芸能リポート 芸能 ドラマ 映画 日本現地 美しい人たち(Focus)
  HOME > 芸能リポート   
  
「ソウルアワード取材」「MMA 2019 (Melon Music Awards)」(後編)、BTSが8冠&レジェンド級の圧巻&貫録ステージで観客を魅了!「来年も大賞をいただけるよう、もっと努力します!」
授賞式2部のオープニングを飾ったのはITZY。ブラスバンドと共に派手に登場した彼女たちは「WANT IT?」、「DALLA DALLA」、「ICY」を披露。ファンキーで、ハツラツとした弾ける魅力いっぱいのステージを見せた。
再び「MMA 2019 TOP10」の授賞で、チョンハとM.C the MAXが受賞した後、JANNABIが特別なオルガンライブ演奏で「Good Good Night」、「for lovers who hesitate」を披露し、会場を感動的な雰囲気に包んだ。

「カカオホットスター賞」は昨年に続き、BTSが2年連続で手にした。JIMINは「この賞こそ、皆さんが受け取るべきものだと思います。“ホット”という言葉をよく使うじゃないですか。“ホット”、“トレンディ”といった言葉は、多くのスターのファンの方々によって作られるものだと思います。つまり、僕たちがこの賞をもらったということは、ARMYの皆さんが“ホット”だということだと思います。海外に行くと、“ARMYはなぜあんなに素晴らしいの?”、“ARMYは本当にホットだね”と本当によく言われます。それをこの場で言うことができて幸せだし、光栄です。皆さんの“ホットさ”に負けないよう頑張ります!」とし、客席に向かって「愛してます!」と叫んだ。

「ホットトレンド賞」を受賞したのはAB6IX。リーダーのヨンミンは「このような大きな受賞式に参加し、ステージに上がれるだけでも光栄ですが、このように大きな賞もいただけて、本当にありがたいです。きょう参加できなかったウジンのことが頭に浮かびます。ウジンもこの場にいると思いながら、一緒にこの賞をいただき、ウジンが早く快復して、5人で良い姿をお見せできるよう頑張ります」とメンバー愛を垣間見せ、イ・デフィは「今年はとてもたくさんの方々が、歌手として新しいスタートを切りましたが、僕たちはその方たちと一緒にこの喜びを分かち合いたいと思います」とこの賞の候補に挙がったカン・ダニエル、キム・ジェファン、ハ・ソンウン、チョン・ソミら「PRODUCE 101」シリーズの仲間たちを思いやるような受賞コメントをした。
パフォーマンスステージでは、白のジャケットを羽織ったカン・ダニエルが登場。「What are you up to」に続き、着替えをシルエットで見せながら、黒のジャケットに着替えたカン・ダニエルは新曲「TOUCHIN’」を披露。シャツの胸ボタンがとれるほど、情熱的でセクシーなパフォーマンスを見せ、観客を魅了した。

「1thKパフォーマンス賞」はTHE BOYZが受賞。ファンや所属事務所のスタッフ、関係者に感謝の気持ちを伝え、ジュヨンは「2020年も良い姿をお見せできるよう頑張りますので、これからもよろしくお願いします」と来年への意気込みも見せた。また、「ロック部門」はN.Flying、「R&B/ソウル部門」はHeizeが受賞した。
続いて、チョンハのパフォーマンスステージへ。ブラックをコンセプトに「もう12時 (Gotta Go) 」披露した後、ブラック&ホワイトが共存する善と悪、その中間を表現するダンスブレイクで、ダークさと純粋さを見せると、ホワイトをコンセプトに「Snapping」をしなやかなダンスで魅せた。
パフォーマンスステージのトリを飾ったのは、やはりBTS。「Map Of The Soul : The Show」をテーマに、今年もさらにパワーアップした圧巻のパフォーマンスを繰り広げ、ファンを熱狂させた。RMが「Intro : Persona」でカリスマ性あふれる強烈なラップパフォーマンスを見せ、ステージの幕を開けたBTSは、教室セットに制服姿で登場。久しぶりに「Boy In Luv」のステージを披露すると、変わらぬメンバーたちのシンクロダンスに、会場は地鳴りのような歓声が満ちあふれた。

さらに、メンバーたちは楽しそうに軽快に「小さなものたちのための詩 (Boy With Luv)」を披露した後、「Mikrokosmos」ではメンバーたちの甘い歌声と、宇宙を連想させるステージを演出し、会場を幻想的な世界へと誘った。
続くソロのダンスブレイクでも、それぞれの魅力を存分に発揮しながら、1つのミュージカルを見るような壮大なステージを展開したメンバーたち。Vは戦士のようなダンサーたちと、JINは馬のオブジェに乗って、それぞれ強烈なパフォーマンスを繰り広げ、踊るときの体のラインがキレイだと絶賛されるJIMINは「I NEED U」に合わせ、韓国舞踊のような美しいパフォーマンスを披露し、会場をうっとりさせた。

SUGAは真っ赤に燃え上がるセットの中で、「FIRE」に合わせ、キリングパートの「プルタオルネ」と「ヨンソ ヘジュルケ」で強烈なまなざしを見せ、JUNG KOOKは「Save ME」に合わせ、水を活用したダイナミックなパフォーマンスで一味違う魅力を発揮。J-HOPEはアレンジした「FAKE LOVE」に合わせ、キレキレのダンスパフォーマンスで会場を圧倒。最後にRMが登場し、魔法の杖のようなものを振りおろすと、ソロステージが終了となった。
再び7人集まったメンバーたちは、最後に「Dionysus」を披露。この日のパフォーマンスステージのハイライトとなった。メンバーたちはギリシャ神話を連想させる神殿をバックに、本物の馬までステージに上がるというゴージャスな大規模セットの中で、エネルギッシュに華やかなパフォーマンスを披露。スケールの違いをまざまざと見せつけ、会場を熱狂の渦に巻き込み、大きな余韻を残した。

圧倒的なステージを終えたBTS。残っている授賞は、大賞3部門となったが、BTSが全てを独占した。まず、「今年のベストソング賞」では、「小さなものたちのための詩 (Boy With Luv) feat. Halsey」で受賞。JUNG KOOKは真っ先にARMYに感謝した後、「自分が好きな音楽で、他の人たちに力や希望、幸せを少しでも届けることができて、本当に幸せ者だなと感じます。これからも、ずっと皆さんと一緒に幸せでいたいので、皆さんにとって意味があり、力になれるいい曲を一生懸命作って歌っていきます」と抱負を語り、RMは「この曲は曲名を決めるとき、皆さんに話したじゃないですか。皆さんに捧げる曲で、皆さんがどんな日常を送って、どんなものが好きで、どんなものを食べて、何を享受するのかを歌う曲です。でも、JIMINが“もし(この曲名が)皆さんに対する僕たちの愛を『小さなもの』に表現していると誤解されたらどうするの?”と心配していたのが印象に残っています。ですが、小さいことは、悪いことではないでしょ? 小さなものが、小さくないと思える日まで、僕たちは一生懸命走って、歌って、踊ります」とファンに約束し、RMとJIMINがハグをする姿がほほ笑ましかった。

次に「今年のアルバム賞」では、「MAP OF THE SOUL : PERSONA」で受賞したBTS。SUGAは関係者に感謝した後、「このアルバムを作りながら、正直本当に楽しかったです。準備の過程も楽しかったし、忙しくて、慌ただしく、スケジュールに追われていても、作業することが楽しかったです! 以前『MMA』の授賞式で、“幸せになる方法を探してみましょう”と話したことがありますが、いくら考えても、曲を作り、アルバムを作って、ツアーを回って、といったことが一番幸せです。特に、2019年はとても幸せな一年でした」とアルバムを愛してくれたARMYに感謝した。
JINも「アルバム賞は皆さんが、僕たちを本当に愛してくださったので受賞できたのだと思います。アルバムには写真も入っているし、フォトカードや隠しトラックなど、僕たちに関心を持たないと、こんなものがあるんだなと分からないからです」とし、やはりARMYに感謝した。

また、JIMINは「去年、僕がこの賞で、もう一度恩返しをしたいと話しましたが、このように恩返しができて幸せです。ありがとうございます。皆さん、僕たちがアルバムセールスや成績にこだわらないで頑張っていくと話しましたが、僕は個人的に、ものすごくこだわっているみたいです(笑)。僕たちはいつもお互いによく話しますが、皆さんからいただいた応援や愛があまりにも大きすぎて、いつ恩返しができるのか、本当に分かりません。だから、僕はずっとメンバーと皆さんと一緒に、いまより高いところで歌って踊って、これまでと同じように一緒に時を過ごしたいと思うようになりました。なので、来年も大賞をいただけるよう、もっと努力します」と語り、アルバム制作に携わったスタッフらに感謝した。
最後に「今年のアーティスト賞」の授賞では、オープニングに登場し、Vとも親交の深い俳優パク・ソジュンがプレゼンターとして、再びステージに。パク・ソジュンから名前を呼ばれたBTSは全員で円陣を組み、喜びを分かち合った後、Vがパク・ソジュンの元に駆け付け、トロフィーを受け取るシーンがファン心をくすぐった。

Vは「小学生のとき、アポロ(お菓子)を食べていた子が、今ここに立っていますね。僕個人は、自分が本当になんでもない存在だと思っていましたが、こうやって音楽で認められて、ARMYの皆さんにこんなに愛されて。“僕たちに癒されるよ”、“本当に幸せだよ”というメッセージを届けてくださって、本当にそういう気持ちが伝わるたびにグッときます。だから、(僕たちは)ARMYにもっともっと素晴らしい音楽を届けるんだと、ずっと思ってきたんです。諦めることなんてできないです、この音楽は。もっともっと成長して、来年も再来年も、ずっとARMYの皆さんに、良い音楽で恩返しをしたいし、愛でアプローチしたいです!」とファンを胸キュンさせた。

「ARMY〜!」と大きな声で叫んだJ-HOPEは「今年もまた、この素晴らしい賞をいただきましたね。本当に光栄だし、皆さんに感謝しています。今年はたくさんのことが、そして、光栄で感謝すべきことがたくさんありすぎて、何が一番印象に残っているのかと聞かれたら、選べないほどたくさんのことがありました。でも、こう思うんですよ。たくさんの瞬間、感謝したいことがたくさんあるのに、一つでも逃したらどうしようと。数えきれないほどの光栄なことや、このような賞をまた受賞させてくださって、本当に感謝しているということを皆さんに、大きな声で叫びたいです!」と言うと、「ARMY〜! ありがとう! 絶対忘れないです! この賞を、そして2019年を!」と満面の笑顔を見せた。
そして、最後にリーダーのRMがマイクの前に立ち、ファンに向かって、今年は少し特別なものにしないかと呼び掛けると、「2013年の『MMA』を覚えていますよね? 新人賞をいただいたんですが、ドッキリだと思いましたよね? いきなり名前を呼ばれて(笑)。そして、2016年に『今年のアルバム賞』を初めて受賞したときも、ドッキリだと思いましたよね? いきなり『WINGS(アルバム名)』の名前が出て。で、2019年になりました。こうやって3、6、9と、僕たちがデビューした2010年代の最後にきて、僕たち7人も、もうデビュー7年目です」と感慨深そうにし、「僕たちはこうやって大きなイベントを終えて、家に帰るとき、自分たちが本当に微弱に感じられます。僕たちはただ頑張ってスタジオで音楽を作って、練習室で(ダンスを)練習して、そしてこの黒い床の上で踊って歌うのが全てなのに、僕たちにできることは本当にあるのか、何かをしてはいるのかと。でも、みなさんが僕たちのあの長かった夜の灯になってくださったように、僕たちも自分たちの場所で、僕たちが、僕たちだけができることで、皆さんの夜道を照らす灯になります! ありがとうございます。頑張ります。愛しています!」と心のこもったメッセージを届けると、SUGA、V、JINもマイクの前に立って、客席に「愛してます!」とARMYに愛を叫び、再びメンバー全員で円陣を組む固い絆を見せ、授賞式の幕を閉じた。
今年も完成度の高い、スペクタクルなステージパフォーマンスで観客を驚かせたBTSをはじめ、豪華K-POPアーティストのステージ、受賞の模様はMUSIC ON! TV(エムオン!)にてチェック!
取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

◆放送情報
MUSIC ON! TV(エムオン!)にて放送!

12/22(日) 17:30〜18:30
日本語字幕入り! MMA 2019 (Melon Music Awards)<レッドカーペット>
授賞式のレッドカーペットの模様を日本語字幕入りでお届け! 授賞式を目前に控える豪華K-POPアーティストたちのランウェイをお見逃しなく!

12/22(日) 18:30〜22:30
日本語字幕入り! MMA 2019 (Melon Music Awards)
授賞式の模様を日本語字幕入りで放送。2019年を代表する豪華K-POPアーティストによる華やかなステージは必見! 今年韓国で一番輝いたアーティストは!?

◆WEBサイト情報
MMA 2019 (Melon Music Awards)特設サイトを公開中!
http://www.m-on.jp/special/mma2019/

写真=©kakao提供
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:88952634  投稿日:2020-09-16 20:39:01  [修正]  [削除]
88952634-0
投稿者:88952634  投稿日:2020-09-16 20:39:01  [修正]  [削除]
88952634
投稿者:88952634  投稿日:2020-09-16 20:39:00  [修正]  [削除]
88952634'`"(
投稿者:88952634  投稿日:2020-09-16 20:39:00  [修正]  [削除]
88952634
投稿者:88952634  投稿日:2020-09-16 20:39:00  [修正]  [削除]
88952634
最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved