芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「プレミアムイベント」カン・ドンウォン、主演映画「ゴールデンスランバー」公開記念イベントで気さくな魅力発揮! 友人ペ・ジョンナムも応援に!
映画「Tsunami LA」(19年全米公開予定)でハリウッド進出を果たし、30代俳優のトップに立つカン・ドンウォンが1月5日(土)東京・竹芝ニューピアホールにて、主演映画「ゴールデンスランバー」公開記念プレミアムイベントを開催。1月12日(土)の公開に先駆け、映画の見どころや撮影エピソードなどをたっぷり語った。
本作は、伊坂幸太郎の傑作ベストセラー小説を原作に、強大な陰謀に巻き込まれた平凡な男の大逃走劇を描いた作品。原作に感銘を受けたカン・ドンウォンが、自ら映画製作会社に製作をオファーし、7年の歳月を経て、その夢を実現させた意欲作でもある。

2010年に日本で公開された同タイトルの日本版とは一味違う大胆な脚色が随所に加えられ、原作とは異なるラストや、迫力あるバトルシーンも。本作のため体重を5キロ増やし、逃走シーン撮影のため、計150時間をひたすら走り続けたというカン・ドンウォンは、アブノーマルなシチュエーションに放り込まれた善良でごく普通の市民の困惑を全身で表現し、新境地を開拓した。
この日のイベントには、そんなカン・ドンウォンを一目見ようと、大勢のファンが詰め掛け、会場をぎっしり埋め尽くした。本編の冒頭シーン15分が上映された後、MCから呼び込まれたカン・ドンウォン。すると、客席が明るくなり、なんと中央通路から登場! お辞儀をしながら、照れくさそうに入ってくるカン・ドンウォンに、ファンは大興奮となり、サプライズな演出に会場は歓喜に沸き上がった。
ステージに登壇し、「こんにちは。お会いできてうれしいです。カン・ドンウォンです」と笑顔であいさつをすると、生配信されていたLINE LIVEのカメラにも手を振るカン・ドンウォン。スラリとした変わらぬイケメンぶりと圧倒的なオーラに、「キャー」という黄色い歓声が続くと、「アンニョンハセヨ」と恥ずかしそうにうなずいた。そして、初めてカン・ドンウォンを見たという観客に対しては、「数年前はもうちょっとイケてたんですけど(笑)」と茶目っ気たっぷりに話し、和気あいあいとした雰囲気でイベントがスタートした。

まずは、映画「ゴールデンスランバー」に関するトークから。日本版を楽しく見たというカン・ドンウォンは「この映画をもう少し韓国的にアレンジして、韓国映画として作れば、韓国の観客にも楽しんで見てもらえると思いました」と自ら映画製作会社に製作をオファーしたきっかけを明かし、「こうして、日本でも公開されることになり、うれしいです。いままで、日本の小説が原作で、それが日本で映画化された後、韓国でも映画化されたという作品はそれほど多くないと思います。なので、そのプロセスそのものが興味深い、楽しい作業でした」と感慨深そうに語った。
また、年越しはどう過ごしたかを聞かれると、「母が、僕の友達の母と海外旅行から戻ってきたので、みんなでおいしいものを食べて過ごしました。でも、僕らは、母親同士で旅行に行っていたなんて、知らなかったんです(笑)。僕たちの母親はどこにいるんだろうね、って友達も知らなかったんです」とほっこりエピソードも。
そして、ことしの抱負として「いつもと同じように、頑張って映画を撮っていきたいです。そして、新しい環境で映画を撮ることになったので、安定的にアメリカで定着できるように頑張りたいです」とハリウッド進出で活躍の舞台を世界に広げ、さらに飛躍することを誓った。

ここからは、観客参加型の「ゴールデンスランバー」○×クイズが行われた。最後まで残った5名には、帯付き原作本と韓国公開時のオリジナルグッズがプレゼントされるとあって、張り切るファンたち。「ほぼ2年前に撮影した作品なので、僕も自信がない(笑)」と話すカン・ドンウォンをよそに、全ての問題が終わっても半分ぐらいの観客が残るという大盛り上がりで、結局ジャンケン大会で勝者が決められた。

再び映画トークに戻り、この作品について「日本版よりも、展開がスピーディーな作品になったらいいなと思ったし、スリラー的な要素が強く、もっとアクションが加わったら面白いなと。そして、エンディングは希望のあるものにしたいと思いました」と韓国版を制作するにあたって、こだわった部分を挙げつつ、日本版で主演を務めた堺雅人の演技が素晴らしかったので、その雰囲気は生かそうと思ったことなども明かした。
本作では、平凡な宅配ドライバー、キム・ゴヌを演じたカン・ドンウォン。「ゴヌのように平凡で、ささやかな正義だけど、そういう自分が考える正義を守って、善良に生きようという人を表現したいと思いました。世の中に、そういう人が増えたらいいなという思いもあったし」とキャラクターに込めた想いも語った。

また、劇中、学生時代に組んでいたバンドの回想シーンも。実際にライブシーンを収めるわけではなかったし、さまざまな事情で、撮影当日初めて音合わせをすることになったうえ、元々ベースだったキム・ソンギュンが、いきなりキーボードに変わってしまったため、聞くにたえない演奏だったという撮影エピソードを明かしたカン・ドンウォン。キム・ソンギュンはエア・ピアノで撮影したそうで、「こうやって空中で弾いていました(笑)」とその様子を再現する一幕も。

そして、数々の映画に出演し、キャリアを積んできたカン・ドンウォンだが、映画を作る上で大切にしているのは「観客に楽しんでもらえる映画を作ること」とし、「楽しむと言っても、いろんな種類の楽しみ方がありますが、観客の皆さんに楽しんでいただくというのが一番です」と話した。
次は観客からのQ&Aコーナーへ。入場チケットの半券が入ったボックスが用意され、カン・ドンウォンが1枚引くと、ニヤニヤと笑いながら、席の番号を告げた。すると、客席で1人の男性が立ちあがり、「本当に?」と困惑している様子。それを面白そうに見ていたカン・ドンウォン。「(日本語で)僕の友達です」と大笑いし、「質問しなくていいから、あいさつだけして、座っていいよ」と伝え、客席で見ていた自分の友達を紹介した。
その友達は突然の状況に戸惑いながらも、カン・ドンウォンの魅力を聞かれ「優しいところ」と答えると、カン・ドンウォンは「(日本語で)ホント?(笑)」と返し、友達に「ソーリー」と言って、ほほ笑ましい友情を見せた。

そして、「本当は○○番です」とチケットに書かれた座席番号を読み上げ、本当のQ&Aが始まった。石川県金沢市から来たというファンから、「ぜひ金沢に来てほしい」と言われたカン・ドンウォンは「何がおいしいですか?」と聞き、「(金沢には)僕の一番好きなカニがありますね。ぜひ行きたいです」と答えたり、ケータイの待ち受け画面を聞く質問では、「ハワイの写真です。飛行機の中から撮ったものです」と実際に自分のケータイを客席に見せたりするなど、ファンと気さくにコミュニケーションを図った。
さらに、韓国のおすすめの観光地を聞かれると、済州島を挙げ、「僕も世界のあちこちを旅していますが、済州島ほど美しい島があるのかと感じるぐらいすごく美しいし、文化も独特なので、ぜひ行ってみてください」とおすすめし、済州島のおいしい食べ物といえば、豚肉やそば粉が入っているというスンデスープなども紹介した。

するとここで、「友達がもう1人来ているんです」とカン・ドンウォン。「紹介したら、面白いと思ってもらえる友達です」と話していると、なんとステージ上にバラエティ番組「みにくいうちの子」で話題となり、「2018 SBS芸能大賞」で「ことしのホットスター賞」を受賞したモデルで俳優のペ・ジョンナムが登場! カン・ドンウォンは嬉しそうに肩を組み、「最近韓国で、僕よりはるかに有名なペ・ジョンナム君です」と紹介すると、ペ・ジョンナムは「(日本語で)初めまして。ペ・ジョンナムです。恥ずかしい。どうぞよろしくお願いします」とあいさつ。

カン・ドンウォンは「偶然、旅行日が重なっていたので、遊びに来たんです。さっき別の友達も紹介したし、彼も紹介しなくちゃと思って(笑)。いま韓国で一番ホットな男です」とまた嬉しそうに話し、ペ・ジョンナムも「僕も機会があれば、皆さんとまたお会いできる日が来たらいいなと思います。頑張ります」と伝えるなど、カン・ドンウォンの粋な計らいで、サプライズが続いた。

最後に、LINE LIVEを見ていたファンから、「いま一番食べたいものは?」という質問を受け、「きょう、焼きハマグリが食べたかったんですけど、店が閉まっていて予約できませんでした(笑)。きのうは肉を食べたので、きょうは焼きハマグリを食べようと思ったんですけど」と意外な(!?)食の好みに、思わずファンからも笑いがもれた。

客席からの写真撮影がOKなフォトタイムが設けられ、終始ファンを喜ばせたカン・ドンウォン。今度はファンはそれに応えるように、「ゴールデンスランバー」のノ・ドンソク監督からの映像メッセージが流れた後、「来てくれて、ありがとう」と韓国語で書かれたスローガンを掲げ、「ワジョソ(来てくれて)ありがとう」と声を揃えた。
ファンからのサプライズに、「(日本語で)ありがとうございます。どういたしまして」と照れくさそうに喜んだカン・ドンウォンは「ステキです。ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えた。
最後に客席をバックに写真撮影をした後、「久しぶりに日本に来て、皆さんにお会いできてうれしかったです。頑張って映画撮影をして、また日本に来られたらうれしいです。カッコいい姿で戻ってきます」と次の約束もし、笑顔で手を振りながら、イベントを締めくくった。
カン・ドンウォンが表情豊かに演じた主人公キム・ゴヌが、自らの無実の証明に乗り出す全く新しい展開が用意された「ゴールデンスランバー」は1月12(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー!

取材:KOREAREPORT INC

「ゴールデンスランバー」
【STORY】人気アイドル歌手を強盗から救い出し、国民的ヒーローになった優しく誠実な宅配ドライバーのゴヌ(カン・ドンウォン)。ある日、久しく会っていなかった友人ムヨル (ユン・ゲサン)から突然連絡が来る。再会の喜びも束の間、目の前で次期大統領候補者が爆弾テロにより暗殺されてしまう。動揺するゴヌに向かってムヨルは「お前を暗殺犯に仕立てるのが“組織”の狙いだ。誰も信じるな、生きろ!」と警告して自爆。
大統領直属の機関である国家情報院はゴヌを暗殺犯と断定し、マスメディアが一斉に報道。大規模な包囲網が敷かれる。身に覚えのない罪を着せられたゴヌだったが、やがて事件の裏に国家権力が潜んでいることを知る。無数の警察に追われる無実の男は、巨大な陰謀にどう立ち向かうのか――?
【監督】ノ・ドンソク
【原作】伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』(新潮文庫刊)
【出演】カン・ドンウォン『MASTER/マスター』『華麗なるリベンジ』、キム・ウィソン『新感染 ファイナル・エクスプレス』、キム・ソンギュン『悪いやつら』、キム・デミョン『インサイダーズ/内部者たち』、ハン・ヒョジュ『ビューティー・インサイド』、ユン・ゲサン『犯罪都市』
2018年/韓国/韓国語/108分/スコープサイズ/字幕翻訳:李 英愛  原題:골든슬럼버 英題:GOLDEN SLUMBER  配給:ハーク
ⓒ 2018 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA, ALL RIGHTS RESERVED
hark3.com/goldenslumber/

▼カン・ドンウォン ジャパンオフィシャル ファンクラブサイト▼
http://gangdongwon.jp
▼YG ENTERTAINMENT JAPAN オフィシャルサイト▼
http://www.ygfamily.jp
▼映画「ゴールデンスランバー」オフィシャルサイト▼
http://hark3.com/goldenslumber/
★「ゴールデンスランバー」公開記念プレミアムイベント LINE LIVE アーカイブ映像(夜公演)
▼Kstyle LIVE チャンネル
https://live.line.me/channels/260601/upcoming/10324189
▼映画テレビチャンネル
https://live.line.me/channels/75/upcoming/10329021
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved