芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「記者会見」Wanna One出身パク・ジフン、ソロ初の記者会見で終始笑顔! 音楽番組1位獲得でユン・ジソンから届いたお祝いメッセージも公開!
可愛いウインク姿や、「ネ マウムソゲ チョジャン(私の心に保存)」の決めポーズを武器に、Wanna Oneとして世界で大活躍し、グループ活動終了後は、1stミニアルバム「O'CLOCK」(3月26日発売)でソロデビューを果たしたパク・ジフン。
4月5日放送のKBS2音楽番組「ミュージックバンク」で、タイトル曲「L.O.V.E」が1位を獲得するなど、ソロアーティストとしても、華々しくスタートを切った彼が、日本初単独ファンミーティング『PARK JIHOON(パク・ジフン)初ソロファンミーティングIN TOKYO 「First Edition」』を開催するため来日。4月10日(水)、東京・NHKホールにて、2部公演に先駆け、記者会見を行った。
大人っぽいグレーのスーツに身を包み、登場するや、カメラのフラッシュの洗礼にも動じることなく、指ハートを向けるなど、明るい笑顔でポーズを取ったパク・ジフン。
「こんばんは。パク・ジフンです。よろしくお願いします」と日本語であいさつした後、質疑応答が始まった。

Q今回の「First Edition」はWanna One活動後、初のソロファンミーティングとなりますが、感想を教えてください。
Wanna Oneメンバーたちの空席を感じてはいます。それは事実ですが、僕を好きで応援してくださるファンの方がいるので、これ以上悲しまないし、寂しく活動するつもりはありません。だから、その瞬間を楽しんでいるし、一日一日が幸せです。愛されているということを感じるので、胸がいっぱいでうれしいです。

Q今回のファンミーティングのポイントを教えてください。
歌とパフォーマンスはセクシーでカッコいいステージを準備していて、トークはMAY(パク・ジフンのファン)の皆さんとデートをするような雰囲気で、さまざまなコーナーを準備していて、面白いものが多いと思います。

Q3月26日に韓国でソロ1stミニアルバム「O'CLOCK」をリリースされました。アルバムの紹介をお願いします。
全6曲収録されています。「The beginning of…」、「US」、タイトル曲「L.O.V.E」、「Would You」、「夜明けの月」、「Young 20」の6曲で、僕のさまざまな魅力をお見せできる曲になっています。

Q音楽番組「ミュージックバンク」で初の1位を獲得されましたが、1位と聞いたときどう思いましたか? また、Wanna Oneメンバーからお祝いの言葉はありましたか?
番組放送中、ちょうどサイン会をやっていたんです。それで、ファンの方が(人差し指を立てていたので)、「上を見て」と言っているのだと思って、上を見ていたら、1位を獲ったということでした。そのサイン会でも話しましたが、ここで改めてファンの皆さんに感謝していると言いたいです。MAYの皆さんのおかげで1位を獲ることができたと分かっているので、これからも一生懸命頑張ります。それから、Wanna Oneメンバーでは、ジソン兄さんが応援してくれていて、誇らしいと。「うちの子、誇らしい。感心するな〜。本当におめでとう」とメッセージをくれたので、それにも感謝しています。

Qご自身の魅力を一言で表現すると?
一言でコレだと断定するのは難しいですが、ステージではセクシーさやパフォーマンス的なこと、ファンの皆さんの前では可愛らしい、そういう魅力があるのではないかと思います。きょうのファンミーティングで、実際にそんな姿を見て、感じられるのではかと思います。

Q今回の滞在でおいしかった食べ物は何ですか?
大阪でお好み焼きを食べました。東京では天ぷら、とんかつ、ラーメンなどいろいろ食べましたが、全部僕の好みで、すごくおいしかったです。

Qそんな脂っこいものを食べても、そのスタイルをキープすることができるんですね。
でもやっぱり運動が大事ですよね。食べたら、運動することが重要だと思います。

Q休日の過ごし方を教えてください。
すごく仲の良い友達が一人いて、いまは軍隊に行っているんですが、その友達とボーリング、卓球、チョック(足でやるバレーボール)をしたり。あとは、僕のうちでゲームをしたり、話をしたり、チキンを出前して食べたりしています。(日本語で)チキンは本当に大好きです(笑)。

Q今後の活動計画を教えてください。
韓国に戻ったら、ドラマ「コッパダン:朝鮮婚談工作所」の撮影が待っているので、撮影に集中すると思います。初めての作品で緊張もしていますが、ワクワクときめいています。

Q「コッパダン:朝鮮婚談工作所」は時代劇ですが、役作りや準備していることはありますか?
いまドラマのため、演技のレッスンを受けていて、僕が演じるキャラクターについて、先生と一緒に研究をしています。僕もキャラクターの歴史、コンプレックスなどを重要視し、キャラクターを研究しているところです。

Q歌手の中では、BTS(防弾少年団)Vさんをロールモデルとして挙げていますが、俳優の中では、どなたかロールモデルいらっしゃいますか?
V先輩はロールモデルで、大好きな先輩です。演技については、僕を除いた全ての先輩がロールモデルだと思います。特定の誰かというより、僕以外の全ての先輩がロールモデルです。

Q今後、日本でやってみたい活動、プライベートで行ってみたい場所などを教えてください。
日本と韓国は近いじゃないですか。だから、いつでも気軽に来て、旅行をして、文化を楽しめたらいいなと思います。街も歩きたいですね。日本の街はキレイなので、街を歩きながら、自撮りもして、もしファンの方に会ったら、あいさつもしたいです(笑)。そして、いつか日本でコンサートもやってみたいです。あっ、ディズニーランドにも行きたいです! 行くべきところだと聞いているので、ぜひ行きたいです。

会見の最後には、ファンに向け「『First Edition』を最後に東京でできて、幸せでうれしいです。いろいろな魅力で、皆さんにまた会いに来るので、あまり心配しないでください。早いうちにまた会いに来るので、楽しみに待っていてほしいし、これからも愛してください。(日本語で)ありがとうございます」とメッセージを送ったパク・ジフン。真摯な姿勢で会見に臨み、カメラには終始笑顔を向けるなど、報道陣をも魅了し、最後のファンミーティングへと向かった。

取材:KOREAREPORT INC

photo:fumi kojima

ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved