映画の中で重要なシーンでもあったと思いますが、どういう思いで演じたんでしょうか?
「ソル(韓国語の発音では“ソラ”」という名前をドラマも含めて、いろんなバージョンで数千回は呼んだと思います。どの瞬間も、それぞれ違う風に呼ぼうというより、置かれた状況に集中して呼ぼうということを意識していました。その状況によって、感情を込めたり、茶目っ気を入れたり。一見同じに見えるかもしれませんが、微妙に違っていたと思います。だから、その状況の中で、「ソル」という名前を呼べるよう、努力しました。

−ユ・ジョンという人物は冷静、寡黙などいろいろな一面を持ち併せていますが、自分の性格の特徴を5つ挙げるなら、何でしょうか?
僕自身も冷静で現実的、だけど情にもろく、子供を愛していて、家族を愛しています。仕事をするときは冷たいところがあると思います。現実的な考えをする性格なので、仕事のときは仕事だけをしようという主義で。でも、家に帰ると、スニーカーとかガンダムとか、いろんなものをコレクションしていて、モノマニアというか、収集する性格で、集めるためには探さないといけないじゃないですか。そうしていたら、韓国のものだけではなく、日本のオークションサイトとか、検索サイトでも調べて、集めたいと執着する性格でもあります。また、家では甥と姪と一緒に遊んであげたり、家族と一緒にいるときはラクな気分になるので、外であったことを全て忘れて、素の自分に戻れる感じです。
−大学生の役を演じていますが、ご自身の学生時代の印象的な思い出はありますか?
学生時代は、うるさくもなければ特に目立った学生でもなく、すごく静かで、いるかいないか分からないような感じでした。特に、高校時代はデザイン専攻で、デザイン科に通っていたんですが、デザイン科の教室だけ、地下にあったんですよ。それで、クラスが全部で11組から15組まであったんですが、他の科の人に会うことがなくて、全体の朝礼とかで、「あんな人いたっけ?」って話すぐらい、距離感があったように思います。

−パク・ヘジンさんが初めて映画館に行って見た映画や、映画館にまつわる思い出があれば教えてください。
子供の頃に初めて見たのが、ロビン・ウィリアムズさん主演の「ミセス・ダウト」です。(ロビン・ウィリアムズが)女装して家政婦として、元妻の家に潜り込むヒューマンコメディだったんですが、父方のおばと一緒に、映画館の最前列で観ました。大きな劇場の大きなスクリーンで、最前列で観たんですけど、当時はいまと違って、上映後退出しなくてもよくて、ずっといられたんです。それで、そのとき最初の30分を見逃してしまったので、次の回でその見逃した部分を観て帰ったんですが、出ていくときに転んでしまったことをいまでも覚えています(笑)。僕にとっては、すごく思い出に残っている映画です。

−劇中のシーンで、おにぎりのフィルムをとる練習をしていましたが、パク・ヘジンさんは人知れず練習をした、努力をしたということはありますか?
何事も上手くやりたい性格で、与えられたことはしっかりやりたいと思うので、こっそり努力する方です。前作のドラマ「マン・ツー・マン 〜君だけのボディーガード〜」では、ハンガリーに行って、英語で講義をするシーンがあったんですけど、元々英語が上手くなかったので、こっそり2カ月ぐらい英語のレッスンをしてから、撮影に臨みました。それで、上手く撮れたことは撮れたんですけど、どうしても気に入らなくて…。結局、アフレコをしたんですけど、そのとき英語を教えてくれていた知り合いの弟分に、録音室にも来てもらって、撮り直したこともありました。とにかく、できないというイメージを与えたくなので、簡単なアクションでも、アクションスクールで練習してから臨むようにしています。何かできない姿を見せたくないという思いがありますね。

−ちなみに、おにぎりの具では何が好きですか? また、ユ・ジョンは高級料理を食べるシーンがありましたが、パク・ヘジンさんが好きな料理は何ですか?
僕は高級料理を好んで食べる方ではなく、母が作ってくれる手料理が好きです。自分が作れる料理も、ありふれたもので、汁・スープものとかチゲとか、蒸したり、焼いたりする料理など、ほとんどのものはできるので、そういう韓国の家庭料理をよく食べています。おにぎりは、(日本語で)こんぶ、梅干し。(海苔巻きの)きゅうり。 僕、納豆が好きなんですけど、おにぎりで納豆が入っているのはまだ見たことがないんで、もしあるなら食べてみたいです(笑)。

−精力的に作品に出演し続けていますが、今後演じてみたい役や出演してみたい作品は?
男性の俳優でこのくらいの年になると、ノワールとかジャンル物に出て、男らしい姿を見せたいと多くの俳優が思うようで、僕ももちろん、そういう欲はあるんですが、いま撮影に入っている次のドラマでも、そういう姿が見せられると思います。何人もの役を1人で演じるので、僕にとっては挑戦でもあるんですが、自分がやりたかった望みが、それで叶っている気がします。
−その現在撮影中のドラマ「四子」では、1人4役ということで難しいと思いますが、挑戦しようと思ったのはどうしてですか?
毎回作品に出演するということは、挑戦だと思っています。最初、この作品は果たして実現できるんだろうか、この役を上手くこなせるだろうか、という疑問もあったんですが、以前ご一緒した素晴らしい監督(「星から来たあなた」のチャン・テユ監督)、台本を執筆している作家さんたち、スタッフさんたちがいらっしゃって、そんな中でキャラクターが作り上げられていて、差別化すれば1つの作品の中でも、こういうことができるんだということを改めて感じています。もちろん簡単ではないし、撮影も難しいプロセスを経ているんですが、僕自身本当に期待しています。後々、CGも入るので、いまは現場で頑張って撮影し、CG作業を経て、どのように完成するのか楽しみです。

−今回の映画のチラシに「危ない先輩のワナにかかってしまった」というキャッチコピーがありますが、パク・ヘジンさんがもしワナにかかるなら、どんなワナにかかってしまうと思いますか?
やはり男なので、愛のワナにかかってしまうでしょう。まさに危険なぐらいハマってしまうと思います(笑)。
−胸キュンラブストーリーですが、パク・ヘジンさんが最近ドキドキした出来事は何ですか?
異性の関係というより、新しい作品に出会ったり、初めて共演する方に会ったりするとドキドキします。次のドラマ「四子」でいえば、ナナ(AFTERSCHOOL)さん、クァク・シヤンさん、イ・ギウさん、ベテラン俳優のパク・グンヒョン先生、キム・チャンワン先生などなど。初めてご一緒する方がいらっしゃると、どう息を合わせていこうか、ワクワクドキドキしますね。

−今回の来日はゆっくりできるんでしょうか? もし時間あるならどんなことを楽しみにしていますか?
時間があれば、食べることが好きなので、おいしいものを食べに行きたいし、ショッピングもしたいし、いろんなところを見て回りたいです。でも、今回はドラマの撮影の合間を縫って来たので、明日すぐに戻らないといけなくて、ゆっくり楽しめそうにないですね。毎回来るたびに、やりたいと思うけど、1度もできていないのが、東京では行列のできるスイーツのお店とかあるじゃないですか。そういうところにも行ってみたいなと。実際に行くのは、予約をして行けるお店とか、大勢で行けるお店になってしまうので、いつかおいしい人気店のようなところにも行ってみたいですね。

インタビューでは、おにぎりの話題になったとき、「納豆のおにぎりはありますか?」と記者に逆質問し、見たことがないと反応する記者が「おにぎりにしたら、ご飯から納豆が出ちゃうんじゃない?」と言うと、「あ〜」と納得したり、通訳者が自分の長いコメントを的確にスラスラ通訳すると、「日本人ですけど、日本語がめっちゃ上手い(笑)」と親指を立てたりするなど、人当たりの良さや茶目っ気のある姿も見せ、女性記者らを胸キュンさせたパク・ヘジン。「映画チーズ・イン・ザ・トラップ」でも、ミステリアスな先輩ユ・ジョンを熱演したパク・ヘジンの表情、仕草などに胸キュンが止まらないだろう。
ジャパンプレミアの舞台あいさつでは、「この作品、そしてユ・ジョンというキャラクターは切っても切り離せない存在になったと思います。ある意味、俳優パク・ヘジンの固有名詞とも言えると思います。ドラマでも、映画でもその姿を見せることができて、もう悔いはありません。まさに有終(韓国語でユジョン)の美を飾れたと思います」と語り、パク・ヘジンが自信を持って届ける本作は7月14日(土)シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー!

取材:KOREAREPORT INC
Photo:fumi kojima

「映画チーズ・イン・ザ・トラップ」
7月14日(土)シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー!
【STORY】
“ソル、僕と付き合う?” 完璧だけどキケンな先輩の甘い罠にかかってしまった!
優しい笑顔の裏に隠された冷淡な一面。私の苦手なユ・ジョン先輩が、突然私に話しかけてきた。食事をしたり、課題をしたり、宿題を口実に映画まで観に行くことになったり…。彼が変わったのだろうか。それとも何か企んでいるのか…。そうでなければ、まさか本当に私を…?
【キャスト】
パク・ヘジン「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」「マン・ツー・マン 〜君だけのボディーガード〜」
オ・ヨンソ「猟奇的な彼女(2017、テレビドラマ版)」、パク・ギウン『シークレット・ミッション』『鰻の男』
ユ・イニョン『女教師 〜シークレット・レッスン〜』、パク・サンダラ『ワンステップ 〜君と僕のメロディ〜』
【スタッフ】
監督:キム・ジェヨン『夜の女王』
2018年/116分/韓国公開:2018年3月14日/原題:치즈인더트랩/英題:Cheese in the Trap
提供:デジタルアドベンチャー/クロックワークス 配給:クロックワークス
ⓒMountain Movement Story Co.,Ltd.
公式サイト: http://klockworx-asia.com/cheese/
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved