芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「イベント」FTISLAND ジェジン出演の旅行バラエティ番組「Real Trip 男3人美味しい旅」JAPANプレミアム上映会&TALKイベント開催
バラエティ単独初出演のFTISLANDのイ・ジェジン(以下ジェジン)が、事務所の後輩でもある若手俳優クァク・ドンヨンとプロの料理人チェ・ナギョンシェフの3人で自由気ままに旅行するグルメ&観光番組「Real Trip 美味しい3人の男たち」。シーズン2、3に加え、日本・中国など海外でのロケも取り入れ、日本でのテレビ放送も予定されている。韓国での放送を前に、日本のファンへ一足先にシーズン1の上映会が行われた。1月6日(日)に「Real Trip 男3人美味しい旅」JAPANプレミアム上映会&TALKイベントを東京・品川インターシティホールで開催した。

まずは「Real Trip 美味しい3人の男たち」の上映会からスタート。3人が初めて顔を合わせたシーンから、荷造りしているシーンや旅行先でゲームを楽しむシーンなど、楽しそうに旅行を満喫しているジェジンの姿に会場から笑いがこぼれる場面も。上映会後、「あけおめ!ことよろ!」と、新年のあいさつをしながらジェジンがステージに登場した。「FTISLANDのライブやファンミーティングでもファンの方と会える機会はあるけど、こうやって僕1人で話せる機会ができてうれしいし、今日来てくれたみんなにとって良い時間になるよう頑張るので、最後まで楽しんでください!」と、満面の笑顔でファンにあいさつした。

MCのチョウ・ヘンセから、「Real Trip 美味しい3人の男たち」はどんな番組なのか聞かれると「いつも番組やライブは事前にやることが決まっていますが、今回はプロデューサーさんとドンヨンとバーでお酒を飲みながら『ジェジンとドンヨンが遊んでいるところを撮りたい』と、話をしたことから番組が生まれました。撮影初日は本当にちゃんとした番組になるのか不安だったけど、撮影を重ねるたびに3人の化学反応が生まれてとても面白くなったと思います」と、太鼓判を押した。

プライベートでも仲のいいクァク・ドンヨンについては「精神年齢が高いけど、子どもっぽい側面も持っている子です。僕自身、後輩と話していてもプラスになるなと思うことが少ないんですけど、ドンヨンはプラスになるなと思った後輩です(笑)」と、意外にも辛口コメントにMCもファンも大笑い。番組内で料理を担当してくれたチェ・ナギョンシェフとは初対面だったが、番組をきっかけに仲良くなって、実際にお店にも行ったことがあると話した。

オープニングからずっとニコニコと笑顔を絶やさないジェジンに「かわいい」と言われることについてどう思うのか聞いてみると、「最初はイヤだったけど、どんどん言われるのが好きになりました。この間、ファンの方から『かっこいいのはかっこよくないところを見てしまうと失望するけど、かわいいのは何をやっていてもかわいい』というコメントをもらって、“かわいい”と言われるのもいいんだな〜と思いました(笑)」と、うれしそうに答えた。

さらに、今後行ってみたい旅行先について聞かれたジェジンは「日本の何もないところに行ってみたいです。山しかない、海しかない、平地しかない、みたいな場所があれば行ってみたいです。FTのメンバーとはイギリスに行ってみたい。色んなアーティストが生まれたという有名なクラブがあって、そこで演奏もしてみたいし、良い気をもらいたいなと思います」と、アーティストとしてさらに磨きをかけたいと意気込んだ。

ファンからの質問コーナーでは、抽選に当たったファンのすぐ近くまで降りていき、目の前で質問に答えてくれるというファンにとっては夢のような時間もプレゼント。「苦手なタイプは?」という質問に「わがままな人」と答えたジェジン。「ホンギ兄さんはわがままだけど、リーダーシップがあるから我慢できる。情もあるしね(笑)」と、メンバーへの愛情に会場から拍手が送られた。

ファンからのリクエストで、FTISLANDの「告白します」をアカペラで歌う大サービスも。会場に響き渡るジェジンの柔らかい歌声に、会場全体がうっとりと聴き入った。さらに、主婦のファンが「ジェジンのお母さんぐらいの年齢だけど、これからも応援していい?」と質問すると、「全然いいですよ!そういう心配をしている人が他にもいますか?(「はい!」と手を挙げるファンの人たちに)ダメです!これからもずっとお願いします!」と、ファンに向かってお辞儀する心優しいジェジン。

他にも、番組内でジェジンらが挑戦した弓射や靴飛ばしゲームをファンと一緒に楽しんだ。ゲームはいずれもファンが勝ち、罰ゲームとして番組内でリンゴ農園に行ったときに着たもんぺと長靴姿をステージ上で再現したジェジン。「でも、イケメンは何を着てもイケメンということが証明されました」と、悔しそうに話すMCの言葉通り、花柄のもんぺをカッコよく着こなすジェジンにファンからも大歓声があがった。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、最後のあいさつへ。「少し変かもしれないけど、自分なりに色んな考えや想いを持って生きている人なんです、僕。そういう僕のことをみんなが応援してくれて、好きでいてくれることは本当にうれしいです。一旦、軍隊には行きますけど、その前に良い姿や音楽をできる限り見せられるよう準備しているので、ぜひ楽しみにしていてください。そして、今日来てくれて本当にありがとうございました」と、最後まで笑顔を忘れないジェジンのあいさつで、なごやかなムードのままイベントは終了した。

取材:KOREAREPORT INC

写真提供:株式会社A・R・A

ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:11  投稿日:2019-01-24 12:14:05  [修正]  [削除]
∧は人を表す詞ではありません。插入不要。ファン〇
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved